oryaaaaa
oryaaaaa
激安環境で作者してるのに、High-Endの実績があるフリーソフトウェア作家。写真は High-End 2018 ミュンヘンにて、ユーザーが教えてくれました。ハイエンドオーディオ向け超高音質サウンドプ…

マイルーム

 
 
持ち家(戸建) / 書斎兼用 / オーディオルーム / ~8畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
 
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

お気に入りユーザー

  

日記

【配付終了】新根拠を用いたSSD書き込み品質改善ユーティリティ

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年11月07日

Rewrite data の後継ソフトになります。ソフト配布って疲れすぎるので、今週の土曜日までの公開にします。foobar2000 や TuneBrowser は高音質になります。ジッターレス達成かな?

技術根拠の説明
現在、軍事圧力により、技術の仮説について削除するよう圧力があり、一切の説明は省略します。ブログやホームページを削除して対応しています。考え方を軍事用途へ反映させるだけで、次世代の次世代まで軍事力を強化できるような事を「声」で言われました。省略します。

動作条件
確認済み、Windows 10 HOME 64bit (64ビット専用)
使用命令 AVX命令は使用していません。
対象 SSD用、メモリチップという設計構造のものすべて。
声によると、Windows Server で 30GBデータ処理を確認、約16時間

使い方
Program Files を処理する場合は、管理者として実行

使い方
処理したいフォルダへ移動してから、[Run] します。
サブフォルダまで検索して対象にする仕様です。

処理の流れ
対象ファイルのサイズ合計値を計算します。
メモリが処理しても2GB以上あることを確認。
ファイルをすべてOPENします。
失敗したら、キャンセル。(使用中が1つでもあると処理中止)
メモリ確保。
メモリ初期化。
OPENしたファイルの中身を完全削除(メモリへバッファしてます)
処理中に停電が起きたり、強制終了した場合、データロスト。
スタビライザー処理(300MBを1分で処理する速度)
書き出し処理
ファイルスタンプを一致させます。
※コンペア処理やFPチェック処理はありません。
クールタイム

品質改善について
音楽ファイル、映像ファイル、どちらも素晴らしい効果です。
Pot player に使用しますと、ブラウン管テレビで見てる感じへ。
TuneBrowser foobar2000 、Bug head とほとんど同じ音質へ。

ASIOドライバーの処理
コントロールユーティリティを常駐終了してから使用します。
ASIOドライバーを処理するだけで、超高音質PCトランスポートへ。

業務用途
ポスターの印刷データ、カレンダーの印刷データの品質アップ処理
衛星放送に用いる放送データの品質アップ処理(2GBまで確認)
合計2GBを超えると動作しない場合があるので、
対象フォルダへ移動して、1GBずつ処理した方が良い。
コピーすると意味が無いので注意、Renameで移動します。
WEBサイトの高画質化、スマホゲームのコンテンツ品質改善など。

声によると
2GB以上の処理は Windows Server では処理できるらしいです。

配付期間
令和元年11月7日(木)から令和元年11月9日(土)まで
裏から脅迫する人が多すぎる為。

配付に関して、裏からの脅迫されましたので、
令和元年11月9日(土) 午後2時を以て、配付終了しました。
再配布の予定はありません。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. oryaaaaaさま

    以前アドバイス頂いたあじゃりんです。

    SOtMのUSBカードを導入しました。

    このソフトやばいですね、moraqualitas が数段よくなりました。

    ストリーミング直でもJPLAYFEMTOシングルと遜色ない感じで戸惑ってます><

    minoritycleanXと併用でもいいのでしょうか?

    あと処理終了後即音出しで問題なのでしょうか?

    いつも質問ばっかりですみません><

    bya-jari at2019-11-07 19:04

  2. こんにちは、試用ありがとうございます。

    MinorityClean X と同じ根拠を使用していますが、(理由は圧力で書けなくて省略します)、併用して確認しています。

    処理後すぐ出来るようにしていますが、Openして 処理して、クールタイムで待機、その後 Close しているので、Windowsの環境によっては、予備の待機時間が必要かもしれません。


    余談

    確認は人柱で進行して、トラブルあれば、声で伝わるという不思議な条件で行っています。

    合計サイズですが、合計サイズでAllocamteMemory(メモリ確保)しているので、Windows 10 HOME PRO では仮想メモリのページサイズを超えないこと、または3GB未満という条件があるようです。Windows Severでは、メモリ確保の制限がないみたいで、「Windows Severでは40GB処理できました」と聞こえる。何とか出来るように処理を作れるけれど、品質は維持できない。

    声:ループして処理する仕様にすると Rewrite data に負けると思います。Windows Sever で3GB以上は処理して下さい。

    byoryaaaaa at2019-11-08 12:35

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする