ガッツ
ガッツ
2000年頃から、この道に入っていました。 プロジェクター遍歴は、こんな感じです。 SONY  VPL-VW10HT SHARP XV-Z9000 VICTOR DLA-HD100 VICT…

マイルーム

ガッツシアター
ガッツシアター
オーディオ・シアター兼用ルーム / スクリーン~100型 / ~5.1ch
ガッツシアター(カーブドスクリーン編) ・4K HDR映像校正環境の構築完了 ・4K HDR環境の構築完了 ★★特徴★★ シネマスコープカーブドスクリーン+アナモーフィックレンズ(業務…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

お気に入り製品

日記

UHD BD視聴記 「君の名は。」他

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年01月08日

皆さん、新年おめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

■UHD BD版「君の名は。」視聴
地上波でもようやく放送されたようですね。
UHD版を久々に再生したくなり、DLA-Z1で改めて視聴しました。
改めて感じたのですが、新海監督作品は光の演出が絶妙ですよね。
背景美術、小物類の類まで作り込みに妥協しない感じが伝わってきます。

作品自体は、HD、BT.709のSDRで作成されていますので、基本的にBD版がディレクターズ・インテンションに忠実です。
ただ、円盤化にあたり、HDR効果を付与した物をUHD版としてリリースした訳です。
さて、出来はどうだったのかというと、
HDR処理の挿入具合が絶妙なさじ加減で、感情に訴えかけてくる映像に昇華しております。
お値段の方もかなりの高額設定なわけですが、買って正解のタイトルでした。

細かいことは抜きにして作品が終わった後に清々しい気分になれる映画は良いですね。
ルパン三世カリオストロの城然りで、長くお付き合いしていくタイトルの1本になりそうです。

「君の名は。」より その1
「君の名は。」より その2
「君の名は。」より その3
「君の名は。」より その4
「君の名は。」より その5
「君の名は。」より その6

HDR効果を撮影できるDレンジの高い一眼レフとかあるのでしょうか、
気になります。
またそのような撮影が可能だった場合、画像ファイルの形式も気になりますね。

■LG 2018モデル OLED TV(α9プロセッサ搭載モデル)
LUTのサイズが17^3から、32^3に増えたようですね。
これで色精度がかなり向上するはずです。
HDR10+には対応しないのかな。
CalMANのオートキャリブレーションに対応してくるのか気になるところです。
また、国内モデルもこのパネルを採用した機種を出してくるでしょうから、
プロセッサ部分を各社独自で用意する場合、以前に増して期待できそうです。

そういえばPanasonicはHDR10+対応をうたっていますが、DVには対応しないのでしょうかね。
2018年モデルのUHD BDプレイヤーはDVにも対応するとか・・・。

ではでは。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. パナの新型でアナウンスが出ました、

    「UB820はDolby Visionにも対応する」

    他はしないみたいですね、、HDR10+優先みたいです

    byねこ@2 at2018-01-09 20:24

  2. ねこさん、どもです。

    パナのDV対応プレイヤーUB820良いですね。
    プロジェクターにつないで使ってみたい機能を持っていますね。
    国内だとDMR-UBZ2?とかの後に出すのか、気になりますね。

    ■トーンの動的調整など
    DLA-Z1がLGやPanaのOLED TVのように動的メタデータに対応したり、HDR10ソフトでも動的輝度レンジ変更、LUT参照先変更に対応してくると俄然楽しみなのですが。
    プロジェクター各社の動的輝度レンジ対応とかが気になります。

    既存HDR10ソフトは全てのタイトルにMAX CLL MAX FALLが入っているわけではありません。ある程度のヒントになるのでしょうが、結局は解析が何かしらのタイミングで必要ですので、各社の腕の見せ所ですよね。

    ■3D-LUT AutoCal対応モデル
    あとは、LG 2018年モデルOLEDがとうとうCalMANのAutoCalに対応してきました。
    それも3D-LUT(33^3)で、直接いじれるというじゃないですか。
    これは今回のPana発表ネタよりも大きなインパクトがありました。
    まー、プローブ等専用機材等が無いと触れないわけですがね。
    実際の映像精度が良ければ玄人向けとして評判になりそうです。
    ただ、注意点としてLUTを直接いじれるという事は何らかのエラーでLUTを壊せるという事です。
    TV側でLUTスロット毎に工場出荷時状態に3D-LUTを戻せる仕掛けが必要です。
    まー、スロット毎に戻す、全部初期化する、といった具合に載せてくる事が想定できますが。出荷前の品質テストでは要注意ポイントでしょうね。
    こういったことが怖いのでPanaは3D-LUTを解放しないのかもしれません。
    しっかりした品質テストを行っていれば想定範囲の対応で可能でしょうからマニュアル記載レベルの対応で済むはずなので問題なしですね。
    ただ、調整ソフト、ハードが別々な会社が作っていますのでどちらかが主導して対応頂かないとユーザが困ることになりますので、この辺のサポート体制も重要です。

    ■2018年モデル OLEDのテストに有益なソフトや信号
    個人的にはアンダーワールド ブラッドウォーズのch9ラストの空の映像等が問題なく見れるのかが判断材料として使えそうと考えています。
    あとはフルスクリーンでHDR信号のブラックレベルからの輝度レベル上昇過程でユニフォミティチェックですね。

    ではでは。

    byガッツ at2018-01-09 23:14

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする