こたちゃん
こたちゃん
なんだかよくわからぬまま、NECのAV-300でサラウンドにウハウハした青春期。 その後、ムズムズしながらも我慢我慢のA&Vライフ。 機器は中古、ジャンクを漁って今日まで繋いだが、家の新築を機にオ…

マイルーム

居場所3景
居場所3景
持ち家(戸建) / その他 / オーディオ・シアター兼用ルーム / ~12畳 / 防音なし / スクリーン~120型 / ~5.1ch
A&Vルームと言い張る寝室がメインルームです。 オーディオ用はYoshii9をメインにイクリプスTD508MK3、タイムドメインmini E-Type(T-Loopチューン品)、タイムドメインl…
所有製品
  • 液晶テレビ/ディスプレイ
    PANASONIC TH-49EX850
  • ネットオーディオプレーヤー
    PIONEER N-50
  • D-ILAプロジェクター
    VICTOR DLA-HD100
  • スピーカーシステム
    ECLIPSE TD508MK3
  • スピーカーシステム
    TIMEDOMAIN Yoshii9

レビュー/コメント

カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最新のレス

お気に入り製品

日記

アンプコンデンサ全交換 by タイムドメイン・ミニ

このエントリーをはてなブックマークに追加
2010年01月10日

我が家+スカ爺のタイムドメイン化計画も完了し、一段落したところで、手元に残ったのが一台分のタイムドメイン・ミニの臓物である、アンプユニット。

これを温存してても、面白くありません。
かねてからの疑問解消のために、餌食となっていただきます。

かねてからの疑問。

「オーディオ用コンデンサで、音が良くなるの?」

そこで、オーディオ用コンデンサ、揃えてみました。


コンデンサが多いですが・・・一応、2台分買ってみました。
まあ、電源平滑用コンデンサまで専用品が必要なのかは疑問を感じつつも、単価はたかが知れていますので、付いているコンデンサは全交換です。
ならばついでにハンダも専用のモノを切り売りで入手。
送料込みでしめて2,500円也。1台分でも千円ちょっと。
これで音が良くなるならば、安いモノでしょう。
ちなみに、コンデンサの容量は元々付いていたものと同じ物にしました。変更してみるのも面白いですが、元のバランスとて伊達で設定はしていないでしょう。設計者を信じます。
またコンデンサのチョイスですが、電解コンデンサはニチコンのFine Gold、一部スペース的に無理な部分に、同じくニチコンのKW、フィルムコンデンサにはニッセイ電機のAPSを選びました。
選定理由は・・・容量と大きさから、こういうチョイスが簡単に見つかっただけ。
いろいろとコンデンサメーカー違いでも特色があるようですが、その辺は今回拘っていません。
ただ、ニチコンのFine Goldはネット情報をざっくり見る限りは、特に癖がなく定評があるようです。

さて、放熱用アルミ部材を外して、作業開始です。

まずは、電源側の作業がし易そうな方から肩慣らし。
一応仕事でハンダ付け作業はこなすことがありますが、仕事抜きだとワクワクするのはなぜでしょうか。(笑)

久々に、ハンダ吸い取り器を取り出しました。

買ったのが学生の頃だから、使うの何年ぶりでしょうか。
これで、テキパキとハンダを吸い取ります。

外したコンデンサを比較します。

一回り大きくなっています。
一応、現物確認で取り付けスペースに収まるように選択しています。
でも、結構ギリギリです。

肩慣らし終了です。
なにやらかなり大きくなったのもありますが、収まるので良しとします。


メイン部分に取りかかりました。
シルクで極性まで印刷してありますので、容量さえ間違えなければ、簡単に組めますね。
改造派にも優しい設計。(笑)


ひとつを残して、放熱アルミ部材を取り付けました。
そうしないと、ICとの取り付けねじが締められません。
次回があれば、コンデンサ取り付け前に締め付けた方が作業性は楽ですね。

で、最後のコンデンサも取り付けました。
一応、サイズ確認して買ったのですがねぇ・・・。
ギッチギチ。(笑)

最後の仕上げは、ゴム系接着剤で放熱に影響が少ない程度に固定。

・・・クリアの接着剤なので、見えづらいですね。すみません。
まあ、必要な固定か疑問は感じつつも、元の部品も防振対策していたので。
これにて完成です。

さて、ビフォー・アフター比較。

コンデンサが大きくなっているのがお判りいただけるかと。
対流での放熱に頼る構造で密度を上げることに不安は感じつつも、日常使っていてさほど熱は感じないので、まあ、大丈夫でしょう。

さて、音比較の前に、耳の調整。
無改造の純正品と富士通OEM前オーナー組み直し品で音比べを再度行います。
音源はiPhoneから、もちろん圧縮無しのWAVデータです。
前回リビングにて比較していた時に差は感じなかったのですが、作業場であるガレージで聴いてみると、気持ち、OEM品の方が音がこもっているように感じました。
個体差なのか、前オーナーの組み直しが悪影響しているのかは不明ですが、とにかく差はあります。

さて、それを加味しつつ、OEM組み直し品にコンデンサ交換品を組み付けます。

さあ、音はどうなるかなぁ。

おお、違いますね、変わりましたよ、音が。

宇多田さんの歌声が耳当り良くなりましたね。
全体的には音が滑らかになりました。これは明らかに純正品より滑らかです。
音場の広がり感は変わらず、奥行き感が少し出たように感じますね。

逆に、メリハリという面では、大人しくなった感じです。
パンチが無くなった感じですが、元が少々粗っぽく強めでしたので、こちらの方が耳が疲れません。
少なくても宇多田さんの歌声はこちらの方が、高音で特に滑らかに気持ちよく聞こえます。

音楽を変えていろいろ聴いてみると、クラシック系、ヴォーカル重視だと今回は気持ちよく、テクノ系ですとちょっと大人しく感じますね。やはり、パンチが弱い?
ただ、やっぱり純正品に比べると、最初に感じたこもり感が残ってます。これが無くなって純正品の性質にコンデンサ交換効果が加わると、良い感じになるのではないかなぁと思いますね。

前オーナーが手を加えたというスピーカー部分。
次はこちらを解剖する必要があるようです。

いやぁ、泥沼、填っちゃったかなぁ・・・。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. >クロ大好き さん
    まあ、元値がたかが知れていますので、失敗しても損害はたいしたことがないので、純粋に楽しいですね。
    とてもウン十万円のアンプでは試したくないですが・・・って、ウン十万円のアンプに汎用電解コンデンサなんか付いてるのか知りませんが。
    ただ、元値が安いだけに、深みに填りそうな怖さはあります。
    まあ、はなっから2台分のパーツを買ってるところからして、これに止まる気がないって事でもありますが。(笑)

    byこたちゃん at2010-01-10 22:49

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする