ガッツ
ガッツ
2000年頃から、この道に入っていました。 プロジェクター遍歴は、こんな感じです。 SONY  VPL-VW10HT SHARP XV-Z9000 VICTOR DLA-HD100 VICT…

マイルーム

ガッツシアター
ガッツシアター
オーディオ・シアター兼用ルーム / スクリーン~100型 / ~5.1ch
ガッツシアター(カーブドスクリーン編) ・4K HDR映像校正環境の構築完了 ・4K HDR環境の構築完了 ★★特徴★★ シネマスコープカーブドスクリーン+アナモーフィックレンズ(業務…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

お気に入り製品

日記

カーブド視聴記(4Kシアター)4K2K対応レコーダー/プレイヤー

このエントリーをはてなブックマークに追加
2012年09月21日

SONY、OPPO社から4K2Kアップスケールに対応したレコーダ、プレイヤーが発表されましたね。

■最新4K2Kアップスケーラの実力とやらを魅せてもらおうか!!
 4K解像度の出力可能なTVやSONYのVPL-VW1000ESユーザの方は、TVやプロジェクター本体の4K2Kアップスケールの能力と比べてどうなのか、気になりますよね。

私的な観点で気にしているのは、以下になります。
・4K2Kアップスケール性能は、TVやVPL-VW1000ES単体の4K2Kアップスケーラに比べて勝るのか
・Vストレッチは搭載しているのか(OPPOは現行機で搭載しているが、4K2K出力時にも機能するかは未知数)
・字幕は移動できるの(OPPOは現行機でクリアしています)
・OPPO機の背面HDMI入力は、PCなどからの1080p、1080/24p出力を入力できるのか(PCデスクトップの4K出力など)

■CalMAN v5の新機能「3D Color Cube」

↑CalMAN v5の新ワークフロー

 これは、CMS観点で威力を発揮しそうな新機能です。
Satulation測定の結果、各計測点でエラーが出ていると、色度図の計測ポイントマーク「□」からずれた箇所に「●」がポイントされているはずです。
これは何を意味するのかというと、本来の正しい色が出力できていないことになります。
CalMAN v4までだと、100%レベルのRGBCMYの正確さのみが確認できておりましたが、途中の色飽和レベルは確認できておりませんでした。
(ColorHCFRは出来ていましたが、参照レベルのみ可能で、改善には繋がらない)
今回、v5よりこの点について改善を可能とするI/Fが追加されたわけです。
ですが、現状この機能を取り込むためには、プロセッサが必要になります。
ハードキャリブレーションに対応したプロジェクターやTV側で取込済みならば外部のプロセッサに頼る必要はありませんが、3D-LUT技術を取り込んでいるモニターは一部ハイエンドのもので確認がとれているレベルです。
今後のCMS観点に新たな一石が投じられました。
国内各社の対応が気になりますね。

■視聴記
↑「キリング・ショット」より(その1)
↑「キリング・ショット」より(その2)
↑「キリング・ショット」より(その3)
この作品でブルースはギャングの親分の役なわけですが、今回の作品では彼が前面に出てくるわけではありません。
時間がいったり来たりする造りになっており、反芻している感じですね。
多分、作品にかけた予算の大半が役者の出演料でしょうね。
あまり、これといった点はありませんでした。


↑「DTS & Hivi High Quality DEMO BD」より(アメージング・スパイダーマン)(その1)
↑「DTS & Hivi High Quality DEMO BD」より(アメージング・スパイダーマン)(その2)
↑「DTS & Hivi High Quality DEMO BD」より(アメージング・スパイダーマン)(その3)
↑「DTS & Hivi High Quality DEMO BD」より(アメージング・スパイダーマン)(その4)
↑「DTS & Hivi High Quality DEMO BD」より(タイタニック)(その1)
↑「DTS & Hivi High Quality DEMO BD」より(タイタニック)(その2)

他紙になりますが、Hiviの今月号に付いていたDEMOディスクです。
やはり、DEMOディスクは今の時代、BDでないとです・・・
注目の最新作のトレーラーが確認可能です。
でも、ビットレートは控えめなのでしょう。
字幕文字の荒さで判ります。
アメージング・スパイダーマンは楽しみですね。
タイタニックは、未購入ですが、気になる1本ではあります。

■最後に
アラビアのロレンスのリリースが発表されましたね。
特別限定版の値段にはびっくりです!!
特典Disc3は気になる内容ですが、値段がありえないぐらい高いです。
価格設定、合っていますか?と問いただしたくなる。

ではでは。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. ねこさん、どもです。

    なるほど。
    海外モデルのBDP-S790と同等レベルだとしたら・・・
    今回のSONY機はBDP-S790とは、かなりお値段も違いますし、良いものを積んできていると思うんですよね。
    どうなんだろう。
    イベントなどで実際にVPL-VW1000ESと接続した映像を観てみないと判断できないですね。
    OPPO機の4KアップスケーリングとSONY機のそれを比較できるイベントに参加してみたいですね。

    ではでは。

    byガッツ at2012-09-21 23:25

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする