鹿児島でごわす
鹿児島でごわす
オーディオ暦約40年。 AV暦約40年。 15年前に念願の新築。 リビングシアターでAV三昧! と、思いきや・・・ 子供の勉強、家事手伝いと中々視聴する時間が取れない。涙;;; オーデ…

マイルーム

リビングシアター久々の公開です(^^♪
リビングシアター久々の公開です(^^♪
持ち家(戸建) / リビング兼用 / オーディオ・シアター兼用ルーム / 16畳~ / 防音なし / スクリーン~100型 / 8ch以上
機器等変更がありましたので、久しぶりに更新です。 現在のリビングシアターです。 ピュアオーディオ専用に以前はECLIPSE TD508IIを使用 現在はELAC FS247SEに変更 …
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り製品

日記

KEFセンタースピーカー内部配線、確認お願い (解決しました!)

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年05月18日

KEFセンタースピーカーiQ60cを使用していますが、購入当時から、パイオニアAVアンプのスピーカー設定オートでセンタースピーカーのみ「逆相」表示が出ており、モヤモヤしたまま使用していました。
KEFジャパンに電話して聞いたところ、そのような事例が多々あり、手動設定お願いします、との返答でした。
一応、内部配線間違い確認のため、乾電池接続での極性チェック
を行ったところ、両サイドウーハーは正常に 前に動きましたので大丈夫なようでした。
(動画はユニットのみですが、チェックはスピーカー端子に繋いで確認しました)

が!、KEF Q200cが手に入り、試しにと、乾電池を使い極性チェックしてみると、、、
右ウーハーは 前。
左ウーハーは 後ろ。
に動きました。

これが正常なのか不安になり、再度KEFに電話したところ、明解な回答のないまま、「正常です!」 との返答でした。

モヤモヤしたまま寝ましたが、どうも目覚めが悪いので、所有されている方にお願いです!

スピーカーケーブルを外し、
他の配線ケーブルでスピーカー端子+-接続。
反対側に乾電池、できたら電圧が低いやつ、を
ケーブル+と乾電池+。
ケーブル-と乾電池-。
を一瞬接続して
●右側ウーハー 前
●左側ウーハー 後ろ
になるか、教えていただけませんか?

iQ60cとQ200cの内部配線違うのかな?

なお、くれぐれも長時間の接続はされないよう、チェックをお願い致します。

今夜、眠れるかなぁ~?苦笑

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. https://youtu.be/wFuBrJGSfmc
    動画リンクが出来ていませんでした。

    by鹿児島でごわす at2016-05-18 06:21

  2. 鹿児島さん おはようございます。

    う~~ん。。。 もやもや残りますね (__)

    スミマセン _(._.)_ ウチでは試せませんが、位相については詳しい方のアドバイスを待ってみましょう。

    kefジャパンの、「そのような事例が多々あり、手動設定お願いします、との返答でした」がちょっと気掛かりな回答ですね。 手動と言うのは、+と-をアンプもしくはスピーカー端子側で変えてくれと言う事ですよね。 この「多々ある」と言うのが意味深ですね。 それは製品管理が出来ていない不良品なのか? それがkefの仕様であり、致し方が無いものなのか? 謎が深まってしまいますね。

    センター1本だけで鳴らす分には逆相だろうが構わないが、サラウンド環境下では周りと繋がっていますからね。 1本だけ逆と言うわけには行きませんものね。 フロント左右はAVアンプではなく、プリメインでしたっけ? 接続の過程においてどこかで逆転してるなんて事はありませんか? 全てAVアンプに接続して、全てが逆相判定なら、それは正相とも言えますから(笑)

    ウチなんかは、スピーカーもアンプも接続(平衡、不平衡)も点でバラバラですから(笑) 一番最初のアンプの判定には滝汗(@_@)でしたよ。 その後、色々と変えたり修正したりして正相にもってきました。

    しかし一年前も何かモヤモヤを抱えていましたよね (>_<) 一難去ってまた一難ですね。 まぁー オーディオってこんな事の繰り返しですが、ゆっくりと楽しめる日は必ずやって来ますから、焦らず、気を負わず事にあたって下さい。

    具体的な解決に導く事が出来ずすみませんでした。



    ps。 九州地方を襲っている地震ですが、鹿児島でごわすさんの地域は大丈夫でしたか? まだまだ安心は出来ませんから、御注意下さい。

    アコス。。。

    byアコスの住人 at2016-05-18 07:42

  3. アコスの住人様

    おはようございます。
    早速のレスありがとうございます。

    スピーカー・AVアンプの接続+-を入れ替えても、オートで「逆相」判定だったので、スピーカー内部配線を疑っている状態です。

    ステレオ(二台)使用なら音の中抜け、フワッと感で何となく分かるのですが、センター1本なので、視聴判定に悩みます。

    KEFセンターお持ちの方に是非ご意見いただきたいです。

    PS,鹿児島も結構揺れましたが、当方被害はありませんでした。
    どこで起こるか分からない地震ですので、お互い気をつけましょう。
    もし、AV機器が被害にあったら・・・考えたくないです。苦笑

    by鹿児島でごわす at2016-05-18 09:23

  4. こんにちは。同じスピーカーを所有しておらず、申し訳ありません。
    センタースピーカー、左右二本のウーハー、3way構成を考慮すると、
    200cの左右二本のウーハーが逆相に動作するのは明らかにおかしいです。
    ただ、そうなると500Hz以下の信号は打ち消しによりかなりダウンする筈です。単体でローカットしないで鳴らしたとき、ドラムなどの低音はいかがですか?
    問題ないならば、片方がパッシブラジエータの可能性もあります。ユニットを外してみることは可能でしょうか?

    bytaket at2016-05-18 10:42

  5. taket 様
    レスありがとうございます。
    Q200cですが、ユニットを外す方法がわかりません(¯―¯٥)
    外せたら、配線入れ替えてチェックするのですが、、、
    情報ありがとうございます。

    by鹿児島でごわす at2016-05-18 11:37

  6. はじめまして。

    Q200Cの場合外見的には同じに見えますが、ウーハーの片方はABR (Auxiliary Bass Radiator)であって、所謂ドロンコーンだと思います。

    byJEFF at2016-05-18 12:10

  7. 気になるので調べてみました。やはり片方が普通のウーハー、片方がパッシブラジエータ(ドロンコーン)ですね。例えば低音から高音まで変わっていくスイープ信号なんかを入れて、安定して揺れているのがウーハーで、ある低い信号で大きく揺れてその他は無視するみたいなのがパッシブラジエータになります。バスレフみたいなものだと思って頂いて良いです。
    厳密にいうと左右非対称の設計のため、それを隠すためにウーハーとパッシブラジエータの見かけの区別がつかないようにしたのでしょうね。多分離れて聴いたらどちらがウーハーかはわからないと思いますが。

    bytaket at2016-05-18 12:18

  8. 皆さん確認、ありがとうございます(≧▽≦)

    bytaket 様の説明、大変分かりやすく、ちょっと安心しています。

    が、iQ60cでは両方ウーハーが同じ動きをします。
    これはダブルウーハーと考えてよろしいのでしょうか?

    by鹿児島でごわす at2016-05-18 13:05

  9. あれから色々調べてみました。

    bytaket 様のレスで解決しました!

    ●Q200cは2ユニットで一つはパッシブラジエータ。
    (密閉だから凹んだのでした)

    ●iQ60cは3ユニットでした。

    KEFの方はこれ、教えていただけませんでした(小怒)
    もっと調べてから寝たらよかった。

    今夜はぐっすり眠れそうです(^_-)-☆

    by鹿児島でごわす at2016-05-18 17:02

  10. ちなみに、〇〇.comの仕様情報を鵜呑みにしていました。汗

    by鹿児島でごわす at2016-05-18 17:12

  11. 大丈夫です、私もQ900がドロンコーン採用だと知らずに使っていましたから笑

    by呑珠庵 at2016-05-18 21:09

  12. 鹿児島でごわす 様

    はじめまして、こんばんは。shuと申します。
    メッセージを拝見しました。こちらからご返答いたします。

    本件は解決されたご様子ですが、そもそも「KEFのセンタースピーカーが逆相判定される」という事象については当方も同様です。

    過去にiQ6cを、現在はQ600cを使っていますが、パイオニア、デノンどちらのAVアンプにおいても「逆相」と判定されております。

    そればかりか、サラウンドのiQ7も同様に逆相。パイオニアのAVアンプではさらに天井SPのHTS3001SEの1本が逆相判定ということでした。

    当然配線は合っています。KEFジャパンがおっしゃる通り、KEFのスピーカーにはなぜかこういう傾向があるようです。この話は販売店からも聞いていますから確かにその様です。

    では、どうするかです。私は5.1chのチェックディスクで、出てくる音が正相で問題ないことを確認しています。
    つまり、AVアンプが逆相と判定しても、そのことを問題視していません。
    AVアンプ取説にも「逆相判定が出た場合でも配線に間違いがなければスルーしてください」という趣旨の記載があります。

    つまり、AVアンプの位相判定はそういうもの。という認識をしています。

    なので、私個人はこの件で眠れないことはありません。(笑)
    蛇足かつ、おせっかいを失礼しました。

    byshu at2016-05-18 21:15

  13. 鹿児島でごわすさん

    仕事がバタバタしていて今更ですが当方ヤマハのアンプですが
    逆相と出たことは無いのです。+接続の前駆動で間違いありませんです。ウチは正相と出ますね!!
    こんな事例があるんですね!!勉強になりました!!
    しかし、問題が解決してよかったですね!!
    お力になれずに申し訳ありません。

    byなんかい at2016-06-01 14:02

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする