いたちょう
いたちょう
オーディオ歴は、30年を超えましたが、やっと、求める音に近づいて来た気がします。

マイルーム

マイルームは公開されていません

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

アナログ ハードもソフトも悪戦苦闘中

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年01月22日

昨年末、真面目にやり直したアナログですが、未だ悪戦苦闘中です。

<ハード編>
初体験のシェル一体型アームが曲者です。


DL-103Rの取付ねじ穴(みぞ)のせいか、シュルのねじ穴の遊びのせいか、
シェル対し正確に平行にするのが、やや難しいです。

平行感は掴めて来たのですが、次の問題は、オーバハング。
付属のゲージがやや心許なく、正確に有ったか不安です。


遠い昔にやったことはあるのですが、こんな難しかったかな?
いい加減にやっていたかも。

ちゃんと合わせたつもりが、
音出しで、内周のひずみを感じる。
多分、オーバハングがあっていないか、
カートリッジがシュルに平行になっていない。
その点、SL-1200は、簡単でした。

ちゃんとしたオーバハングゲイジが必要?
でも、結構高い。

こんな時は、ヤフオクで探します。
ありました。


こんどは、ちゃんと合ったでしょう。


内周ひずみも気にならなくなりました。

最後の問題は、さ行!!
「さしすせそ」がキツイ!!
同じカートリッジで前は、感じなかったのに?
フォノイコの選択失敗だったかな?

気を取り直して、針圧調整。
ん~、、難しい。


まあ、何とか聞けるレベルには、なって来たかと思いますが、
まだ納得の音ではありません。



<ソフト編>
やっと収まりましたが、しばらく、ヤフオクで中古レコード漁っていました。

盤面ハズレも、2~3割引いてしまったり、名盤と言われていても、??で、買って直ぐ、お蔵入りも、ちらほら。
レコード洗浄も旨く行ったり、かえって「ぱちぱち」が増えたり。

でも、大量に洗浄しつつ、ネットで先人の知恵を拝借し、いろいろ手を変え品を変えで、大分、完璧に洗浄できるようになってきました。



そんなこんなんで、「ひこうき雲」が3枚(笑
写真寝ちゃってますが、あしからず


・左上
 '80のアルファ盤。あまり音が良くないと評判のものです。
 デビュー当時は、あまり興味がなく、数年遅れで買ったものです。
・下
 '73発売のもの。レコード番号は、ETP-9083ですが、初版では、ないです。
 初版は、アルファのマーク入りのEMI。
 でも音は、確かに良いです。
 ただ、残念ながら、音飛びがあり、お蔵入りです。
・右上
 '74発売の再販もの。盤質もよく。音も良しです。常用版決定!!


まだまだ、悪銭苦闘は続きそうです。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. いたちょうさんこんばんは。

    ウチのテクニクスは毎度ちゃちゃっと調整してくれる(笑)いたちょうさんが、レコードに悪戦苦闘とはストレートアームは大変なんですね。

    ところで、『ひこうき雲』要らないのを一枚くださいな。

    byニッキー at2020-01-22 21:56

  2. いたちょうさん、

    やってますね。アーム周りは調整箇所だらけ。シェル一体型は加齢とともに難しくなります。プレーヤーの設置は調整しやすい場所にしないと後から大変です。

    ウチはオーナーのスキルを数多の道具でカバーする作戦です。いずれにせよアナログは道具が大切ですね。
    近いうちにアナログ周りの小道具紹介の日記でも書きます。

    byのびー at2020-01-23 00:11

  3. こんばんは

    レガは比較的大らかかつシンプルでイケるはずなのですが、そこまでやられてまだサ行が目立つとなりますと・・

    ・これまでよりアーム感度が高いので盤の埃にご注意
    ・(これは無いとは思いますが)ステ針でモノ盤
    ・ネジを純正に戻してみる
    トーンアーム高さはその事象にあまり関係なさそうですが、念のため専用スペーサーが売られてます

    byにら at2020-01-23 00:41

  4. ニッキーさん、こんばんは。

    ユニバーサルアームは、使い易いですし、テクニクスのオーバーハングゲージ簡単ですね。

    あれ、以前、シェル一体アームじゃなかったでしたっけ?

    「ひこうき雲」、今度、お土産でお持ちします(笑

    byいたちょう at2020-01-23 21:05

  5. のびーさん、こんばんは。

    冬休みの宿題、Win2019 core化ですが、棚上げです。(汗
    でも、実験PCでHQPleyerが起動し、NAAが見えるとこまでは、検証しました。
    アナログが落ち着いたら、トライします。(いつになるやら

    え、そんな小道具必要ですか?

    電動歯ブラシは、新調しましたが(笑

    是非、小道具、紹介して下さい!

    byいたちょう at2020-01-23 21:12

  6. にらさん、こんばんは。

    ネジですか?
    盲点でした。

    にらさんに以前頂いたチタンネジを迷わず使ったのですが。。。
    そう言えば、前は、真鍮でした。シェルは黒檀。

    前に比べ解像度が上がったのですが、ちょっと聞き疲れ感が否めません。

    真鍮にしてみようかな。。。

    byいたちょう at2020-01-23 21:18

  7. いたちょうさん、はじめまして、遅レスすみません。

    レガは触ったことがないのでわかりませんが、ストレートアームのカートリッジ調整はやり難いですね。同年代のようですのでよくわかります。そこが見たいんだけど、・・・あとちょっと見えなかったり、近づき過ぎてダストカバーに頭ぶつけたり、と私はよくありました。

    サトリって懐かしいですね、最近は知りませんが、以前オーディオ誌に広告がよく載っていました。興味はあったんですが、手は出せませんでした。
    良い音しそうな感じはありますが、システムに合わなかったんでしょうか?
    受ける抵抗値とか調整できないようですね
    モバイルバッテリーを使うそうですが、アナログ電源とかACアダプターとかで音色変わらないものでしょうか? (バッテリードライブの会も脱会になるかもしれませんが)

    取り止めもない感想ですみません。

    byTON2 at2020-01-24 13:14

  8. いたちょうさん、こんにちは。

    私もストレートアーム→シェル交換タイプ→再びストレートアームと出戻り組です。
    こんなに針変えるの大変だったのね・・・とシェル派を羨む日々です。

    オーバーハングゲージはお恥ずかしながら手書きです(°▽°)
    調整が難しい分、バチっと合った瞬間のオッシャ〜!具合は堪りませんよね。

    私も同じ盤で複数枚所有しているモノあります。
    〇〇盤の方が良い音で〜なんて言われてしまうとねぇ、欲しくなるのがオーオタの性というものです(^O^)

    byおいけ at2020-01-24 13:55

  9. TON2さん、はじめまして。

    レスありがとうございます。

    ストレートアーム、難しいですね。
    ちゃんと平行に付いているか?

    鏡、懐中電灯、老眼鏡、いろいろ使って何とか調整しました。

    SATRI、以前よりはあまり広告とか見なくなりましたね。
    でも、こういったメーカーさんには頑張って貰いたいです。

    一度買った製品は、じっくり使う方なので、トータルでもうしばらく格闘してみます。

    最後になりますが、今後とも、よろしくお願い致します。

    byいたちょう at2020-01-24 20:08

  10. おいけさん、こんばんは。

    カートリッジは、変えることはない!
    って思ってのストレートアームですが、以前より、敏感で、カートリッジを変えてみたい衝動に駆られてしまいます。

    でも、暫くは、我慢。

    レコード漁りの方は、専ら、邦楽中心で、ジャズ、ロックのオリジナルへの興味は、まだ無いので助かってます。

    byいたちょう at2020-01-24 20:20

  11. いたちょうさん、こんばんは。

    シェル一体型アームは、私もLP12のAKITOで手こずりました。

    シェルリードをキレイに収めるが大変で、やっと上手くいってオーバーハングを調整しようとしたらリードが硬くて動かないとか。

    また、フォノイコと相性が良くないようですが、メンテが終わったばかりの無帰還CR型サブミニ真空管EQがあります。

    よろしかったら送りますので、試してみてください。

    byED at2020-01-24 22:14

  12. いたちょうさん

    やられていますね。

    新規導入直後の調整はやっかいですが、アナログは特に調整ポイントが多いので大変ですよね。

    私が、ヤマハの純正アームをやめたのは、やはり、カートリッジ交換ができず、調整も大変だったからです。しかも、あのアームはシェル部分離型でしたから、水平の調整などかえってやっかいでした。

    オーバーハングはけっこういい加減にやってました。昔は、スピンドルから12mmとか15mmとか、どのくらい出すかという程度でいい加減でした。ゲージもそんなものしか付属してませんでした。SMEのゲージがとてもマニアックに見えましたよ。

    オフセットがついていると、トラッキングエラーのゼロポイントが2つ出来ることになります。そこがやっかいですね。ひとつは最内周に合わせるとして、外周側をどの程度に取るかがポイントです。でも、けっこうアバウトでよいはずです。ゼロポイントがひとつだけのピュアストレートは、真ん中に合わせて、それでおしまい(笑)。ちなみに、ピュアストレートはオーバーハングではなく、アンダーハングになります。

    サ行がきついというのは、やっかいですね。

    やっぱりフォノイコとの相性かなぁ。EDさんのご好意にお応えしてみてはいかがでしょう。

    アームやシェル側での調整としては、ひとつはスタイラスのすくい角(=アーム高さ)でしょうか。針圧との関係もあってけっこう繊細です。あとはアーム・シェル一体型なので取り付けのガタや狂いも残りやすいこともあります。平行度とともに左右のネジのトルクがあっていないとガタや水平の狂いが微妙に発生します。取り付けには忍耐力がいりますねぇ。それもサ行に効いてきます。

    ネジは、チタン、真鍮などいろいろありますよDL103系はミリゲージで、しかも、ネット締め付けなので融通が利きませんが、その点でも当方手持ちが豊富です。

    byベルウッド at2020-01-25 10:23

  13. いたちょうさん、おはようございます。

    私は今は、真鍮製のネジを使っております。
    真鍮ネジは厚みや響きが出ますよ。
    オヤイデの物を使ってますが、ボルト、ナット、ワッシャーが付属
    しており、ワッシャーが滑らないので取り付け易かったです。
    あと、ネジやリード線などの取り付け時にはプラモデル用の『くの字型ピンセット』を使って取り付けました。私でもシエルの取り付けでも手だけでは無理です。
    ただ単に不器用なだけでかもしれないですが(笑)
    ただし、真鍮は重量があるのでアームの0バランスを取るのが大変かも?

    byニッキー at2020-01-25 10:51

  14. EDさん、こんばんは。

    ストレートアーム、こんな面倒だとは思いませんでした。
    次、買い換えの時はユニバーサルアームにします。
    (多分、ありませんが)

    フォノイコの件、ありがとうございます。
    少しエージングが進んだ様です。
    暫く、通電しっぱなしで様子を見てみます。

    byいたちょう at2020-01-25 19:06

  15. ベルウッドさん、こんばんは。

    rega、あまり調整箇所がありません。
    アームの高さ調整もできません。

    DL-103R、少し高さが低いので、厚めのターンテーブルシートを調達したのですが、それが裏目に出ているかもしれません。

    ケーブルもちょっと変えたりして。。。

    まあ、気長にやって行きます。

    byいたちょう at2020-01-25 19:12

  16. ニッキーさん、こんばんは。

    以前、ベルウッドさんとニッキーさんがチタン、真鍮の話をしていたの思い出しました。

    その時は、あま興味なかったのですが。。

    山本のシェル使っていたので、その時の真鍮ネジありますので、
    いつか変えてみたいと思います。

    ニッキーさんの方がアナログは、先輩なので、今度、交換作業して頂けます?(笑

    byいたちょう at2020-01-25 19:19

  17. いたちょうさん、再々レスです。

    オーディオテクニカのAT-ART9と同じくオーディオテクニカの15gのシエルのネジを真鍮からアルミにしたら生き生きとした演奏が出てきました。アルミネジを侮っておりました。

    byニッキー at2020-01-26 13:25

  18. ニッキーさん、こんばんは。

    再々レス、ありがとうございます。

    昨日、今日は、久しぶりに球転がしに性を出しておりました。

    今度、ニッキー邸で、ネジ転がしとか如何しょうか。(笑

    超弩級アナログシステムだと違いが明確かと。

    byいたちょう at2020-01-26 21:09

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする