いたちょう
いたちょう
オーディオ歴は、30年を超えましたが、やっと、求める音に近づいて来た気がします。

マイルーム

マイルームは公開されていません

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最新のレス

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

音無苦していました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年06月08日

ロシアから正妻に迎えた6550ですが、どうも1本、極稀にポップノイズが出ます。そうこうしている先週、今度は、マイクロフォニックノイズを拾うようなり、翌日は、遂にバッキと言う大きなノイズと共に真っ赤になり、アンプの保護回路が動作してしまいました。

まあそこまででしたら、他の真空管を使えば良いのですが、他の真空管で試してもバイアスが上がりません。何をどうやって駄目です。

音無苦(大人しく)の始まりです。

1ヶ月位、音、聞けないのかな~あと思いつつ
仕方なく、アンプを修理に出しましたが、、、


代理店のフォーレンさん、神対応ですね。
到着した夕方には電話があり、もう直っているとの事。
抵抗1本、交換ですが、ここまで早いとは、本当にびっくりしました。
結果、数日の入院で済みました。

しかし真空管です。外見上はまだ使えそうですが、真空管試験器で測定してみると他の3本より明らかにエミッションが低いです。
真空管の不良とアンプの故障の因果関係は分かりませんが、該当の球の使用は止めました。
ということで、また6550、1ペアー注文中です。
また注文するあたり、「真空管ばか」ですね。。。

音は聞けるようになりましたが、復活までまだしばらくかかりそうです。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. おはようございます。

    音無苦、なるほど・・まさに今の自分です(^_^;)
    でもすぐ治って良かったですね。
    技術力も無くさんざ待たされ金額ばかり高い代理店もある中で、素晴らしい対応です。
    新たなDACも真空管デバイスも、オーディオの醍醐味が凝縮されたいたちょうさんらしい楽しみ方ですね。
    落ち着きましたらまた遊んで下さい^_^

    byにら at2017-06-09 04:43

  2. いたちょうさん、おはようございます。

    長い音無苦にならずに、よかったです。フューレンさんの対応も素晴らしく、同じOCTAVEユーザーとして、頼もしさを感じました。因果関係がはっきりしないのは、気になりますが、音楽が無いよりはマシですね。

    by横浜のvafan at2017-06-09 07:57

  3. いたちょうさん ご無沙汰しています

    アンプが早く治って良かったですね。

    オーデイオに故障がつきものとは言っても音無苦(笑)は辛いものですね。この点石アンプは信頼性が高いようです。今のアンプ(パスOs)は22年間毎日のように使っていますがサーミスタやヒュズーの交換(自分修理2時間以内)以外は全くトラブルがありません。また音質劣化も感じられません。LuxN100を買ったとき10年ほどで球交換と言われました。
    また球と石の音質の差は今はあまり感じていません。よく聞くと柔らかさは球の方が優っているようですが音場の透明感や楽器の艶ではパスの方が良いようです。
    でもパス以外のアンプではこうとは言えないようです。色々なアンプを聴きましたが。。。

    パスの前はパイオニアのパワーアンプを使っていました。このうちM-Z1は純A級アンプでパスに近い音質でしたが、放熱不良で2年以内に2台揃って壊れました。これに懲りて次にAB級アンプにしましたがどうしても音の硬さが取れず、やむなくパスにした訳です。
    メーカーは15年ほどでコンデンサーが壊れると言っていますが全くその兆候は感じられません。毎日のように使っているのが良いのかもしれませんね。

    byどんぐり at2017-06-09 11:18

  4. いたちょうさん

    そういうことでしたか。でも、しっかりした代理店さんで修理もすぐに済んで良かったですね。真空管は経年劣化があるので大変ですが、逆にそれを前提に保守用に生産された在庫が豊富なのが良いですね。半導体はいったん壊れたら素子も生産終了していて部品がないことがほとんどです。

    コンデンサは、(耐圧と環境温度に配慮されていれば)オンオフをしないほうがずっと劣化の進行が遅いそうです。拙宅もCDPの類は電源入れっぱなしです。真空管アンプは、熱いし電気代もかさむし、そうもいきませんね(笑)。

    byベルウッド at2017-06-09 11:54

  5. 直ぐに対処できたと言うことは、真空管の問題というより、交換した抵抗の半田付け部分が不良半田だったのではないでしょうか。

    半田がしっかりと溶融し合金になっていないと、芋半田や半田不良で、接点が外れることはよくあります。昔のテレビやラジオが叩くと治ったのはこれです。

    真空管が真っ赤になったということは、ヒーター回路の抵抗が半田不良で、点接続になり高圧もしくは過電流が発生し真空管を破壊したのではないでしょうか。

    byasoyaji at2017-06-09 12:53

  6. こんばんは♪

    ファーレンさんとはNuforce、Nuprime製品で何回かやり取りをしたことがあるのですが、きちんとした対応でとても好感を持ちました。こういう代理店だと安心ですよね。

    byyumeko at2017-06-09 18:05

  7. あれ?と思って今サイト見たらフューレンコーディネートでした(笑)

    byyumeko at2017-06-09 18:07

  8. いたちょうさん、こんばんは。

    アンプの修理が早く終わって良かったですね。
    オーディオがない生活は、それはそれで自分の音楽を見つめ直せたりと得るものがあったりもしますが、やはり生活に音楽があるのはいいものです。

    迅速な代理店さんの対応に感謝ですね。こういう時の対応が良いとまたその代理店扱いの物を買おうという気にもなるものです。いたちょうさんの中のフューレンさん株が上がったようなので、次はHP700とかいかがですか?(笑)

    私も2週間前にLHH700の調子が悪くなり現在修理中です。今日修理完了と聞きましたが、自宅へ帰るタイミングを考えるとLHH700の音が聴けるのは1カ月先になりそうでガッカリしています…

    bykanata at2017-06-09 18:51

  9. いたちょうさん
    こんばんは!

    ヒヤヒヤ、ハラハラの展開でしたが、修理が迅速で良かったですね!
    真空管アンプは、微小な調整込みで修理とかしてもらう場合結構時間がかかりますしね。

    真空管の玉転がしにハマっているのは、幸せなのか不幸なのか?!
    でも、楽しいのだから止められませんね〜

    また、聴かせて下さいね!

    では、では

    byバズケロ at2017-06-09 20:23

  10. いたちょうさん、こんばんは。

    「音無苦」とは、うまいですね・・・

    それにしても、早い復帰で良かったですね。
    私もトライゴンのアンプのメンテナンスでフューレンさんにお世話になってますが、やはり対応がとても良いと感じていますので、お話しに納得です。

    byKYLYN(キリン) at2017-06-09 21:57

  11. にらさん、こんにちは。

    こんなに早く直るとは思っていませんでした。
    にらさんは、サブシステムがあるので、不測の事態でも、全くの音無状態には、ならなくて良いですね。
    今は、サブシステム活動中ですか?

    byいたちょう at2017-06-10 10:10

  12. 横浜のvafanさん、こんにちは。

    最初は、球転がしのやり過ぎで、バイアス調整のボリュームが逝かれたのかと思ったのですが。。あの小ささは、ちょっと心配ですよね。

    真空管注文中のため、久しぶりにEL34で聞いています。
    やっぱり良いですね。

    byいたちょう at2017-06-10 10:19

  13. どんぐりさん、こんにちは。

    真空管は、寿命もあり、突然死(結構、経験してます)もあり、扱いが難しいそうですが、ポピュラーな球は、まだまだ流通してますので、承知で使っています。

    ところで、M-Z1、懐かしいですね。C-Z1a使ったことあります。フォルムが気に入って中古で購入し、数年使っていました。

    ん~、、でも何で手放したのか、次はどうしたか思い出せません。
    ここ数年は、落ち着いいますが、いろいろ、とっかえひっかえし過ぎですね。

    byいたちょう at2017-06-10 10:40

  14. ベルウッドさん、こんにちは。

    半導体は、常に進化し続けているので、古い世代は、すぐ生産中止になるのでしょう。
    ただ、新しいからと言って音が良いと限らないのが痛いところですね。

    節電、節電でこまめな電源OFFが推奨されてますが、突入電流の機器へのダメージ、大電流での電力消費で、本当に良いのか疑問ですね。

    byいたちょう at2017-06-10 11:02

  15. asoyajiさん、こんにちは。

    電圧設定用の巻線抵抗が断線したのが原因との事です。
    octaveのアンプは、真空管が逝かれても保護回路が働き、アンプは、守ってくれるですが。
    ただ、断線の原因が抵抗そのものなのか、真空管が原因なのかちょっと分かりませんね。

    まあ、すぐ直ったので、良しとします。

    byいたちょう at2017-06-10 11:25

  16. yumekoさん、こんばんは。

    フォーレンさんのHP見たら、結構、取扱い広いですね。
    これだけの製品の修理、国内である程度、対応できちゃうのも凄いです。

    以前、完実さんにもお世話になりましたが、対応良かったです。

    もしかしたら、国内メーカーより、海外製品の代理店の方が対応良かったりして。

    byいたちょう at2017-06-10 17:32

  17. kanataさん、こんばんは。

    2~3日で音楽の無い生活には慣れましたが、しばらくすると禁断症状がでたのでしょうね。
    実は、初期症状は、あり、超安の中古アンプをヤフオクで漁っていました。もっと続いたら、ポチっていたかもです。

    LHH700、修理出来て良かったですね。部位によっては、修理も難しいかと思いますので、大事にお使い下さい。

    byいたちょう at2017-06-10 17:48

  18. バズケロさん、こんばんは。

    球転がしのやり過ぎですね。
    でも、楽しいので止められません。

    早速、出力管をEL34にして、初段、ドライバーを替えて遊んでいます。
    本当、懲りないですね。。

    byいたちょう at2017-06-10 17:55

  19. KYLYNさん、こんばんは。

    「大人しく」する事が多々あったので(最近はめっきり減りましたが)、「音無苦」が出てきたのでしょう。
    トライゴンもフォーレンさんですか。こういう代理店さんだと安心ですね。

    byいたちょう at2017-06-10 18:10

  20. いたちょうさん、こんばんは。
    音質が気に入られていた球だけに、本当に残念ですね。

    書かれている状況からして、球の電極タッチにより問題が発生したようです。

    真空管の建付け不良で、コントロールグリッドが他の電極に接触して電流の制御が不能になり、プレートが赤熱するほどの大電流が流れて電源の抵抗が耐え切れず断線したと考えられます。

    一度電極タッチが発生した球は、振動とかで再発する可能性が高いので怖くて使えませんね。

    CロゴのKT88や6550は、作りはしっかりしているはずですが、偶々不良品だったようですね。

    byED at2017-06-11 00:44

  21. EDさん、こんばんは。

    初期不良を乗り切れば、大体大丈夫なのですがね。
    初期不良の交換含め、結構な確率で逝っちゃてます。
    まあこんなもんかと思っています。

    もしかしたら、程度の良い中古の方が良いかもしれませんね。

    byいたちょう at2017-06-11 22:26

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする