ガッツ
ガッツ
2000年頃から、この道に入っていました。 プロジェクター遍歴は、こんな感じです。 SONY  VPL-VW10HT SHARP XV-Z9000 VICTOR DLA-HD100 VICT…

マイルーム

ガッツシアター
ガッツシアター
オーディオ・シアター兼用ルーム / スクリーン~100型 / ~5.1ch
ガッツシアター(カーブドスクリーン編) ・4K HDR映像校正環境の構築完了 ・4K HDR環境の構築完了 ★★特徴★★ シネマスコープカーブドスクリーン+アナモーフィックレンズ(業務…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

お気に入り製品

日記

シネスコスクリーンでのWOWOW字幕対策(VP50Proの使いこなし)

このエントリーをはてなブックマークに追加
2009年06月21日

アナモフィックレンズ導入で話題になるWOWOW放送の字幕の件ですが、VP50Proの設定調整で解決しました。

以下は、通常のアナモフィックレンズを通した表示です。
これでは、マキシマス将軍の重要な台詞が見えません。


以下は、字幕と映像が全て見える設定を対策として施したものです。
これで落ち着いて見れますね。


同様に、GAGAの作品「オペラ座の怪人」も字幕が見えなくなるソフトですが、
若干設定値を変更することで、問題なく見えるようになりました。

今回設定した情報をVP50Proのメモリーから呼び出すことにより、厄介な字幕付作品の視聴が楽になります。
ただし、字幕を見せる分、若干映像部分のサイズは小さくなります。
そこは、今後BDプレイヤーやBDレコーダで字幕移動機能などが搭載されるまで、我慢ですね。
BDソフトはなんとか出来るでしょうが、WOWOW放送は放送局が字幕位置を変更しないとだめでしょうね。
本件、字幕のフォントサイズも考慮する必要があるのでBDソフト、プレイヤー開発メーカさんはどちらが音頭とるのか判りませんが、是非対策して頂きたいですね。

以下は調整作業をしていた時の映像です。手前の明るいぼけた映像はSONY X-EL1です。
アスペクト比の確認用に利用しました。
この時のDVD-A1UDの設定は、Dualモードとし、2面出力で確認をとっています。


シネスコ導入へ少しでも興味を持って頂ければ幸いです。
それでは。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. 確か 今月号の Hi-Viに この話題が載っていましたよね。  

    ガッツさんは 湾曲したスクリーンも使われているのですか?  誌によると 湾曲スクリーンがイイみたいで・・・  

    調整の行き届いた 映像を見てみたいものですね (^_-)-☆  しかし このスクリーンは 固定しか出来ないとの事なので 実際の導入には 難しい面が多くありますね。  (-_-メ)


     ところで・・・   グラディエーターのBD盤の発売は無いのかな?  映像も 音声も 濃い~~ィ 作品だから 是非BD盤の製品化を・・・。

    byアコスの住人 at2009-06-22 19:25

  2. アコスの住人さん、こんばんわ。

    残念ながら、フラットスクリーンを利用しています。
    カーブドは導入したいですが、収納の問題があり難しいです。

    カーブドの導入は現時点、収納の問題がクリアできるアイデアがメーカーや代理店などから出てこないと、皆さん「無理」の一言で終わってしまうでしょうね。

    BD版「グラディエーター」は、私も待っています。
    同じぐらい待っている作品として「恋をしたシェイクスピア」がありますね。

    Hiviではシネスコ特集が組まれていますね。
    このような企画がシリーズ化してくれると良いですね。

    byガッツ at2009-06-22 21:00

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする