しき
しき
SPは主にJBL、アルテック、タンノイを使って来ました。 現在進行形で「音質改善」を続けています。

マイルーム

JBLで「耽美」な世界
JBLで「耽美」な世界
持ち家(戸建) / リビング兼用 / その他 / ~10畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
自宅のシステムはリラックスして聴ける事が大切だと思っています。 JBLのユニットを使って「香るような、漂うような、それでいて見通しの良い」サウンドを追及して来ました。 聴く時間帯がどう…
所有製品
  • プリアンプ
    ACCUPHASE C-290V

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

2chステレオの欠点

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年05月05日

2chステレオには大きな欠点がる。これは以前から気が付いていたけど、電気技術者ではないので手が出せない処だ。

どの様な欠点かと云うと、「ライブ録音盤」での聴衆の拍手の再現性。ステレオにはLch(左側)とRch(右側)のSPで、真ん中に「定位」が来るように設定されている。その中で「空間再現性」などが出来ている。

単純に言うと「拍手がステレオ装置の奥側に広がる事」を云っている。聴衆の一員になって聴いていたつもりが、実は「ステージの裏側から聴いていた」と思い知らされる。そうなると「LchとRchが反対になる」事になる。この問題はあまり議論されない。何故だろう?

ヘッドホンの世界も似た様な印象を持つ。結局は「作られたステージ」なのか?

40年前に4chを経験していると、拍手の位置(聴衆の位置)が後ろから出て、「臨場感」を味わった事が有る。この辺の経験から6ch化も考えて進めている。

まだDSPを使い始めて間もないので、「音を合わせる」事と、セッティングされたステージを確認する事でまだ手いっぱいだ。これから使いこんで「音場表現」を手に入れて行きたい。現状でも「残響音」のコントロールが出来る事で、2chシステムより「進化」していると思う。ただし、2chのメインがしっかりしていなくては話にならないと思う。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. しきさん  こんにちヮ!

     その辺りが2chの奥ゆきさではないでしょうか?

    2本のスピーカーの何もない空間から音が聴こえてきた事に驚き・・・ スピーカーが無いスピーカーの奥や上部から聴こえてきた事に驚き・・・ 自分の横や、後ろから聴こえてきた事に驚くのがオーディオの楽しみだと思います。 

     もちろん、ただ置いただけでは無理な事で・・ セッティングや装置の選択を試行錯誤した結果なんですがね !(^^)!   

     わたしは電気的に色々するのが嫌いなので、サラウンドもダイレクトを基本としています。 ただし・・ 金銭的な制約下では(笑)同じアンプやスピーカーは使えませんし、セッティングも理想とはかけ離れています (*_*) 

     映像を導入して仕舞う事で2chにも制約が及んでいますが・・・ 最大限アレでも頑張っているツモリです (笑) 

     
     難しくもあり 楽しみでもある 虚像再現は難しいですね。

    アコス…。

    byアコスの住人 at2014-05-05 11:49

  2. しきさん 始めまして
     何れにせよ、2ch伝送方式自体、虚像を実像と錯覚する擬似ステレオ方式...。

    byナショナルキッド at2014-05-05 12:06

  3. アコスの住人さん レスありがとうございます。

    問題にしているのは「音場」の出来方に不満が有り、この点は60年以上「進化」していないと云う事。機器の性能は進歩している様ですが・・・(全てが進歩している訳ではないが・・・)

    録音サイドの考え方と機器・システムの有り方に問題が有ると思っています。どちらも関連していますので改めて問題提起した次第です。

    byしき at2014-05-05 12:43

  4. ナショナルキッドさん レスありがとうございます。

    2chの再生限界が有るのでしょう。技術的・ソフト的に問題点を持っていると思います。客席にいる「臨場感」が出せたらなあ・・・と思います。

    byしき at2014-05-05 12:47

  5. しきさん、はじめまして

    私もマイルスのCDを聴いていて拍手がSP後方から聴こえて来たときに、マイクは演奏者の後方なのかなって思った記憶があります。

    ところが単純に2chの限界(もしくは問題)なのですね。
    対策も思いつかないので悔しいです。

    byたいたい at2014-05-07 04:53

  6. たいたいさん レスありがとうございます。

    マイクの位置の問題と再生側の装置の問題が2chステレオでは放置されています。「進化」を意識すれば「立体的」なマイク録音と再生装置の新たな発想が必要になると思います。

    昔の40年前の4chや25年ほど前のDSPシステムを上手く使えないかと考えています。

    byしき at2014-05-07 09:14

  7. 面白い日記ですね
    見てはじめてそういえばそうだなと気づきました
    ライブ盤をあまり聴かないかもしれませんが
    でも映画でも思うんですけどマルチチャンネルでも自分の立ち位置ってよくわからないですよね

    byソウルの汗 at2014-05-08 00:30

  8.  (高校)野球も解説が前で観客が後ろに聞こえ何か不自然なので、観客は前方アルプス全体に広がり、(煩い)解説は後ろに聞こえる様に、前後chを入れ替えて聞いています。
     所でサラウンド盤でも、観客に囲まれているライブなのに、後ろにも楽器が定位する(立ち位置不明な不自然な)録音も多かったと思います。
     更に不自然なのが、自分の周囲数mだけ(SPの位置まで)、誰も居ない様に聞こえる録音です。(何故か孤独感を感ずる...)

    byナショナルキッド at2014-05-08 08:15

  9. ソウルの汗さん レスありがとうございます。

    聴取者の立ち位置を2chでは考えて有りませんね。
    19050年代後半から考え方が「進歩」していない事になります。
    立体的な録音とそれを再生する装置が求められます。
    これからに期待するしか有りません。

    byしき at2014-05-08 09:00

  10. ナショナルキッドさん レスありがとうございます。

    2chステレオの場合、横方向の再現は良いのですが、縦方向(前後感)の再生に矛盾が出て来ます。
    録音とその編集で音造りされている(人造化)モノより、生の現場を再現する録音が良いですね。そこに「聴取者」の位置が明確にされていれば良いですね。

    そろそろ新しい発想でステレオシステムを作る時期に来ていると思います。

    byしき at2014-05-08 09:06

  11. 2chステレオの最終段階を「面」というように二次元が限界だととらえられているからなのではないでしょうか。私は、コンサート「空間」へワープするという第六段階を目指したいと思っています。

    byベルウッド at2014-05-08 14:44

  12. ベルウッドさん レスありがとうございます。

    <コンサート「空間」へワープするという第六段階を目指したいと思っています。>

    とは、素晴らしい発想ですね。
    「質感」の追求だけでも奥の深い処が有るのに、
    「音場」の追求は更に深いと思います。

    byしき at2014-05-08 19:54

  13. しきさん
    今晩は。

    色んな楽しみかたが有るのですね♪
    その違いを聴かせてください。宜しくお願いします。

    byはやぶさ at2014-05-11 19:22

  14. はやぶささん レスありがとうございます。

    自分で何でもやって見ないと判りませんね。
    「ステレオ」も60年以上続いています。
    「マンネリ」だと思います。
    もっと「進化」させる事は出来ないものかと思うこの頃です。

    また遊びに来てください。

    byしき at2014-05-11 20:44

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする