いなまる
いなまる
ポリシーに共感できるオーディオ機器、車、カメラと暮らしたいです。

マイルーム

生活空間でのオーディオ
生活空間でのオーディオ
持ち家(マンション) / リビング兼用 / その他 / ~8畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
日常生活との兼ね合い、家族との折り合いに四苦八苦です。 30年以上前、 SONY TA-1150(プリメインアンプ) PIONEER PL-1200A(ADプレーヤー) SANSUI…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

ハイエンドショウの贈り物

このエントリーをはてなブックマークに追加
2012年10月08日

今回は最終日に行ってまいりました。
事前に注目していたブランドたちは、うーん・・・・・・・語れません。新しい物事に対する感受性が明らかに低下してます。

「古い」ものだったら、ONKYOのスピーカーD-TK10のようにあらためて感心したものはあったのですが。

「古い」ついでにこちらも。




7社合同ブースで行われたイベントですが、何と、総合音楽家 和久井幸司さんと、「20世紀少年」の作者 浦沢直樹さんのライブです。

曲が進むにつれ、ああ、これは誰もが何かに怒っていた時代のフォークソングそのものだ、と感慨にふけってしまいました。もちろん、全部オリジナル曲ですけど。
「古い」物事への感受性はむしろ強まっているようで、明らかに寄る年波、歌詞にもあった、昨日より明日が短くなっている証しですね(笑)。

ということで、今年のお土産は、いつものトライかばんと、これです。




ハイエンドショウでは、いつも、出会いがあります。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. いなまるさん、はじめまして?板橋区の住人と申します。

    今回、私も土日両日足を運びました。なかなか盛況でしたね。他の方も記事でコメントされていますが、ヨシノトレーディングのオープンリールの音は圧巻でした。

    >新しい物事に対する感受性が明らかに低下してます。

    感受性が低下しているのではなく、感受性を刺激する新製品が少なくなっているのでは?メーカーもハイエンド・ハイプライスに走り勝ちで、安くてよい製品をといったポリシーを感じるメーカーが少なくなっています。ONKYOやトライオードさんはがんばっているなと思いました。

    記事ご紹介のイベントは整理券がなく入れませんでした。残念。

    勝手ながらお気に入りに登録させていただきます。今後ともよろしくお願いします。

    by板橋区の住人 at2012-10-08 12:13

  2. 板橋区の住人さん こんばんは

    ヨシノさんのブースもみっちりした音で、私には昔を感じさせる心の仲間の一人です。ただ機器は高すぎて握手もできません(笑)。

    トライオードさんのブースは久しぶりに真面目に聴きましたが、本当に勉強になります。パワー直結よりプリを挟んだ方が良い、ということを実地で教えてくれたのは、数年前のトライオードブースでした。
    今回聴いた、あの1本9万円とかいう300Bの真空管を使ったアンプでいつかパストラルを鳴らしてみたいです。

    当日は早く着いたのでイベントに参加できたのはラッキーでした。
    そういえば、今度の金曜ロードショウから、20世紀少年三部作の各90分バージョンを三週連続で放映するそうですが、原作者確認用の映像が昨日か一昨日届いたそうです。
    浦沢さんは昨日時点ではまだ見ていないとのことでしたが、ノーを出されたらやり直しでしょうか。TV局の担当者も大変ですね。

    byいなまる at2012-10-08 20:15

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする