kazuzo
kazuzo
映画、音楽大好きです。自分勝手に狭い自分の部屋を楽しんでします。Stirlingを中心に音を作り上げていく予定です。

マイルーム

自己満足の部屋
自己満足の部屋
持ち家(戸建) / 書斎兼用 / オーディオ・シアター兼用ルーム / ~10畳 / 防音あり / スクリーン~100型 / ~7.1ch
スピーカー周りが落ち着き、これからゆっくり音作りをしていきますね。
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

お気に入り製品

日記

HDL-RA2HF 続き4

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年02月02日

DCD-SA1と比較
今日は音源はピアノのみ。

この演奏大好きです。特に8曲目ね~。



ホロビッツさんの遺作ですね。8曲目は人生最大の熱演と私は勝手に思っています。

DCD-SA1
 音一つ一つに厚みがありいい。しかし音の忠実度というか、元々のピアノの音では無い感じがする。じゃー。元々のピアノの音なんかわかんないだろ。っていうツッコミをされそうだ。家内はピアノを専門にしているのもあり、カワイとシュタインウェイのグランドピアノが自宅にある。なのでピアノは自宅でよく聞く。どのCDでもそうだが、DCD-SA1で聞くピアノの音は、少し肉厚で柔らかい音になる。その音と、我が家のStirling/seはあまり相性がよいとは言えない。しかしながら、ベースたっぷりのジャズのピアノの音はかなりいい感じである。

HDL-RA2HF
 厚みは適度。ピアノの中高音はDCD-SA1よりきらびやか。ピアノの元の音にかなり近く感じる。低音はDCD-SA1に負けるが、しっかりとした主張があり聞きやすい。

オケと比べて、ピアノのみではHDL-RA2HFの方が楽しく聞ける気がする。



私は6月生まれ。そこで50才になる。

大学生まではバリバリのスポーツマン体系。毎日筋トレしてプロテインを飲んでいた。職に就き、一気に太る。欲にまかせて生きてきた。とんかつとラーメンとカレー。これを交互にそして、同時に食べた。夜食はピザの宅配。吐き気が出るまで食べ続けたっけ。そりゃ太る。

172㎝ 89.6㎏ ウエスト95センチくらい 体脂肪率30パーセント弱

41才の時一念発起してダイエット。
174㎝ 65㎏ ウエスト73㎝ 体脂肪率12パーセント

その後少し気持ちも弛み、昨年の6月には 75.6㎏ 体脂肪率20.6%
丁度その時海外出張。20代の女性は15名程度。そのうちの一人から「太ったんじゃない?」という指摘を受けショック。確かに太ったし、高脂血症と高尿酸血症の薬を内服していた。ウエストも82センチくらいになった。もう少しでメタボだ。

やはり、年を重ねても自分を調整しなければ。そして次会うときまでに(昨年の9月)私をチェックした人を見返してやりたい。

わずか3ヵ月で9㎏落とした。その時のデータは、66㎏ 体脂肪12パーセント ウエスト73センチ

来年も同じような仕事があって再開する可能性が高い。

なので更に頑張り今に至る。
本日のデータ

63.8㎏ 7.7% 体年齢34才


もう50才になるのに、なんだかんだいって、女性の目が気になってやせたんだよな。って考えると、男って単純でアホみたい(笑)。

でもそれを理由に、医学的にはパーフェクト健康体になった。

先日、高校生の時の同僚と簡単な同窓会をした。
(男2名 女2名)
全然変わらないね!!と言われて少し安心。
そう、体型は誰かにチェックされるのは重要。
オーディオは自己満足で十分なのが私の流儀である。

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする