ガッツ
ガッツ
2000年頃から、この道に入っていました。 プロジェクター遍歴は、こんな感じです。 SONY  VPL-VW10HT SHARP XV-Z9000 VICTOR DLA-HD100 VICT…

マイルーム

ガッツシアター
ガッツシアター
オーディオ・シアター兼用ルーム / スクリーン~100型 / ~5.1ch
ガッツシアター(カーブドスクリーン編) ・4K HDR映像校正環境の構築完了 ・4K HDR環境の構築完了 ★★特徴★★ シネマスコープカーブドスクリーン+アナモーフィックレンズ(業務…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

お気に入り製品

日記

カーブド視聴記(4Kシアター) 楽園追放 他

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年12月31日

皆さん、どうもご無沙汰しています。

2014年も4K関連の動きは、鈍かったですね。
やはり、ネイティブ4Kのパッケージコンテンツが登場しないと、盛り上がらないです。
皆様、色んな感想をお持ちでしょうね。

■「楽園追放」視聴記
今、話題の「楽園追放」を観ました。
全編3D-CGから起こした映像なんですよね。
3D-CGを用いた作品は、過去にも色んな作品が存在しておりましたが、
たいていの作品は止め絵であるべきシーンが妙に動いていたりして気持ち悪いものが多かったです。
ですが、この作品は心配無用です。
落ち着いて演出を楽しむことができます。
バトルシーンはとにかくよく動きますし、観ていて気持ちいいです。
未見の方は、どうぞ。

↑楽園追放より(その1)
↑楽園追放より(その2)
↑楽園追放より(その3)
↑楽園追放より(その4)
↑楽園追放より(その5)
↑楽園追放より(その6)

■他作品視聴感想
1.
テルマエロマエ2
こちらは、AVレビュー12月号に記載の通り、MGVC収録作品になります。
視聴時の注意として以下の設定を事前にしておく必要があります。

色温度:9300kb
カラースペース:HD Rec.709

上記設定で見た場合、ディレクターズ・インテンションを正しく伝えてくれるはずです。

通常のBDソフトで採用されている色温度D65で視聴した場合、黄色よりの発色になってしまいますのでご注意ください。

2.
かぐや姫の物語
こちらもMGVC収録作品になります。
お話は皆さん、ご存知のお話になります。
映像技術は凄いのですが、如何せん盛り上がりが・・・

3.
宇宙戦艦ヤマト2199 追憶の航海
追加の映像もありますが、やはり総集編映画なんですよね。
やはり、新作劇場作品の方を観るべきですね。

4.
トライセンデンス
販売版の場合、MGVC収録なんですね。
レンタル版で視聴したら、MGVCでないことに気づきました。
しかも全編、黒つぶれ気味のコントラスト重視の収録なんです。
劇場公開時や、販売版BDはそんなこと無いのでしょうか、作品よりもそんなことが気になりました。

5.
マレフィセント
こちらの作品、秀逸です。
黒レベルの確認には最適ですよ。
映像が非常に奇麗で観ていて楽しくなりますね。
作品自体もオリジナルとは異なる展開なんです。
最後まで楽しめました。
HD Rec.709の色域でこれだけ奇麗なのですから、劇場公開時のDCI色域であればもっと素晴らしいのでしょうね。
4KBDで色域としてDCIが採用されたタイトルとして発売された場合、見直してみたい作品です。


■映像評価用お勧めBDタイトル
・宮崎駿監督作品集(全タイトルMGVC仕様)
・AVENGERS
・Spears & Munsil HD Benchmark 2nd Edition

アニメ作品が入っていますが、これが馬鹿にできません。
アニメ作品は映像信号の良し悪しを判断するための厳しい条件が多いからです。
とりわけ、「千と千尋の神隠し」「魔女の宅急便」は良いです。
階調表現を確認するのにはもってこいですよ。
HD Benchmarkは信号レベルで確認するのにはもってこいです。


■2014年の4Kディスプレイ
4Kディスプレイ市場に、各社の製品が出揃いましたね。
今月号のAVレビュー誌、大変参考になりました。
鴻池さんをはじめ、関係者の皆様、お疲れ様でした。
秋山さんのディレクターズ・インテンションを伝えることができるTVが存在するのかという記事、大変興深いものがあります。
まだ、未見の方は要チェックですよ。

毎回、レビュー企画の度に思うのですが、
各社のTVにリファレンス相当のプリセットが欲しいですね。
シネマモードの場合、各社の脚色が入るため、一定の基準での評価がしづらいですよね。
メーカープリセットとして、リファレンスモードを搭載し、白色点、グレースケール、CMSなどの調整軸があれば基準からの乖離レベル(出荷時状態、較正後)や調整のしやすさが見えるのですがね。
その辺の情報も評価軸として存在すると更に良いですね。

■CalMAN
CalMAN 5.40b 1833がリリースされています。
Cube Calibrationのモードに短時間で較正を完了する「Light」モードが5.40以降に追加されました。
こちらのモードは、今まで1時間30分ぐらい掛かっていたCube Calibration作業を5分ほどで終了する簡易較正機能を実装しております。
これは便利ですね。

3D-LUT対応映像プロセッサやEIZOのColorEdgeシリーズをお使いの方であればCube Calibrationがどれだけ有益であるかはご存知かと思います。
日本でどれだけの方がお使いになっているかはわかりませんが、興味をお持ちの方は是非ググッてみてください。
お使いのディスプレイやプロジェクターなどの映像出力装置をリファレンス機器としてご利用したい場合には、「3D-LUT」というキーワードが決め手となります。

注意点:
バージョンが5.40に上がってからですが、黒レベルの校正結果に色乗りが生じる問題が発生しております。
これを避けるためには、問題が解決するまでの間、5.36b 1622のバージョンで作業を行う必要があります。(SpectraCalのForums)

ガンマ2.2レベルで較正した場合の黒レベル0~5%の違いを確認してみてください。
一定のRGBバランスであれば問題ありませんが、黒側の階調表現で色乗り、若しくは黒つぶれが発生していると立体表現に影響があります。
較正作業を行う場合はご注意ください。

■2015年の4K市場
1.
リファレンス基準の見直し・改善!!
今年登場したレーザー光源を採用したプロジェクターがSonyやOptmaから発売されましたね。
プロジェクターもランプ光源からレーザー光源へシフトしていくのが宿命。
これにより広色域が実現するでしょうし、ピュアな色表現がはじめて可能になります。
4Kモデルでレーザー光源を採用、BT.2020の色域をカバー、階調表現可能なビット深度は12bit、3D-LUTを搭載してきたら市場に与える影響は大きいでしょうね。
しかもisfcccに対応してきたら興味津々ですよ。

2.
4K映像関連機器の充実
4KBDのリファレンス規格に沿った製品をなるべくリーズナブルな価格で提供して欲しいですね。
4K解像度でRGB444 10bit、12bitの階調情報に対応した製品の発表を楽しみに待ちたいです。

それでは皆さん、良いお年を。

ではでは。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. 最近ここのDemographyは比較的狭い部屋でアナログを聴く中高年が多いようで、4Kなど新しいメディアの話題は盛り上がりませんね。

    昨年は4K試験放送を我が家に導入しました。コンテンツの絶対数はまだまだ少ないですが、4Kの可能性を感じさせてくれる番組もあり、期待しています。アップグレードしたVW1000ESでx.v.colorをオンにし、DCIカラースペースを選んでこの放送を見ると、これまでみたことのないような蛍光のピンクや黄色が見られます(サッカー日本代表の青いユニフォームのピンクのラインが鮮やかなこと!)。もうすぐ光TVやアクトビラで4K VODも始まるので、それが流れを加速するのではないでしょうか。4K BDもCESで展示されました。

    とはいえ、SD->HDはアナデジ転換という意味合いもあったのに比べると、HD->4Kはなかなか需要主導とはいかないでしょう。はっきり言うと大画面を所有するマニアだけのもの(普及率5%以下)という可能性も大だと思っています。今後はメディアの熟成を待つのではなく、欲しいと思えるものが出た時にすかさず買うのが肝要と思っています。現在はレーザー光源の三菱の4Kテレビが気になっています。

    by元住ブレーメン at2015-01-13 21:17

  2. 元住ブレーメンさん、どもです。
    今年もよろしくお願いします。

    三菱の4K対応TV、レーザー使っているだけあり、赤色はピュアな表現が可能ですね。
    RGB全てがレーザー対応という製品がいつ頃出てくるか楽しみです。
    BT.2020の色域を表現出来るのは、レーザーでしょうから、各社の取組みに注目したいと思います。

    また、HDRや、superMHLというキーワードも出て来ましたね。
    HDMIは規格策定に時間がかかり過ぎましたので、今後の動向が気になります。

    ではでは。

    byガッツ at2015-01-14 09:32

  3. 今年もよろしくお願いします。

    「楽園追放」良い作品でしたね!!

    三菱の4Kテレビ僕も気になってなすねww

    今後の動向を見守って行きたいですねw

    ではでは。。

    byなんかい at2015-01-22 12:38

  4. なんかいさん、どもです。

    今年のCES、色々と発表がありましたね。
    レーザーを使用した物が、今後主流になっていくのかもしれませんね。
    標準でMGVCの様な色に注力した映像ソフトが発売されることを期待しております。

    ではでは。

    byガッツ at2015-01-22 20:36

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする