マイルーム

マイルームは公開されていません

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最新のレス

日記

日記へのレスはありません

製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

お気に入りユーザー

お気に入りユーザーはありません

お気にいられユーザー

日記

オーデイオの新発見その2

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年04月05日

逆オルソン方式について

音の特徴は、高い音は光の様に、低い音は波の様に進む。

スピーカーの後ろの壁が鏡だったら、壁に向けた逆オルソンのスピーカーが、鏡に
こちらを向いている様に、見える。

壁が完全反射なら、反射音もスピーカーの直接音と同じとみなせる。
スピーカーの左右の開き角度は150度位、壁とスピーカーの間隔は70㎝で、
スピーカーの軸方向が部屋のコーナー部ぐらいに向く。
8畳位の部屋では、壁とリスニングポイントは、2メートル位、スピーカーと横の壁
の距離は1.5メートルはとれる。
耳に直接音が入らない方式ですが、従来のスピーカー配置より優れていると思う。
トスカニーニやフルトヴェングラーの指揮するオーケストラ録音がステレオ的に
壁の横幅いっぱいに楽器が拡がる。唖然とする迫力ある音。

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする