スピノル
スピノル

マイルーム

スピノルのマイルーム
スピノルのマイルーム
持ち家(マンション) / リビング兼用 / オーディオ・シアター兼用ルーム / 16畳~ / 防音なし / スクリーン~100型 / ~4ch
元自作派
所有製品

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

お気に入り製品

お気に入りユーザー

お気に入りユーザーはありません

日記

Orpheus の Wordclock 入力に、正弦波を?

このエントリーをはてなブックマークに追加
2010年01月06日

いや、勿論、TTL レベルの矩形波を入れるべきではあります。

受信回路に合わせた信号を入れてやらないと、受信回路が{反応しない|壊れる}
ですからね。

# 正弦波でも、レベルを合わせてやれば受信回路は動作するかも知れないが、
  それは、本人に取っては想定外の動作なので、今は考えない(後述)。

しかしながら、ここでは、少し話しの範囲を広げて、Orpheus の Wordclock 入力端子に
アダプター箱を付けて、そこで信号を変換してやる、あるいは、Orpheus の中に、
サブ基板を入れてしまう等の方策も選択肢として含めることにより、
クロック用のケーブルを流れる信号のあるべき姿について考えてみようという訳です。

# クロック用のケーブルを変えてすら猶、音変わる。而るを況や信号に於いて乎。

そもそもで言えば、クロックとは、周波数とタイミングとを示すためのものですが、

# GPS-DO で言えば、10MHz 正弦波と、1PPS に相当。
Orpheus の場合は、周波数にしか意味がないので(クロック位相は、don't care)、
時間軸上で言えば、無限に連なる正弦波、周波数軸上で言えば、デルタ関数で事足りる
訳です。

実際には、周波数軸上で、ある程度の広がりは持ってはしまいますが、
http://www.frequencyelectronics.com/rb_osc_fe5680a.html
(周波数軸上で左右対称に両側に広がっている片側だけ表示しています。)

http://www.frequencyelectronics.com/pdf/rfs_12pg.pdf
# Allan分散で言うと、グラフの左半分側の領域に関与する話。

何もわざわざ矩形波にして、奇数次高調波をいっぱい立てる必要は、
本来はどこにも無い。。(スルーレートの件は、後述。)
http://en.wikipedia.org/wiki/Fourier_series
と言うような前振りを最初にしておいて。

***

で、話を広げるならば、クロックと言えば先ずはディジタル網なので、
NTT に登場願うと;

http://www.ntt-east.co.jp/info-st/constip/cons1/pdf/gijutsu/betsu9.pdf

2.クロックの種類
当社から供給可能なクロックを次に示す。
・ 64kHz+8kHz AMI
・ 64kHz+8kHz+0.4kHz AMI
・ 6.312MHz 正弦波
・ 1.544MHz 正弦波

正弦波は正弦波ですが、上の2つは、こんな感じ。
基本的には、64kHz のバイポーラですが、8kHz 毎(あるいは、さらに
0.4kHz 毎)にわざとバイオレーションを起こして、言わば、ビット同期とワード同期
の両方が掛かるようになっています。

レベル的には;

4.信号規定

(1) 出力信号規定

6.3M Hz クロック分配部 75Ω純抵抗終端に対して
・出力レベル : 0dBm ± 3dB 以内
64kHz+8kHz クロック分配部 110Ω純抵抗終端に対して
・振幅 : 1V0-P ± 0.1V 以内

(2) 入力信号規定

6.3M Hz クロック受信部
 6.312 MHz クロック受信機能において+3~-16dBm の入力に対して正常に動作すること。
64kHz+8kHz クロック受信部
 64kHz クロック受信盤において振幅 0.63~1.1V0-Pの受信パルスに対して正常に動作すること。

ケーブルロスとして、例えば、-13dB を見込んでいるということですね。

前後しましたが、ケーブルとしては;

3.物理的条件

・「64kHz+8kHz AMI」及び「64kHz+8kHz+0.4kHz AMI」の場合は、
  当社仕様のACバスケーブルを使用する。

・「6.312MHz 正弦波」及び「1.544MHz 正弦波」の場合は、
  当社仕様の3C-2T同軸ケーブルを使用する。

ちなみに、3C-2T は;
http://www.oyaide.com/catalog/products/p-544.html

ACバスケーブルというのは、STP(シールド付きツイストペア)のことで、
0.4mmφ12対だと、0.29dB/m@156MHz だそうです。

***

このようなクロックを扱う実際の装置例としては;
http://www.t-ns.co.jp/pss/pdf/net01.pdf
http://www.symmetricom.com/products/time-frequency-distribution/bitsssu/SSU-2000/
(こちらには、10MHz(sine or square) とか、書いてますね。)

# 網からの入力信号の代わりに、GPS も可。Holdover 用に、Rubidium 搭載可能。

(続くかな?)

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする