kazuzo
kazuzo
映画、音楽大好きです。自分勝手に狭い自分の部屋を楽しんでします。Stirlingを中心に音を作り上げていく予定です。

マイルーム

自己満足の部屋
自己満足の部屋
持ち家(戸建) / 書斎兼用 / オーディオ・シアター兼用ルーム / ~10畳 / 防音あり / スクリーン~100型 / ~7.1ch
スピーカー周りが落ち着き、これからゆっくり音作りをしていきますね。
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

お気に入り製品

お気にいられユーザー

日記

NAS HDL-RA2HFの導入 どうなるか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年01月23日

前回のレスで沢山の情報を頂きました。ありがとうございました。

とっても悩みました。

積極的に機器を購入したくない理由として、

規格がどんどん変わっていく可能性が高い。
高価な機器を買って規格が合わなくなるとさみしい。
既にプリメインアンプ(エソテリック F-05)にはDACがあるので使わないと勿体ない。
今までの C-N7050では、F-05に元データのままの情報を伝送できない。
ダウングレードされたデジタル伝送でもF-05のDACの方が音がいい。

ということから、F-05のDACを利用できる環境を整えようと思いました。
しかしながら、予算は最小限にする。というのが肝腎です。

そこで前回情報を頂いた、I-Oデータの HDL-RA2HFの導入です。

ネットで最安値は3万2千円。オークションを物色し、送料込みで2万8千円になりました。(その後、最安値2万9800円へ・・・・・)

ほぼ新品とのことで胸が躍ります。



箱は結構リッパです。

さて早速開けてみると、
ACアダプターとLANケーブル。取説と本体。
本体は普通のNASよりガッチリ感はありますが、コンパクトに感じますね。



裏面。USB3.0に対応している青いUSB端子が有り、これがDACにつなげる方です。左の方は、外付けUSBやCDをリッピングするときに使うらしいドライブをつけるためのものだそうで。勝手にリッピングしてくれるんだそうだ(まだやっていない)。



取説は、NASの配線方法と、音楽を入れる方法しか書いていない。再生の方法は無いに等しい。

とりあえず、C-N7050につなげていたLANケーブルを接続。以前パソコンで音楽を聴くために購入していたUSBケーブル(zonotone)をF-05と接続。

私のパソコンはウィンドウズ7ですが、エクスプローラーで簡単に認識できた。

今まで使っていたNASから曲を移動。約1時間で完了。

さて再生を。

全くよくわからないけど、どうやら、スマホにアプリをダウンロードするらしい。

スマホで本体に入っている音楽を再生するためのソフトを入れるらしい。

BubbleUPnPというアプリを。

ネットで色々書いている人もいるのでいろんなところで情報収集。

スマホのアプリからHDL-RA2HFを認識できた。
音楽を再生。

するとスマホから音楽が・・・・orz

設定がよくわからない。

何回も再起動。F-05 スマホ 本体。本体の更新も試みた(既に終わっていたようだ)

それでもだめだ。

いったん夕食をとり、頭にブドウ糖を。

アプリの中を徘徊。いろんな設定をみるも、よくわからないPCのネット構築用語が英語で・・・・・orz。

やはりメーカーでアプリは用意すべきだな。と少しイライラし始めるもイライラする行為は前進に関与しないので気を付けよう。せっかくの楽しい時間が勿体ない。

さてアプリの左下にある moreというところ。そこをタッチすると 歯車のようなアイコンがありそこをタッチすると「Local Remderer」という項目がありそこをタッチ。

その下の所にある、openhome renderer を enableする(もしチェックが入っていたら一度外してつけ直す。ダメなら何回か繰り返す)と再生できた!!

一度アンプの電源を切ったりスマホがネット環境から外れると同じ儀式が必要。

でも音楽がでた!!それだけでもとりあえずうれしい。

恐る恐るアンプの表示を見るとファイル形式は合っている様子(周波数)。



昔e-onkyoで購入したカルロスクライバーのベト5、7(FLAC)も狙った形式で再生できました。

音質は・・・・・。

他のと比べていないのでよくわからないけど 初めてパイオニアN-50を導入したときと遜色ない。というか、F-05の味付けになったネットワークオーディオプレーヤー(ゴリッとした低音と鮮度のいい音)という感じ。

まだ少し不安定感がありますが、一段落。

最近はCDプレーヤーやアンプにDACが付いていることが多い。そしたら、このような機器が沢山出てきてほしい。

I-Oデータさんの努力は凄い。ただアプリは開発してほしいよ。マック用しか開発しないなんて。

これでSACDはいらなくなるのかな?マルチは捨てがたいけど。

webでDSDやFLACを購入したらネットワークオーディオでも聞けるし 対応したスマホに入れて対応したヘッドフォンで聴けば楽しめる。便利だよね。


もう少し使い勝手を試していきたい。

CD自動リッピングとサイトから購入した音楽を自動ダウンロードする機能も試してみたいな。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. こんにちは。Soundgenic導入おめでとうございます。

    音源の再生はIOさんのFidataAPPお勧めになります。iOSのAPPです。

    あと電源はエーワイ電子 12V電源の方がIFIノイズフィルターより音が良いです。EIAJ4出力 と指定します。

    IFIの12V電源はアンペア不足でイリーガル操作で立ち上がらなくなった事があり、うちではもう使ってないです。

    byYongJoon at2019-01-23 08:42

  2. YongJoonさん。ありがとうございます。

    私はiOSを持っていないので使えないのです。残念ですが、昨年iphoneを手放しました。

    電源の変更方法もあるんですね。是非考慮に入れたいです。情報ありがとうございます。

    とりあえずは使えるようになってうれしい。というのが本音です。

    bykazuzo at2019-01-23 08:46

  3. こんにちは。

    iPhone中古買う手もありますが、今年発売が噂されるiPad mini新型が指紋認証で、低価格戦略だそうです。iPadもお勧めになります。FidataAPPのアルバムアート表示はそれは美しいです。国産APPでユーザーの声が反映されるAPPです。

    あと、お勧めUSBケーブルもエーワイ電子にあります。
    外部5V電源つき二股のUSBケーブルで、電源付きで1万円程です。

    SoundgenicのUSB出力の5Vは内部スイッチング電源でノイズ多いはずですが、アナログ5V電源使ってUSB5Vをローノイズにする、というものです。

    Soundgenic結構進化するので面白いです。インゴット置くだけでも変わります。まあ低価格で振動対策が不十分という事でしょうが。笑

    バックアップ性能はFidataサーバーより速いのはびっくりしました。

    byYongJoon at2019-01-23 09:47

  4. YongJoonさん ありがとうございます。

    いろいろある(USBケーブルも・・・)んですね。知りませんでした。少しずついろいろ手を得加えてみたいと思います。

    iphoneやIPADはもう少し考えてから決めます。あまり購入すると家内の目が気になる・・・・・。ので(笑)

    ところで一つ質問があります。

    e-onkyoから自動でダウンロードする機能があるようですが、どのように設定するのですか?自動で出来なかったとしても自分で移動するだけで簡単なのですが、一応ある機能はしてみたいな。と思っております。

    もし御時間がありましたらご教授ください。

    bykazuzo at2019-01-23 09:56

  5. こんにちは。

    すんません、自動ダウンロードは使った事がないです。e-onkyoの標準のファイル名はアルバム名+曲名と、長すぎで必ず修正しており、もっぱらPCダウンロード & ファイル名修正 です。

    あと、私はWAV派なので FLACしか販売していない音源はPCでWAV変換しています。

    byYongJoon at2019-01-23 10:33

  6. YongJoonさん ありがとうございます。

    確かにファイル名が長いと選曲するときに面倒ですね。ファイル名をかえたことがないので参考になります。

    自動ダウンロードは全く必要ない(個人的には)のですが、なんだか楽しそうな気もしてやってみたい気分です。

    もし出来たらまた投稿します

    bykazuzo at2019-01-23 10:42

  7. kazuzo さん。こんにちは。
    soundgenicは僕も愛用してます。USB出力とPCなしでのリッピング機能が便利だと思い購入しましたが、WAVは容量を思った以上に食い、ウォークマンでも音楽を聴くとなると、容量的にキツイのでリッピングは結局iMacでやってます。(^_^;)

    僕もセットアップは最初苦労しましたが、その後はPCオーディオやってた時より楽になりました。高級オーディオ用NASと比べるとゴージャス感はないですが、本体の作りは意外としっかりしてて、振動や雑音はほとんどしません。安かろう悪かろうではなかったので良かったです。

    余談ですが、「TANNOY Stirling/SE との 最高のマリアージュ を 求めて」の日記はkazuzo さんのだったんですね。結構気に入ってていつも読んでました(笑)

    stirling grを所有してからkazuzo さんがあの日記をどんな気持ちで書いたかわかった気がします。

    bymid4 at2019-01-23 18:54

  8. kazuzo さん、こんばんは。

    >さてアプリの左下にある moreというところ。そこをタッチすると 歯車のようなアイコンがありそこをタッチすると「Local Remderer」という項目がありそこをタッチ。
    >その下の所にある、openhome renderer を enableする(もしチェックが入っていたら一度外してつけ直す。ダメなら何回か繰り返す)と再生できた!!

    これしなくて良いですよ。

    Now Playing の アルバムアートの右下にある□のアイコンをタップすれば rendere を選べます。

    byレパード at2019-01-23 22:06

  9. kazuzoさん、はじめまして

    2ヶ月前に3GBのを買った者です。
    パソコンmac、携帯androidなんでfidataのアプリもiPhoneのアプリも使えない環境です。USB-DACではないし、デジタル系はほぼ初心者程度の知識しかないので参考にならないかも知れませんが。


    e-onkyoの自動ダウンロードは、androidのMagical Finderというアプリで設定すれば知らないうちにダウンロードしていました。写真にある取説にも書いてありますね。

    CDのリッピングは、簡単ですが、ネットから情報が取れないからか、何度も赤ランプが点いてCDが排出されてイラっとする時がよくありますね。
    何も設定しなければ、WAVでリッピングしますよ。設定でFLACにもできるようでが私はWAVのままです。
    それもMagical Finderの設定でできるようです。

    byTON2 at2019-01-24 12:16

  10. mid4さん ありがとうございます。

    Soundgenicは革命的だと思います。
    最近では多くの機種にUSBがついてDACがついていますので使わないのはもったいないかと思います。
    F-50のは定価9万円とそこそこ高価なものが付いていますし規格が古くなる前にしっかりと使いこなしておきたいです。

    以前確かにStirlingの話を書きました。自分でいろいろ感じたことを書けたので少しでも感じていただけてうれしいです。

    私は導入の最初の頃Stirlingを手放すことを考えましたが見今では手元に残しておいて本当によかったと思います。

    是非世代は違えど同じStirlingユーザーとして楽しく音楽生活を続けて情報共有を出来るといいですね。

    今後ともよろしくお願いいたします!

    bykazuzo at2019-01-24 14:34

  11. レパードさん ありがとうございます。

    簡単にできました!!本当にありがとうございます。

    いやー。ここまで便利な物だとは正直思っていませんでした。
    数年間はこのまま使ってみたいです。

    ある程度理解してしまえば結構簡単ですね。DSDの曲を楽しんでみたいと思います。

    bykazuzo at2019-01-24 19:44

  12. TON2さん ありがとうございます。

    Magical Finderはネットの取説で初めて知りました・・・・。
    同封されていた取説ではあまり詳しく書いていなくて。

    その通りやってみたらe-onkyoから直接ダウンロードされました。

    何とも便利な時代。パソコンやスマホから設定できるんだから凄いですね。

    とても助かりました。また何かあったときはご教授のほどお願いいたします。

    bykazuzo at2019-01-24 19:47

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする