できんボーイ
できんボーイ
長年英国製一辺倒でやってきましたが、JBL4428に出会ってからシステムを全部変えてしまいました。でも、ネットオーディオ導入以来、もう一回LINNに戻りそうな気配を残しつつ、結局デンマーク方面に向かっ…

マイルーム

思い切ってメープルにしました。
思い切ってメープルにしました。
持ち家(戸建) / リビング兼用 / オーディオ・シアター兼用ルーム / 16畳~ / 防音なし / スクリーンなし / ~5.1ch
今まではROKSANのRADIUS2とLINNのKARIK+KAIRN+KLOUTを、TARGET AUDIOの 黒い鉄製のラックに入れていましたが、見た目は真っ黒でした。 今回の入れ替えにあたり…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

無駄遣いの虫

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年09月03日

メインシステムにLINNのMAJIK DSを導入し、そろそろ1ヶ月。朝起きて、夜帰ってきて、食事をしながら、風呂に入った後寝る前に、とにかく家にいる間、音楽に触れる時間が大幅に増えました。朝は4428でフュージョンを少し控えめに鳴らし、夜はDynaudioacousticsのBM5A-Cで女性ボーカルを聴き込む。この環境にとても満足していたのですが、DSで火が付いた無駄遣いの虫はまだ起きていて、
「書斎のシステムのDAコンバーターが満足できない」とか
「出張用に小さなスピーカーが必要だ」とか、文句を言ってくる。
そこで、仕方なくオーディオ雑誌やネットで関連機器の情報を確認していると、う~む、確かに良さそうなデジタルオーディオ機材が沢山あふれているではありませんか。ネットに釘付け状態になって物色していたところ、小ぶりでシンプルなnuforceの製品がとても気になって仕方がありませんでした。

その翌日、cube(黒)の小箱が我が家に届いたのは言うまでもありません。さらに、その翌々日、つまり先週の日曜日には、UDH100というUSB-DAC(シルバー)を書斎のシステムに導入していました。
どれも鮮度の高い、気持ちの良い音。新しいデジタルオーディオの素晴らしさに、つい毎日深夜まで聞き惚れてしまっています。特にnuforceの製品はどれも、製品そのものの凝縮感がたまらない魅力で、フェティッシュな偏愛の対象ともなりそうです。実は私も、毎晩メールをチェックしながら、NAS音源を聞き、UDH100の小さなシルバーの箱を愛でるのが楽しみになっています。(DSはどうした?)

今週末に、写真とともにその魅力をレポートします。(予定)

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする