できんボーイ
できんボーイ
長年英国製一辺倒でやってきましたが、JBL4428に出会ってからシステムを全部変えてしまいました。でも、ネットオーディオ導入以来、もう一回LINNに戻りそうな気配を残しつつ、結局デンマーク方面に向かっ…

マイルーム

思い切ってメープルにしました。
思い切ってメープルにしました。
持ち家(戸建) / リビング兼用 / オーディオ・シアター兼用ルーム / 16畳~ / 防音なし / スクリーンなし / ~5.1ch
今まではROKSANのRADIUS2とLINNのKARIK+KAIRN+KLOUTを、TARGET AUDIOの 黒い鉄製のラックに入れていましたが、見た目は真っ黒でした。 今回の入れ替えにあたり…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

オーディオ・リサイクル

このエントリーをはてなブックマークに追加
2009年08月16日

里帰りしてきました。
東名高速を使いましたが、戻ってくる時には復旧工事による通行止めを避け中央高速で。
本当に安くて驚きますが、少し前に問題になっていたCO2排出問題や、道路利用料収入減少のツケは
誰が払うのだろうか等と渋滞の中で考えてしまいました。

閑話休題。
レコードを持ってくるついでに、実家に眠っていたオーディオを持ってきてサブシステムを組みました。

まず、LINN TUKAN。※先日このコミュニティにStirlingのLS3/5a V2は凄く良いととても熱く書き込んでいたのですが、
帰省の際に、実家に忘れてあったTUKANを再利用することにしました。
これで当分「欲しい欲しい」病が癒されることを祈っています。

アンプはNAIMのNAIT2。横幅21cmの愛しいサイズは、残念ながらもう買えない(TT)

今まで使っていたRogers LS5/9+LINN CLASSIKに加え、二組のシステムをベッドサイドに組みました。

昔からモノを捨てられない性分なので、家中にいろいろなモノが溢れ、狭い家がますます狭くなっています。
文庫本やオーディオ雑誌、車やカメラのカタログ、果ては様々な空き箱まで‥中身を使い始めたら本来使わないはずの空き箱も、
異常なほど豪華で高品質のモノもあり(時計など)本当に始末に困ってしまいます。
いわんやオーディオをや、ですよね。

で、始末に負えない真空管プリアンプ(今は通信販売のみの三栄無線のキット)もこの際持ってきて、
パソコン直結でイマイチ鳴らなかったDYNAUDIOACOUSTICSのBM5Aコンパクトのお手伝いをさせることにしました。

完成形は、こんな感じ。

と言っても、プリアンプはデスク下のパソコン本体上に設置。

これで実家の方は何となく少しは片付きましたが、今の住まいは更にモノで溢れてしまいました。
でも、どのシステムも古くてもなかなか良い味を出してくれて、狭くなった部屋の片隅で地球環境とリサイクルについて考えながら
小さな幸せを聴いています。(*^_^*)

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1.  NAIT2 ( ゚Д゚)ホスィ・・・

     というのはさておいて、素晴らしいシステムが組みあがりましたね。LS5/9+CLASSIK、TUKAN+NAIT2のブリティッシュカルテットは、一体どんな音楽を奏でているのだろう......と羨ましく、見つめてしまいました。

    by黒川鍵司 at2009-08-16 09:51

  2. 早速レスいただきありがとうございます。
    10年以上も前の製品が今でも楽しく使えることに、何となく快感を覚えています。

    黒川さん、レスありがとうございました。
    CLASSIKのCDを共用として、2系統のアンプ×スピーカーを使い分けています。
    LS5/9はLINNのアンプ部分を使い鳴らしています。このサイズからはあまり想像できないような
    立派な低音が出ます。その低音をベースにステレオイメージはスピーカーの奥に広がります。
    これを聴いていると、もう他にはスピーカーはいらない様な気にさせる魔力があります。
    TUKANはCLASSIKのCDアウトからNAIT2を経由して鳴らしています。この組み合わせはLS5/9に比べ、
    とても元気がよく音が前に出てきます。小音量でしか聞けない時には、こちらの方がヌケが良く
    細部まではっきりと聞こえます。低音「感」もこの大きさからすれば秀逸です。
    NAIT2との相性はもともと良いのでしょうが、ツボにはまるととても気持ちの良い表現をしてくれます。
    このあたりの性格は、やや暗めで大人しい表現をするNAIMのセパレートアンプとは若干色付けが
    異なっているようです。依然として実家に眠るNAC72+HI-CAP+NAP140を再発掘する機会があれば
    このあたりの事情をレポートします。
    ‥思えばこのNAIT2からオーディオ沼にはまったのでした。(^_^;)

    クロ大好きさん、はじめまして。
    年代物でも現在の製品にはない良さがありますよね。コンデンサーとか交換していないので
    きっと音は劣化しているのだと思いますが、それ以上に耳の劣化の方が進んでいる感じなので、
    あまり気にならないのかも知れません。なおNAIT2のコネクターはDIN規格の5ピンのものですが、
    現在でもRCA変換ケーブルが入手可能だと最近知りました。
    (オーディオユニオン=パシフィックオーディオにて)
    もし入手されることがあっても、ケーブルの購入も本体修理もOKのようなので、ご心配なく。

    byできんボーイ at2009-08-16 20:25

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする