ガッツ
ガッツ
2000年頃から、この道に入っていました。 プロジェクター遍歴は、こんな感じです。 SONY  VPL-VW10HT SHARP XV-Z9000 VICTOR DLA-HD100 VICT…

マイルーム

ガッツシアター
ガッツシアター
オーディオ・シアター兼用ルーム / スクリーン~100型 / ~5.1ch
ガッツシアター(カーブドスクリーン編) ・4K HDR映像校正環境の構築完了 ・4K HDR環境の構築完了 ★★特徴★★ シネマスコープカーブドスクリーン+アナモーフィックレンズ(業務…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入り製品

日記

カーブド視聴記(4Kシアター)映像調整(ColorCube)後視聴

このエントリーをはてなブックマークに追加
2012年12月29日

引き続き、「Multi-Point CMS Calibration - Color Cubes 」の効用についてちょっとだけ。

■SpectraCal ColorBox
ColorBoxでグレースケール調整(16ポイント)、3D-LUTを使ったCMSを実施します。
グレースケール調整は、0~100までの10pt刻みではないのもミソです。
0~109までのptで小数点ありです。
ColorBoxと組合わせる映像調整ソースとしては、VideoForgeやLumagen Radianceシリーズが対応しています。
残念ながらiScanDuoは対応しておりませんでした。
ただ、先の日記に記したように、16-235のビデオ信号を定着させるためにiScanDuoは必要でした。
これがないとまず、無理でしょ。(ColorBox単体では16-235信号のBTB、WTWを制御できないなんて購入時Webサイトに書いてなかったぞと。)

※掲載画像は圧縮が掛かっていますのでその点を考慮の上、ご確認下さい。


↑グレースケール調整後の確認画面(BTB、WTWを確認します)
また、不要な色が載っていないことを確認します。


↑階調表現等を確認します。
階調再現性がリニアでないと上下のカラーバーの表示がおかしく見えます。

テストソースとしてSuperHiviCastやDVE HD BASICSが最適です。
HiviCastの場合、白地の服を着たお姉ちゃんと黒地の服を着たお姉ちゃんのチェックは忘れずに!!

DVE HD BASICS収録のデモンストレーション映像はDynamic Rangeの確認に最適です。
輝度の高い部分(例えば、光の当たっている肩の部分)などがギラついていたり、照明があたったお皿のピークホワイト部分などが確認すべき箇所でしょうね。
また、ColorChekckerが映像に表示されているものがあります。
この映像でお姉ちゃんを見惚れましょう!!(爆)

■視聴
テストソースとしてAVENGERS、DARKNIGHT RISEを用いています。
どちらも暗部階調表現的に厳しいソフトです。

↑「AVENGERS」より(その1)
↑「AVENGERS」より(その2)
↑「AVENGERS」より(その3)

暗がりのシーン3連発!!
確認すべき点としては、暗部の引き込み具合、暗部の色の階調が出ているかという点です。
その1の映像は軍人の制服の色味、顔左側の暗部表現が確認ポイントです。
その2の映像はちびっ子が街中を疾走しているシーンですが、こちらもちびっ子の表情を捉えることができるか、なかなか難しいシーンだと思います。
その3の映像はとにかく、赤の階調表現、暗がりでの衣類、建具などが確認できるかという点です。
黒つぶれしていると見えるものが見えません。

同様に、DARKNIGHT RISEより光と闇のコントラスト演出。
↑「DARKNIGHT RISE」より(その1)
↑「DARKNIGHT RISE」より(その2)
↑「DARKNIGHT RISE」より(その3)

こちらも観点としては同じです。

暗いシーンばかりで疲れましたよね。
おまけ
↑「AVENGERS」より(その4)
↑「DARKNIGHT RISE」より(その4)

■最後に
ひさびさの日記更新、疲れました。
もう、VW1000ESのランプも輝度が落ちてきています。
48cd/㎡で見ていた頃が懐かしいです。
SONY独特の白ピーク表現はランプ出力があってのものです。
今回測定・校正時に思い知らされました。
今はかなり、暗い映像を見ていることになります。

明日は、待ちに待ったお楽しみ行事に行ってきます。(ワクワク)

ではでは。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. 我が家のVW1000ESも輝度は結構落ちてきました。ところで最近ニモ3Dを買ったのですが、これに3Dのクロストークを如実にさらけ出すソースがあってなかなか興味深かったです。それぞれ片目だけの映像が出力され、反対側で見えるのがクロストークという問答無用の厳しいソース。必見です。

    by元住ブレーメン at2012-12-31 21:33

  2. 元住ブレーメンさん、あけましておめでとうございます。
    本年も、よろしくお願いいたします。

    ニモ3Dにそんなソースが入っているのですね。
    ちなみにどのシーンにでしょうか。
    興味深いですね。

    ではでは。

    byガッツ at2013-01-01 03:04

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする