しき
しき
SPは主にJBL、アルテック、タンノイを使って来ました。 現在進行形で「音質改善」を続けています。

マイルーム

JBLで「耽美」な世界
JBLで「耽美」な世界
持ち家(戸建) / リビング兼用 / その他 / ~10畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
自宅のシステムはリラックスして聴ける事が大切だと思っています。 JBLのユニットを使って「香るような、漂うような、それでいて見通しの良い」サウンドを追及して来ました。 聴く時間帯がどう…
所有製品
  • プリアンプ
    ACCUPHASE C-290V

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

RCA箱システムへの音質対策

このエントリーをはてなブックマークに追加
2009年04月03日

四つのメインシステムクラスのうち3セットのSPシステムが先月一応仕上げの領域になりましたが、最後に残ったRCA箱システムへの対策を開始しました。

壁コン(FP-D20A-R)、壁コン~タップまでのケーブル(SCE-45S),6口タップ(ルシファー配線+FP-D20A-R)、各電源ケーブル(SCE-45S×3本)、インコネ(SCX-24×3セット)、SPケーブル(SCS-X・・・4m仕様)を準備したいと考えています。オールルシファー仕様にします。

CDP:SD-9500(音質対策済み) ライントランス:ST-5 プリ:WE310A自作プリ、パワーアンプ:マッキン MC2600 のラインになります。

残った音質対策はパワーアンプとSPのネットワーク、CDP~トランスまでのケーブル(SCX-24)になります。ネットワークへはSP端子交換と内部配線のルシファー化を予定しています。

本日はSPケーブルを4m仕様化する為の準備を完了しました。・・・・3.5m仕様作成・・・自宅の4m仕様と交換。・・・明日にはSPケーブルが揃います。

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする