こたちゃん
こたちゃん
なんだかよくわからぬまま、NECのAV-300でサラウンドにウハウハした青春期。 その後、ムズムズしながらも我慢我慢のA&Vライフ。 機器は中古、ジャンクを漁って今日まで繋いだが、家の新築を機にオ…

マイルーム

居場所3景
居場所3景
持ち家(戸建) / その他 / オーディオ・シアター兼用ルーム / ~12畳 / 防音なし / スクリーン~120型 / ~5.1ch
A&Vルームと言い張る寝室がメインルームです。 オーディオ用はYoshii9をメインにイクリプスTD508MK3、タイムドメインmini E-Type(T-Loopチューン品)、タイムドメインl…
所有製品
  • 液晶テレビ/ディスプレイ
    PANASONIC TH-49EX850
  • ネットオーディオプレーヤー
    PIONEER N-50
  • D-ILAプロジェクター
    VICTOR DLA-HD100
  • スピーカーシステム
    ECLIPSE TD508MK3
  • スピーカーシステム
    TIMEDOMAIN Yoshii9

レビュー/コメント

カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最新のレス

お気に入り製品

日記

シロクマSuperPodの再レビュー

このエントリーをはてなブックマークに追加
2012年09月23日

プアオーディオ道の追試シリーズ。

SuperPodがやって来て、やや腑に落ちない日々。
あれがシロクマさんの”解”なのか。
シロクマさんに聞いてみた。

今回、ユニットがYoshii9と形状互換に見えるが、別モノであった。
SuperPodには最終的にWB08KC04-SCという、専用ユニットを開発するに至ったとのこと。
お話しを伺うと、SuperPodには同社のアンプ、TDA-100との組み合わせがベストであると。
(たしかに、アンプとスピーカーのマッチングについては、相性があるという認識は持っている。性能を引き出すため、Yoshii9はセット販売である。)

お願いをして、今回特別にお借りすることが出来たので、SuperPodの真の力で聴いてみた。

なお、音源は任天堂ディスクドライブ・・・の皮を被った、SDカードトランスポーター QLS QA550魔改造 & TDA1543 DACからの再生である。また、SuperPodは基本的にポン置きで、ラインケーブルも付属品を使用。調整などは行っていない。Yoshii9は自作インシュレータなどで置き方の工夫はしている。

価格が4倍以上するYoshii9との比較では少々厳しいが、やはりタイムドメイン印を纏う以上、避けられないということで。

まず、音出し一発目の音場感、これが良くなった。
スピーカーにまとわり付くような印象は殆ど無く、奥行き感も出てきた。
アンプを替えたことで、何が変わったらこうなるのだろうか。

これまでYoshii9のアンプ、YA-1にて駆動した時に、重心が過度に低い印象であったが、これが改善された。音域のバランス感はYoshii9にかなり近づいた。
SuperPodはこのTDA-100に対してバランスよく仕上げられたわけですね。
これは低音の改善による効果、というより、低音でスポイルされていたのかな。

このバランスで聴くSuperPodはなかなか良い印象で、おそらく同じ価格帯で比較をすると良い評価が下るのではないかと思うのだが・・・。

グッと好印象になったのだが、ではYoshii9とどこが違うのか。

まず、全体バランスではYoshii9の自然な感じに近づいたが、決定的に違うのは、低音域。これは例えば聖飢魔IIあたりを聴いてみると、Eベースの演奏はYoshii9ではブリッときっちり聞こえ、SuperPodはボムっとなる。
ブロンバーグのベースでは胴鳴りがきちんと聞こえず、甘くなる。これらはバスレフの弊害ではないかな。もっとも、巷のスピーカーでは更に甘いものの方が多いという印象なので、これはまだ良い方だと思います。

以前にも実験的にYoshii9にサブウーファーを足してみたらまるで別モノになった、なんて事もやってるので、やはりこの辺は難しいのだろう。
低音に気持ち盛り上がり感があるのが、これの方が気に入る方は多いと思うので、この辺は好みか。

繊細さという意味では、残念ながらYoshii9に対しては越えられない壁があるようす。これは仕方がないのだが、結構頑張ってはいる。細かな音は拾えているのだが、ややのっぺりしてしまう。

さて、これがドノーマルでの感想である。
ユーザーが改善する余地はあるので、試せるだけやってみた。

まず、キャップ。

これを外すと、音の濁りが少し取れてスッキリする。これはYoshii9の網キャップもそうなのだが、コーンの先の障害物は、聴く時には外すといい。ただし、我が家のように幼児がいる家庭ではやめておこう。餌食となる。

次にスピーカーケーブル。

これはYoshii9同様、ライカル線のようだが、ツイストしている。これを解いた方が気持ち音の広がり感が増す。解くと戻せないので、今回はライカル線で自作したものを比較で用いた。普段はこちら(下)を使っている。

また、スピーカーへのインシュレーターも大いに調整余地がある。
床の強度などで最適解は変わると思うので、いろいろ試してみるのがお勧め。
Yoshii9に比べ、同じ音量に合わせると、SuperPodは振動面で不利。本体の振動がそれなりにある。これは今後いろいろやってみようと思う。

長くなったが、バランスが整ったSuperPodは、普通のスピーカーとは言えぬ実力でありました。セットモノはバラしてはいけないってことですねぇ。
そんなわけで、ばら売りされていますが、基本はTDA-100とセットでの購入が良いと思います。はい。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. >103系好き さん

    これは文面にするとなかなか上手く伝わらないかと思いますが、概ね部屋全体を包みます。今回のSuperPodでは前方奥行き方向に広い感じでリスニングポイントの後ろまできっちり回り込む感じではありません。これはセッティングで変わりそうですが。

    床置きですが、底はゴム(?)シートの3点支持になっています。このままでは共鳴はしていません。むしろ下手にインシュレータを置くと共鳴します。

    byこたちゃん at2012-09-25 22:59

  2. >103系好き さん

    そうですね。楽しまなければ。
    といいつつも、昨今課題増やしすぎて手が回ってませんが。
    そろそろ自重しないと。(汗

    byこたちゃん at2012-09-26 21:50

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする