ガッツ
ガッツ
2000年頃から、この道に入っていました。 プロジェクター遍歴は、こんな感じです。 SONY  VPL-VW10HT SHARP XV-Z9000 VICTOR DLA-HD100 VICT…

マイルーム

ガッツシアター
ガッツシアター
オーディオ・シアター兼用ルーム / スクリーン~100型 / ~5.1ch
ガッツシアター(カーブドスクリーン編) ・4K HDR映像校正環境の構築完了 ・4K HDR環境の構築完了 ★★特徴★★ シネマスコープカーブドスクリーン+アナモーフィックレンズ(業務…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

お気に入り製品

日記

カーブド視聴記(SONY 新型PJイベントなど)

このエントリーをはてなブックマークに追加
2011年07月17日

3連休ですね。中には4連休などの方もいるのかな。
今晩は、夜中に女子サッカーW杯決勝がありますね。
なでしこジャパンには是非優勝してもらいたいですね!!

■SONY新型PJ「VPL-HW30ES」イベント
本日、アバック横浜店にてSONYの新型PJ「VPL-HW30ES」を観てきました。
JVCのDLA-X3との比較視聴でしたが、新型は後発機ということもあり、クロストークなども
目立たず、安定した映像を出画していました。
本体側面に端子類があり、PJの設置の際に距離を多少なりとも稼げそうでした。
ESが機種名に付くのですが、トリガー端子はこの価格帯のものには付けていないようです。
また、Vストレッチ機能相当のものも機能としては存在しません。
PJのレンズ調整などは、リモコンからは操作できず、本体での操作となります。
肝心の画ですが、DLA-X3と比較しても引けをとりませんでした。
3Dに関しては、視差レベルを調節できるようですので、ユーザの好みによる設定が可能です。
この辺、DLA-X3にはない機能ですね。
個人的な感想ですが、アバター3D版を再生したとき、30ESは視差設定レベルのせいなのか、
3D感が少なかったですね。
その分、X3と比較すると2Dっぽい映像に観え、目の疲れは幾分少なかったです。
こちらは、視差設定レベルを変えることで、3D感が増すものと思われます。
さて、既発売の90ESは暗い3D映像だったので、どれくらい改善されたのかという観点で、
観てみたのですが、これなら問題ないレベルといえそうです。

イベントから自宅に戻った後、DLA-X7でアバター3D版を再生しましたが、
まだまだ、明るさ、発色ともまだX7が上という感想です。

さて視聴記ですが、今回は日本での発売はまだ先の3D作品になります。
1つは、まだ劇場未公開作品です。

■ビスタサイズ作品
↑「塔の上のラプンツェル}より(その1)
↑「塔の上のラプンツェル」より(その2)
↑「塔の上のラプンツェル」より(その3)
↑「塔の上のラプンツェル」より(その4)

この作品の3D映像は良く出来ています。
また、ディズニーの安定した映像美は今回も健在です。
お勧めします。

↑「サンクタム」より(その1)
↑「サンクタム」より(その2)
↑「サンクタム」より(その3)
↑「サンクタム」より(その4)
↑「サンクタム」より(その5)
アバターのジェームズ・キャメロン監督のプロデュース作品です。
洞窟内で起きる様々なことがショッキングです。
3D的には、オオゥという演出は記憶に残っておりませんが、
作品自体がスリリングであるため、最後まで見入ってしまいました。

■他
グリーン・ホーネットを観ました。
こちらは途中眠気が・・・。
一応最後まで見ましたが、カトーのアクションシーンがな~。

ではでは。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. ガッツさんこんばんは。

    カーブドスクリーン化に向けて準備をしているのですが、
    シュナイダーのアナモフィックレンズについて少し教えて頂けないでしょうかm(__)m

    レンズのマニュアルフォーカスリングは調整の際に使用しますか?
    (FAR-NEARと書いてあるところです)
    購入したのですが、簡単に試してみたところリングを回しても映像のフォーカスに変化が感じられないのです。
    これはおかしいのでしょうか?

    リング自体はどちら側へも360°以上グルグル回せるのは問題ないですよね?
    途中少し抵抗があり硬めになったりするのが少し不安ですが。

    個人輸入で購入したのでどのような状態が正常な状態なのか分からずにいます。

    ガッツさんは所有されているのでもし迷惑でなければ教えていただけないでしょうか。

    by桜吹雪 at2011-08-03 00:49

  2. 桜吹雪さんへ

    まずは、シュナイダー御購入おめでとうございます!!
    さて、ご質問の件ですが、
    マニュアルフォーカスリングは調整の際に、使用します。
    フォーカスの変化は大きくないため、最終的な追い込み(微調整)での利用ですね。


    スクリーン中央位置にPJレンズ中央が来るように配置完了したら、
    アナモフィックレンズの調整に入ります。
    アナモフィックレンズの調整に入る前の注意点は、
    PJのレンズシフトを使用しない事です。
    少なくとも、左右のシフトは使わない方が良いです。
    上下は、多少は仕方ないですかね。
    極力レンズシフトは使用しないように心がけて配置すれば、
    きりりっと、締まった映像が出力されます。
    実は、これが一番重要だったりします。

    この時点で16:9サイズの映像を映し出し、PJの拡大縮小、フォーカス機能を利用して16:9サイズの映像の調整を済ませます。


    アナモフィックレンズの調整は、
    二人一組で作業するとスクリーン近くで確認ができるため楽なのですが、
    一人で作業される場合は、スクリーンとプロジェクター間を往復することになりますね。
    私はいつも、後者です。(笑)
    アナモフィックレンズの配置は、PJのレンズ中央と重なるように
    上手く配置する必要があります。
    実際に映像(格子状のものなど)を映し出し、カーブドスクリーン枠に上手く入るようにPJのレンズ拡大縮小機能を利用して調整します。
    この際、スクリーンに一発で収まるようならPJのレンズシフトがされていない工場出荷時の状態である可能性があります。
    この場合は、シフト量を計算して、中央位置を見つけるしかありません。
    この辺は、メーカによっては、レンズシフトを工場出荷時状態に戻せる裏技があるかもしれません。

    16:9の映像を出力し、スクリーン枠から映像端までの距離を左右均等になるように調整する作業が入ります。
    均等になったところで、再度アナモフィックレンズを被せ、調整という流れです。
    結構、映像がスクリーン中央に映るようになるまでの微調整には時間がかかりますよ。
    16:9の映像と2.35:1の映像の調整が納得いくまで、初めのうちは何時間も掛かりましたから。

    今後のレビューを期待しています。

    byガッツ at2011-08-03 19:44

  3. ガッツさんこんばんは。

    いつもお世話になります。
    早速の返答ありがとうございました。

    マニュアルフォーカスリングを大きく回してスクリーン側と往復しましたところ、微妙に変化があることが確認できました。
    初めは、もっと大きな変化があるものだと勝手に思い込んでいたので不良ではないかと心配しましたが安心しました。

    プチリフォームで部屋の内装とカーブドスクリーンを設置の予定なのですが、まだ詳細や依頼する場所を決めかねているので完成はまだ先になるかもしれません(汗)

    少し仮設置してテストしただけでも、調整が大変そうだと感じましたのでガッツさんの実際の調整過程のように、納得できるまで追い込めるかは自信がありません(苦笑)
    レンズシフトを使っていない状態に戻す方法・・そのような問題もあったんですね。
    う~ん、いろいろと難しそうですが頑張りたいと思います。

    レビューできるよう早く完成させたいです。

    by桜吹雪 at2011-08-03 21:02

  4. 桜吹雪さん、どもです。

    お使いのPJは、どこの物でしょうか。
    ちなみにJVCのDLA-X7のメンテナンスモードを確認すると、レンズシフトをデフォルト状態に戻せるのではないかと思わせる項目がありますね。
    これがデフォルト状態にレンズシフト値を戻せる機能なら、アナモフィックレンズ使いの人にとってはうれしい機能ですが。
    メーカに問い合わせてみると詳細がわかるかもです。
    でもマニュアルにも載せない保守用の非公式機能でしょうから、
    教えてくれないかもです。

    まー、調整も数をこなせば、コツをつかんでくるので、1回あたりの時間もだんだん短くなってきますよ。
    良い画が出てきたときには、感慨深いものがありますよ。

    そういえば、今度の土曜日は横浜のアバックで、SHARPの新型PJが初お目見えしますね。
    友人を誘って観に行ってこようと思います。
    PANASONICも新型PJを海外向けに発表したようですし、今年は3D対応PJの話題が増えそうですね。

    私としては、短焦点レンズで、シネスコ対応スクリーンを意識したPJが出るのなら、興味があります。
    PANASONICの新型3DフルHD対応PJは海外で9月に発売されますが、実売が20万円くらいかもしれませんね。
    日本で実際に見てみたいですね。

    ではでは。

    byガッツ at2011-08-03 21:57

  5. ガッツさん、いろいろとチェックされていますね。

    今はビクターのPJを使用しています。
    HD350なので、余裕ができたらX7などにリニューアルしたいです。

    シフトの件ありがとうございます。
    早速メンテナンスモードだと思われる機能を出してみたのですが
    レンズポジションリセットというのを使ってもシフト位置は変わりませんでした。
    試しにかなりシフトさせてから使ってみても何も変わらず、用途がよくわかりません。

    オールリセットというのも試してみましたが、シフト位置は変わらず。

    自力でどうにかするしかなさそうですね(汗)

    シャープのXV-Z17000は、気になっているのですが
    シュナイダーの通常サイズのレンズを前提に考えると
    投写距離(テレ端が短いので)があまり長く取れないので難しそうなんです。
    ビクターのように2倍近いズームレンズだといいのですが。

    クロストークなど全く気にならずに3Dに向いていると言われるDLPには期待しちゃいますよね。

    by桜吹雪 at2011-08-04 22:57

  6. 桜吹雪さん、こんばんわ。

    なるほど、レンズポジションリセットは、意味不明な機能だったわけですね。
    これらのメンテナンス機能はどのような用途で使うのでしょうね。
    JVCさん、教えてくれないかな。

    SHARPのPJは3Dに関しては、気になりますね。
    明日、見てきますね。
    あ、もう今日ですね。

    ではでは。

    byガッツ at2011-08-06 02:44

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする