マイルーム

マイルームは公開されていません

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最新のレス

日記

日記へのレスはありません

製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

お気に入りユーザー

お気に入りユーザーはありません

お気にいられユーザー

日記

オーデイオの新発見その3

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年04月08日

映画的再生について

音の特徴は、高い音は光の様に、低い音は波の様に進む。


スピーカーをプロジェクターの様に、壁の方向に再生すると、高い音は光の様に進む。
これによって、オーケストラなら、モノラル録音であっても壁いっぱいに拡がる。
スピーカーと壁の距離によっては、音がスピーカーと壁の間で前後する様に聞こえる。
又、タンノイオートグラフのような、大きく、箱なりする様なスピーカーは使えない。
リスニングポイントと壁の間にスピーカーが入る為に、スピーカーに注意がいき、壁のオーケストラが鳴っている様に聞こえない。
この方式の特徴を例えると、オーケストラがあるように聞こえるのではなく、
オーケストラがあるから、聞こえる。というのは、リスニングポイントを離れても音像定位が変化しない。

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする