椀方
椀方
勤務の都合で長らく東京で単身赴任生活をしていましたが、2012年3月に漸く大阪に戻りました。 オーディオは結婚後、家族の次に30年近く大事に使用してきたスピーカーINFINITYのフロアタイプRS-…

マイルーム

大阪のオーディオシステム
大阪のオーディオシステム
持ち家(マンション) / リビング兼用 / オーディオルーム / 16畳~ / 防音あり / スクリーンなし / ~2ch
マンションのリビングにオーディオ機器を設置して音楽を楽しんでいます。 聴くジャンルはクラシック・ジャズを中心に気に入ったものならジャンルを問いません。 結婚以来30年余り、家族の次に大事に育て…
所有製品
  • 液晶テレビ/ディスプレイ
  • DAコンバーター
    OLASONIC NANO-D1
  • パワーアンプ
    OLASONIC NANO-A1
  • プリメインアンプ
    SOUND DESIGN SD05
  • ハードディスクレコーダー
    SONY NAC-HD1

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

日記

神奈川フィルハーモニー管弦楽団第277回定期演奏会(横浜みなとみらいホール)

このエントリーをはてなブックマークに追加
2012年01月30日

2012年最初の月1月も色々あって、漸く今年1回目のコンサートとなった横浜みなとみらいホールにやってきた。
今日は神奈川フィルハーモニー管弦楽団の第277回定期演奏会。
1970年に創立された神奈川県に根ざしたオーケストラとして活動を行っているプロオーケストラである。
今日の指揮は、常任指揮者の金聖響ではなく、ウィーン生まれのイケメン指揮者、サッシャ・ゲッツェルを迎え、ヴァイオリン独奏に松田理奈さん。
プログラムは、R・シュトラウス:交響詩「ドン・ファン」、ブルッフ:ヴァイオリン協奏曲第1番ト短調、休憩を挟んだメインは、ブラームス:交響曲第4番ホ短調作品98。
当日券を買ったので、座席表を見るとS席はほとんど無くA席も随分隅っこしか残っていない。
それならば、とP席をチョイス。
ここはB席料金で3000円とリーズナブル。
久しぶりに指揮者と正対してステージ上の奏者と同化するのも良いか。
ヴァイオリン独奏も後姿であっても音の大きさには問題は起こらないと踏んだのだが、これは大正解であった。
ブルッフのヴァイオリンコンチェルトでは、顔こそ見えないものの、バイオリンを弾く後姿から運指やボウイングといった演奏スタイルがとてもよく判る。
音量もオケに埋もれてしまうこともなく申し分ない。
休憩を挟んで演奏されたブラームスのシンフォニーがまた素晴しいものであった。
ゲッツェル氏の指揮は動作が大きい上に、表現のニュアンスを非常に判りやすいジェスチャーでオケに伝え、それにオケが敏感に反応する様を間近で体験できたことはとても素晴らしいこと。
個々の奏者の力量は?と問われると他の在京プロオケに比べれば不満もあろうが、何よりも音楽の魅力を聴衆に伝えたいという情熱を感じ取れたのだ。
色々あって心底音楽を楽しめない日々が続いていたが、久しぶりに音楽の素晴しさを体の芯まで感じ取った演奏会。
財政基盤の脆弱なプロオケであるが故にファンサービスの一番は、素晴しい演奏を披露すること、という理念が神奈川フィルにあるかどうかは知らないが、少なくとも小生の心にはしっかりそのメッセージが届いた演奏会であった。

演奏会がはねた後、次のイベントに向かうためJR桜木町の駅ホームで電車を待っていたら、何と石油タンクを満載した貨物列車の通過に遭遇したので思わずパチリ。

この日記はブログでも。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. 椀方さん、はじめまして。裏庭の英雄と申します。

    神奈川フィルの定期、楽しめたようでなによりです。

    P席は私もたまに利用します。音は普段聴くものとひっくり返っちゃうんですが、指揮者のパフォーマンスや表情をダイレクトに観察出来るのは面白いですよね。

    神奈川フィルの常任は金聖響なのですね。うちの大フィルにもベートーヴェンを良く振りに来ています。おば様方に大人気ww。

    どこのオケも財政難ですね。大フィルも橋下市長の予算見直しで大変なことに…。厳しい時代です。

    by裏庭の英雄 at2012-01-31 15:44

  2. こんばんは。

    神奈川フィルの定期は半分位常駐してます。
    財政難のようで心配はありますが、演奏は元気です。
    ゲッツェルさんの指揮はダイナミックでしたね。
    演奏そのものの細かい評価は私は何かを述べるだけの物差しを持ってませんが、毎回お気軽に楽しんでおります。(^^)

    タンク車は桜木町~根岸間のお楽しみ光景ですね。

    byこたちゃん at2012-01-31 17:48

  3. 裏庭の英雄さん、はじめまして。
    また、コメントありがとうございます。

    本来なら今年3回目のコンサートになるはずだったのですが、色々あって初めてのコンサートでした。
    もやもやっとした心の霧を一気に吹き飛ばすことができ、晴れ晴れとした気持で演奏会場を後にしました。
    やはり、音楽の力は偉大です。

    日記を読ませていただきました。
    大フィルは、その昔個人会員だったこともあります。
    今は単身赴任なので止めていますが、大阪に帰ったらまたそうするかもしれません。

    でも、今は兵庫県立芸術文化センターでPACの演奏会を聴くのが楽しみです。

    by椀方 at2012-01-31 20:58

  4. こたちゃんさん、コメントありがとうございます。
    同じ演奏会場にいらっしゃったのですか?

    ゲッツェルさんは、演奏中、本当に表情がコロコロ変わります。
    ある時は優しい微笑み、アル時はソロ奏者に鋭い眼を飛ばしたり、と、P席からだと視覚でも楽しめますね。

    by椀方 at2012-01-31 21:08

  5. はい、おりました。
    いつもは前の方で、たまに上に行ったり後ろに行ったりしてます。P席は面白いのですが、椅子だけ何とかして欲しいですね。お尻痛くなります。(笑)

    金さんのマーラーシリーズでは当日券無しの人気っぷりでしたが、その他では若干出ることが多いので、またぜひ。(^^)

    byこたちゃん at2012-02-01 21:00

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする