milon
milon

マイルーム

マイルームは公開されていません

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

絶対に見るべし!ピュアSアーム対オフセットアーム

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年08月20日

絶対に見るべし!ピュアSアーム対オフセットアーム を掲載しました。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. 画像拝見しました。ストレートアームの画像は針側は振れていませんがアームの支点がフラフラしています。それから見るとピュアSアームの支点は動いていません、その差はなんなのでしょうか?大変興味ある動きですね。

    bymotocue at2018-08-20 22:06

  2. milonさんこんにちは

    動画拝見させて頂きました。
    多分2つの支点(針先とアーム付根)を結ぶ直線上にアームの重心があるか無いかで挙動が変わっていると思います。
    重心を押せば真っ直ぐ平行移動して、重心からズレたところを押せば回転する。そんなことは分かっているけれどそんなの無視出来ると思っていた。しかし実際に音を聴いてみるとこれは無視してはいけないんじゃないか、というところでしょうか。

    分かりやすい動画、中川さんお疲れ様であります。

    byテナガザル at2018-08-21 07:45

  3. motocueさん、はじめまして。
    実物のアームの支点は動く事はないので、この模型に限っての話をしたいと思います。
    ピュアストレートアームのアームの支点と針先とスピンドルシャフトの位置関係は三角形なので各部に遊びが無ければ、画像の様にレコードに相当する部分を回そうとしても全く動きませんので静止画の様に見えてしまいます。しかし、中川さんに聴くと、これは動画なのでなんとか動かそうとしている感じが欲しいので、わざとアームの支点側に相当する部分に遊びを作ったのだそうです。

    bymilon at2018-08-21 08:13

  4. milon様

    解説ありがとうございます。テナガザル様のコメント含めてやっと理解いたしました。

    bymotocue at2018-08-21 10:00

  5. おもしろおい!
    ちょっとした模擬実験ですが、ちゃんと違いが出ますね。
    アームの根元とカンチレバーの根元に回転する支点があるから、
    アームが左に曲がればカンチレバーは右に曲がる。逆に、アームが右に
    曲がればカンチレバーは左に曲がる。ピュアストレートでもオフセット
    でも同じじゃないかと思ったが、何故かピュアストレートの方が
    カンチレバーが曲がりにくい。不思議です。

    by青いコゴミ at2018-08-21 12:10

  6. 動画をよく見ると、通常のオフセットアームはレコードを回転させた
    だけでカンチレバーが左右に動いている。

    by青いコゴミ at2018-08-21 12:23

  7. テナガザルさん、青いコゴミさん、
    コメント有難うございます。
    オフセットアームのこの動作は簡単な事です。
    針先がレコードに引っ張られると針とアームの間で一本の線になろうとする力が働き、簡単に曲がるカンチレバーがアーム支点方向に向うとしているのです。しかも音溝の抵抗は大きく変化するのでフラフラ動くのです。ピュアストレートアームははじめから真直ぐですのでこの現象は起きないわけですね。オフセット付アームでアンチスケーティングを使わないで針をレコードに落とすと針が外側に曲って見えるのは真直ぐになりたいからなんです。

    bymilon at2018-08-21 19:55

  8. 私にはよく理解できません。

    ピュアストレートアームでもサイドフォースが生じるのは同じことだと、そのメリットやS字アーム等のオフセット角も持たせたアームに対する優位性を否定する意見が多く見受けられます。あくまでも理屈なのですが、どうもよくわかりません。

    フィでリックスの言いたいことは、要するに、針先先端にかかる力は、カンチレバー支点でも分力されて、針先とアーム支点を結ぶ直線と垂直方向にカンチレバー支点に力が加わるということ。これに対して、ピュアストレートアームは、針先、カンチレバー支点、アーム支点の三点が直線上に一致しているので、この力が生じないということなのでしょうか。

    確かにサイドフォース議論には、このカンチレバー支点というもうひとつの支点についての配慮が欠落していますね。

    byベルウッド at2018-08-22 16:52

  9. ベルウッドさん
    コメント有難うございます。
    サイドフォースといっていますが、内側に引っ張られるスケーティング力とこの動画のサイドフォースは別で一緒くたになっています。
    サイン波の再生なら一定していますが、音楽は針先にかかる力が大きく変化しているので、オフセット付アームだとカンチレバーの支点が一直線になろうとして内側にフラフラと振られる様に見えるという事を示しているのです。オフセット付アームはまず針に引く力がかかると延びようとするのが優先となり、それから音が発電されますから、音の立ち上がり、鮮明さはピュアストとは聴いて明らかな差があります。

    bymilon at2018-08-22 21:12

  10. milionさん

    呼び名はともかく、針先に接線方向に生ずる摩擦抵抗の反力とアームピボットによる反力との分力により横向きの力が生ずることは事実です。このことは、オフセット付アームもピュアストレートアームも同じです。オフセット付は常に内側に働きますが、ピュアストレートアームはレコード内外周中点を境に内側外側の両方に働きます。

    おそらくフィデリックが言いたいのは、そのこととはまったく別に、針先とカンチレバー支持部とアームピボットの三点が一直線上にないと横向きの力が発生するということなのだと思います。この力は直線上に並ぶまで働くということだと思います。

    フラフラ動くのは、カンチレバーは一点固定ではなくバネ弾性を持っているからでしょう。音溝は真円ではなく不正確で、かつ、音のダイナミックスによって摩擦抵抗力が常に変動しますので、横向きの力を変動させバネによって振動したり目に見えてふらつくということなのでしょう。

    私がよくわからないのは、かといってオフセットによるサイドフォースは、このカンチレバーの曲がりには無関係と言えるのでしょうか?ということです。

    byベルウッド at2018-08-23 10:39

  11. ベルウッドさん。
    書かれている事は間違いありません。
    このサイドフォース(カートリッジから見たインサイドフォース)はアーム支点方向から斜めにした事で起こります。アーム自体がオフセットしててもカートリッジがアームの支点方向に向いていれば このカンチレバーがフラフラと動くサイドフォース現象は起こりません。

    スケーティング(レコード側から見たインサイドフォース)現象はとは全く関係ありません。

    bymilon at2018-08-23 15:01

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする