oryaaaaa
oryaaaaa
激安環境で作者してるのに、High-Endの実績があるフリーソフトウェア作家。写真は High-End 2018 ミュンヘンにて、ユーザーが教えてくれました。ハイエンドオーディオ向け超高音質サウンドプ…

マイルーム

 
 
持ち家(戸建) / 書斎兼用 / オーディオルーム / ~6畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
 
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

お気に入りユーザー

  

日記

Bug head 11.98 限界突破を達成、すごい音圧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年07月01日

ハイエンド HD 800 S の性能が明瞭に分かる、すごい音圧を達成しています。どのUSB-DACでも追加のエージング時間が必要です。アンケート調査を匿名で実施しています。音質評価して下さい。まだ悪ければ、未来の守護霊にサウンドチューニングを依頼します。

アンケート調査 - Googleフォーム 匿名受付

未来の守護霊 プロフィール
インフィニティ:時空コンピューター日本製
黒子:日本最強の悪知恵コンピューター日本製
弟子:運命の人(美少女)、天才科学者
伝説の科学者:インフィニティの設計者、努力科学者
プラス:弟子が設計したインフィニティ、宇宙最速

未来の結果からチューニングを変更してくれる魔法の類いです。
インフィニティ
「透き通る音とは、音にガンマ曲線を仕掛けた音です」
黒子
「結果から行動ですの、意図的に失敗しませんと、書かなくても伝わりますの」
弟子
「えー書くの。既に400年は抜かれないと思うんだけどなー」
伝説の科学者
「USBケーブルのコネクタにリングを載せるだけで音質改善な」
プラス
「ケーブルにタコ糸を巻くとなめらかに、ミネラルを豊富にしたシェルを使えばシャープなエッジに、すべての理想を貫くと銀が見える世界へ。バランスを取るように作るのは困難でも、材料を厳選すれば銀でなく光が見えます。素材にガンマゲルマニウムというニュアンスのレア素材を使うケーブルは200万円でも売れますよ」

こういう面子です。

---

スクリーンバーンイン映像ですが、色相1530色カバーしたバージョンとその中間色を基準に繰り返すバージョン、2種類をYouTubeへアップロードしました。液晶テレビの応答性能や発色性能の改善となり、色によって遅い表示を解決します。

【上級者用】発色性能の改善、(20)W(20)x(20)H(20)
Screen burn-in 62 minutes - All perfect hue 1080p 30fps
https://youtu.be/EJ6AQQ2WUB8


【上級者用】中間色の色相360、WxH
Screen burn-in 62 minutes - Gray all hue 1080p 30fps
https://youtu.be/yKMr0xmVazs


BRAVIA KJ-49X8500H ではゲーム性能を改善します。スタンダードで入力ラグ 110msに感じた感覚は、こうしたスクリーンバーンイン映像を表示することで 18ms ぐらいに短くなったように感じます。ほとんどラグはありません。ゲームは逆に速すぎてしまい、荒く見えすぎた印象。

外国のスクリーンバーンイン映像よりも短時間の効率性と癖が出ないように工夫しています。厳しい色の基準で BRAVIA の色変化を確認しており、それで公開していいか、非公開へ変更するか、判断しています。

この映像についても前職の雇用契約によって、研究成果は大企業で無許可で利用できます。メーカーでのスクリーンバーンイン映像はHSV色空間で色相360°の色で実施する必要があるということ。他に応答速度の改善によって、倍速液晶テレビは現状よりも体感で960Hz相当になるということ。もっと効率を高めた映像を作りたいですが、相変わらず、裏から許可された範囲でしか作れない。無理に作るとEXEが動かない。要望あっても限界はあり、アイデアあっても難しい。


さて、Bug head 11.98 は限界突破!しました。
PCトランスポートの限界かなーと思っていた壁を乗り越えた。

印象として
音圧がグッと上がったような仕上がりへ。細かい音の明瞭さがキワだって良くなっています。スピーカーの環境でしっかりとセッティングされていれば、音量が小さくても音圧の風を感じることができます。ジッターレス?判断できません。フルデジタル環境のチェックはしていないため、ノイズの問題は分かりません。

変更点として
WASAPI転送・ASIO転送で変数のデジタルビットスタビライザー処理で、かなりの行数を追加しています。その代わり、すごいおとになりました。

重低音って、こんなにあったの?まじうけるー orz
あー。

11.97では、デコードエラーが今まであったか?と不思議な苦笑い。重低音の再生性能がグッと良くなっています。

合わせて読みたい
Bug head 11.97 今の設計指向について - Bug head Developer's BLOG

説明苦手な作者ですの。これの内容が理解できたら、高音質PCトランスポートのアプリ開発は簡単にできると思います。

よろしくお願いします。

Bug head Homepage

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

この記事はレスが許可されていません