ガッツ
ガッツ
2000年頃から、この道に入っていました。 プロジェクター遍歴は、こんな感じです。 SONY  VPL-VW10HT SHARP XV-Z9000 VICTOR DLA-HD100 VICT…

マイルーム

ガッツシアター
ガッツシアター
オーディオ・シアター兼用ルーム / スクリーン~100型 / ~5.1ch
ガッツシアター(カーブドスクリーン編) ・4K HDR映像校正環境の構築完了 ・4K HDR環境の構築完了 ★★特徴★★ シネマスコープカーブドスクリーン+アナモーフィックレンズ(業務…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

お気に入り製品

日記

カーブド視聴記(4Kシアター)3D-LUT校正後の視聴 再撮影その3

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013年01月15日

再撮影の第3弾になります。

↑「プロメテウス」より(その1)
↑「プロメテウス」より(その2)
↑「プロメテウス」より(その3)
↑「プロメテウス」より(その4)
↑「プロメテウス」より(その5)
↑「プロメテウス」より(その6)

エンジニアの顔(その2の映像)も輝度が確保できてこそ、高域情報(Cyan成分)が表現できるという1例になります。
その4の映像はGray Scale確認用に良いかもしれませんね。

ではでは。

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする