いたちょう
いたちょう
オーディオ歴は、30年を超えましたが、やっと、求める音に近づいて来た気がします。

マイルーム

マイルームは公開されていません

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最新のレス

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

PCオーディオ 再構築~その2

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年07月12日

PCオーディオ環境を再構築したものも、納得する音とは、ほど遠いです。
球転がしで何とかかるかと高を括っていた様で、、、、
やはり元が駄目だと、どう仕様も無いですね。

Linuxの高音質化をググってみると、カーネルのLowlatencyカーネルへの変更が良さそうとのこと。
早速やってみると、少し音に芯が出て低音も出て来ましたけど、もう一息って感じです。


さあどうするか。

音源をPCからNASにした事で、1台PCが余っています。
これを何とか活用できないか??
押入れにしまい込んだのですが、引っ張り出して来ました。


roon rockをダメ元でインストールしてみました。
ffmpegのインストールが戸惑いましたが、呆気なく簡単でした
インストール後の画面、こんなんでびっくりしましたが、


webで表示出来るのですね。


さて、ここでやりたかったことがroonとHQPlayerの分離です。

roon rockからネット越しにHQPlayer音出ししてみると、
更に低音が充実して来ました。

HQPlayerに同居していた、roonのプロセスの有無でも音が変わってきます。
今は、無しで確認中です。

結局、機能を出来る限り分散させて結果、

NAS→①→②→③→DAC

①OS :roon rock
S/W:roon server

②OS :ubuntu 18.04
S/W:HQPlayer V4

③OS ;KoneLinux5
S/W;networkaudiod

になりました。

かなり改善してきましたが、まだチューニングの余地はありそうです。

まだまだ、ステイホームは、続きそうですが、良い時間潰しに成りそうです。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. いたちょうさん こんにちは

    やっていることが近いので、思わずレスしてしまいます!
    NASも同じ機種のような。。

    私の場合は、RoonCoreをUbuntuで、RoomからLAN経由でDirettaで受けています。
    細かい部分は、動画にして公開しています。
    https://youtu.be/nqxOSHAWLx0

    今回の、いたちようさんの構成を(不勉強な)私が拝見する限りですが、③はいらないように思うのですが、そのまま②がOutputでよいような。何か狙いがあるのでしょうか。

    それと、それぞれのPCのスペック(CPUとメモリーの量)を記載していただけると、より参考になるかと思いました。

    今後の報告も期待しています。

    by百十番 at2020-07-12 21:30

  2. 百十番さん、こんばんは。

    動画、拝見させて頂きました。
    いろいろ試されているようですね。

    RAATは、あまり良くない認識でしたが、あえて試しています。
    悪く無いですね。
    何事もやってみるものですね。

    ③のPCは、HQPlayerの負荷を分散させ、高音質化に貢献するので、必要です。
    詳しくは、「HQPlayer NAA」でググってみて下さい。

    PCのスペックですが、
    ① intel i3 8100T 8G
    ② intel i5 7500T 4G
    ③ intel i3 7100T 4G

    です。

    今後とも情報交換、よろしくお願い致します。

    byいたちょう at2020-07-13 20:31

  3. いたちょうさん、

    着々とやっておられますね。
    私の好きな言葉通り「和而不同:和して同ぜず」。

    最近のRAATは悪くないということを別の筋からも聞いております...

    ①②③の接続は全てハブ経由ですか?接続方法も色々試せそうです。
    ③のPCはもっと軽量級でも?とか③だけでもWindowsベースは?とか人様のシステムですが、楽しく妄想させて頂いております。

    その3も楽しみです。

    byのびー at2020-07-14 07:23

  4. のびーさん、こんばんは。

    遂に来る所まで来てしまった、、、って感じです。(笑
    同居より、分離の方が明らか良いです。

    RAATも良くなったのでしょうね。

    接続ですが、
    スイッチAにNASと①を接続し、
    スイッチBに②と③を接続し、

    スイッチA-B間を光メディアコンバータを噛ましてカスケードしています。
    変態的な接続ですね(爆


    その3は、
    ②、③の直結
    ②のwin 2019 server core化
    ③のラズパイ+i2s DDCでの脱USB

    を目論んでいますが、ちょっとお休みですね。

    今の②を少し弄って遊んでいます。

    byいたちょう at2020-07-14 20:17

  5. いたちょうさん

    やられてますね~。

    私には、ちんぶんかんぷんですが、roonとHQPlayerの分離というところがすごく気になります。

    音を聴いてみたいです。

    byベルウッド at2020-07-18 10:50

  6. ベルウッドさん、こんばんは。

    この前の環境、どうやっても改善せず、元に戻そうかとも思ったのですが、HQPLayerをバージョンアップしてまでLinuxに拘ったので、roonだけでも専用OSにすれば良くなるのでは?とやってしまった結果で必然的に分離になってしまいました。

    直感的には分離はしない方が良いと思う反面、roonとHQPlayerを接続させ、かつroonを専用OSにする場合、PC(OS)を分離せざるを得ないため悩ましいとこです。

    まだ満足の行く音では無く、ちまちま弄っているところです。
    コロナが少し落ち着いたら(いつになる事やら)聞きに来て下さい。

    byいたちょう at2020-07-18 20:48

  7. いたちょうさん
    のびーさん

    大変勉強になります。
    NAAについて、知らなかったので理解しました。
    ちなみに、私のBridgeは、ミスタイプでDirettaでなくDapheileでした。
    海外では、伝送プロトコルをSqueezeboxという事例はある程度あるようですが、国内では私だけかもしれません。
    Roonですら、生涯ライセンスに結構なコストをかけたのに、さらにHQプレーヤーやDirettaあるいはJPLAYという高額なソフトに現段階で費用をかけるのが気が進まないので、そういう方法を取っています。
    評価が定まった後に、コストをかける必要を感じた段階で再考する前提です。

    最近のRAATは良くなったという情報も参考になります。Roonサーバー構築後は、
    、RAATを真剣に試していませんので、そのうち試したいと思います。

    直ぐに試す気にならないのは、依然として、国内も海外も、RAATを使わずにHQプレーヤーやDiretta(国内のみしか普及していない気配ですが)を使っている人の報告が多く、それらを止めてRAATにもどったという事例が見当たらないからです。

    ソフトの世界は、ハード以上に変化が激しいので、国内、海外ともに情報収集の重要さを感じます。

    by百十番 at2020-07-21 20:55

  8. 百十番さん、こんばんは。

    Squeezebox経由のDapheileとは、思いもつかない構成ですね。
    PCオーディオは、OSからソフトまで色々試すことが出来て楽しいです。
    ただちょっと油断しているとトレンドから置いてけぼりになったりしますので、情報収集は重要ですね。

    HQPLayerは、評価版もあるので、気が向いたら試してみて下さい。

    byいたちょう at2020-07-22 21:16

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする