J.ハイド
J.ハイド
50代のAudioマニアです。

マイルーム

ハイドのリビングシアター
ハイドのリビングシアター
持ち家(マンション) / リビング兼用 / オーディオ・シアター兼用ルーム / 16畳~ / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
JBL→B&Wときて、またSonusに。その後、訳あってELACに衣替えしました。
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

お気に入り製品

日記

B&W800D3シリーズ試聴

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年12月27日

新B&W 800 シリーズ
今年のオーディオ界の最大の話題ですよね。

遅ればせながら某テレオンで聴いてまいりました。
1階には805。

ここは試聴するというより、外観と最低限の
音のチェックをして、結構期待できる旨を
確認して4階に。
「802ある?」という質問に頷いてくれたので
4階へ。鎮座していたのがコイツ。

あれ、結構コンパクトなんですね・・・と
聞いたら「803D3です・・・」と突っ込まれ。。
それはさておき、後列の804ともさほど存在感が
変わらないぐらいで、リビングにはちょうど良い
感じです。(値段を除く。。。)

試聴は女性ボーカルを指定して、アンプは
あえて590AX2のプリメイン。
結局おなじみのダイアナ・クラール。

1曲目と3曲目を試聴して、まずまずかな~と
思いつつ、なにか楽しくない。
ダイアナがそこに「居る」感じは信じられない
ぐらいでオーデイオ的な快感はプリメインでも
十分なのですが。。。素晴らしいスピーカーです。
ただ自分の今の求める方向とは違う事もわかりました。
たぶんジョン・バウワーズの言う
「最良のスピーカーとは、最も多くを与える
スピーカーではなく、失うものが最も少ない
スピーカー」という思想が、今の自分とは
相容れない感じなのです。
ルックスも想像より良い感じですし、たぶん
相当売れるだろうな、と思います。

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする