うるおい
うるおい
広目の部屋に引っ越したため,CRMからConsensus Audio Bogenに変更しました。ジャズ90%で聴いています。 初心者ですが、よろしくお願い致します。 【スピーカー】Cons…

マイルーム

生活空間でのオーディオ
生活空間でのオーディオ
借家(マンション) / リビング兼用 / オーディオルーム / ~14畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
引越し(居間8帖⇒居間13帖)に伴い,CRMからBogenに変更しました。 締りがありつつも,ナチュラルな音にしたいです。 【スピーカー】Consensus audio Bogen …
所有製品
  • パワーアンプ
    N MODE X-PW10
  • プリアンプ
    FANDAMENTAL LA10
  • 電源ケーブル
    CHIKUMA Pillar Ac II
  • CDプレーヤー/トランスポート
    SOULNOTE cd1.0
  • スピーカーシステム
    CONSENSUS AUDIO Bogen

レビュー/コメント

カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入り製品

日記

CRMのアンプ探し:Luxman L-507u

このエントリーをはてなブックマークに追加
2011年01月29日

Audiomachina CRMの相棒となるアンプを探しながら、相変わらずデモ機をお借りしています。
今回はわが国屈指の大手ラックスマンのL-507uです。

間違いなく良い音なのにどこか釈然としない、「結局、好きなん?どうなん?」
と自分でも突っ込みたくなる素人の悩みっぷりを笑ってあげてください。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


Luxman L-507u

Dc1.0とアンバランス接続。

皆さんご存じラックスマンの中ではハイスピード・高解像度指向と言われるL507u。
もちろんその通り。
しかし聴きなれていて同じハイスピード・高解像度指向のNmodeとの違いは当然感じる。
L-507uの方がストレートな音。音の重心もやや低い。
ただ細やかさや切れ込みがNmodeの方が上ではないだろうか。
もちろん中低域の量感はL-507u。

ハイスピード・高解像度系の音を聴きなれている私としては、L-507uはバランスが良い。
多くの部分で大きな不満がなく、日を増すごとに魅力を感じる。
値段を考慮すると、これは噂にたがわぬ逸品。

唯一気になったのは、L-507uは低域や高域がややぼやける所が残っていること。
これがラックスの良さである柔らかさ。

ぼやけるというより、仮に音の板があるとして、
その音の板の高低の両端で耳を切らないよう、少し丸めて保護してくれているようなイメージ。
トーンコントロールやセッティングなど色々と試行錯誤し、Line straightにしてある程度修正。
それでも、もっとピアノの高域が伸びきって欲しい時もあるし、
ベースの低い音はもう少しタイトであって欲しい時もある。

これまで自宅視聴した中ではTyrのようにパワーがあり、ストレートさも感じる。
ただTyrの方が特異なキャラクター(透明感や奥行き感)が強い。
寒色系のTyrに対して、L-507uはハイスピードなのにちょっと暖かい。


かなり良い音。なのに理由はよくわからないが、何か「惚れた」気持ちは湧いていない。
その理由を探りながら聴いていても「良い音だなー」と思いながら、感情が揺さぶられる感じがしない。
情感の豊かさはある。緊迫感があるわけではない。

モヤモヤ感が残る。

完全に志向性の問題だろうが、
パワーのあるアンプなら、もっと柔らかめでキメの細かい方がCRMとは相性が良いのではないか。
スピードで鳴らすなら、もっとハイスピードで繊細さやタイトさが欲しい。

CDPやDACをもう少し柔らかさのある製品にすると相性が良いかもしれない。


ソースとしてはヴォーカルを含めた色々なジャズに合う。特にサックス系は豪快さや懐の深さを感じる。
キャノンボール・アダレイ「Know What I Mean?」の後半曲を何度も聴いてしまう。
ボサノバ系ジャズにも良い感じ。
とは言うものの、クラシックが最も「合致した」感あり。


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

今回は大手の家電量販店やショップでかなり聴いたL-507uを自宅で視聴しました。
それでも自宅で聴くと圧倒的にしっかりと聴けますし、当然これまで気づかなかった部分の魅力もびしびし感じました。

この値段でこの音のレベルに大きな不満を感じる方は少ないでしょう。
いつも同じことを痛感しますが、本当に好みの問題ですね。

上記のメモを読み返しながら音楽を聴いていると、
「キャラクターが強すぎるアンプより、こんなバランスの良さを感じるものが飽きないんじゃない?」と自問自答しています。

余計にアンプ選びに悩みが生じてしまいました。
金銭的に厳しいのですが、もう次はセパを聴くしかないのかなー。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. SASさん、はじめまして。
    アドバイスありがとうございます。

    真空管はたしかに魅力です。
    行きつけのイタ飯屋がトライオードとタンノイのスターリングでして、
    いつもCDを持ち込ませてもらって「心地よいなー」と楽しんでいます。

    「購入してやる!」と気合を入れて聴いたことはないので、
    CRMと合わせて真剣に聴いてみたいです。
    最近のものはスピードや駆動力もあるらしいですしね。

    ただ真空管についてはさらに知識がないので、勉強しがてら候補を探してみます。

    またアドバイスをお願いいたします。

    byうるおい at2011-01-29 22:39

  2. はじめまして、まんばんざくろと申します。

    もう20年以上も昔ですが、当時最新鋭のラックスマンのA級インテグレードに好印象。でも結局は同社のセパレートを導入することに。やはり一段上の世界がありまして、困ったものでした。まあ気が長いのか未だに手元にありまして、結局は良い買い物になるのかもしれません。悩ましくも楽しい日々ですね。

    bymanbanzakuro at2011-01-30 01:57

  3. manbanzakuroさん,レスありがとうございます。

    今,ラックスマンのA級プリメインをお借りしていますが,結構気に入っています。全てのものには長所と短所があって,完璧なものはないので,もちろん不満点もありますが。

    たしかにセパを聴いてしまうと,ちょっと次元が違うでしょうね。ショップでは聴いていますが,自宅で聴くと明確にセパの魅力が伝わりそうで怖いです。

    諸先輩方を見習って,じっくり悩みながら楽しみたいと思っています。

    byうるおい at2011-02-01 17:00

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする