椀方
椀方
勤務の都合で長らく東京で単身赴任生活をしていましたが、2012年3月に漸く大阪に戻りました。 オーディオは結婚後、家族の次に30年近く大事に使用してきたスピーカーINFINITYのフロアタイプRS-…

マイルーム

大阪のオーディオシステム
大阪のオーディオシステム
持ち家(マンション) / リビング兼用 / オーディオルーム / 16畳~ / 防音あり / スクリーンなし / ~2ch
マンションのリビングにオーディオ機器を設置して音楽を楽しんでいます。 聴くジャンルはクラシック・ジャズを中心に気に入ったものならジャンルを問いません。 結婚以来30年余り、家族の次に大事に育て…
所有製品
  • 液晶テレビ/ディスプレイ
  • DAコンバーター
    OLASONIC NANO-D1
  • パワーアンプ
    OLASONIC NANO-A1
  • プリメインアンプ
    SOUND DESIGN SD05
  • ハードディスクレコーダー
    SONY NAC-HD1

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

最新のレス

お気に入り製品

日記

下野竜也指揮、三浦文彰 Vn独奏といえば

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年02月17日

久しぶりのコンサート日記です。

今日はPACの第103回定期演奏会を聴きに行ってきました。
指揮は下野竜也さん、Vn独奏は三浦文彰さんです。
この2人の組み合わせは3年前に、シューマンのシンフォニー&ブラームスのコンチェルトという4回シリーズでブラームスの二重コンチェルトを弾いた時以来です。

当時新進気鋭の若手演奏家として脚光を浴びていた三浦さんは、その後着々とキャリアを積んでいるようで、使用しているVnは宗次コレクションの中から1704年製ストラドの「Viotti」を貸与されていることからも判ります。

下野さんが振る時のPACは、いつもビックリするようなパワー溢れる演奏を聴かせてくれます。
特に低弦がしっかりした厚みのある音を出して土台を固めた上にVnや管楽器が乗っかっているのです。
例えればラトルが振るBPOのような厚みのあるサウンドでしょうか。

三浦さんはブルッフのスコットランド幻想曲のVnソロを弾いたのですが、テクニックもしっかりしているし、何よりViottiから出る音楽がとても気品のあるチャーミングな優しい音色でした。
演奏が終わると万雷の拍手で何度もステージに呼び出されていましたがアンコールは無し。

後半はメンデルスゾーンのスコットランドが演奏されました。
PAC定期では以前マリナーさんが指揮した時に聴いた時にはとても快速かつ洗練された演奏だったのですが、下野さんはテンポにメリハリを付けつつも全体をやや遅めで、より重厚で粘りのあるサウンドに仕上げていました。

全ての演奏が終わり、アンコールの為にステージ脇から演奏者が入ってきた時に、下野さんが三浦さんを呼び出しました。
アンコールに演奏されたのは、何と大河ドラマ「真田丸」のテーマ曲です。
そう言えば2年前の放送時にテロップには指揮が下野さんVnが三浦さんだったのでした。
いや~生オケで聴く大河ドラマのテーマ曲もなかなか良いですね。

万雷の拍手の中で、下野さんは三浦さんを1st Vnの末席に座らせて一言。
今年の大河ドラマのテーマ曲も自分が振っているからサービスで演奏しますということで、「西郷どん」のテーマ曲を演奏して演奏会を締めくくりました。

まったくもってサービス精神に溢れた下野さんの指揮振りでしたが、PACメンバーも楽しそうに演奏しているので、ボストンポップスのような演奏会を演っても面白いのにと思いながら帰路につきました。

この日記はブログでも

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. 椀方さん

    三浦文彰さんは、いろいろとすれ違いでまだ聴けていませんが、郷古廉さんと並んでロマンスヴァイオリンの若手スターですね。男性ヴァイオリニストも甘いマスクが必須です。下野さんとは相性がよいらしく、数年前に行き損なった読響でも共演していました。大河ドラマのテーマというサービスは楽しくていいですね。こういうサービスがあるとコンサートも一段と盛り上がります。

    byベルウッド at2018-02-18 17:47

  2. ベルウッドさん
    三浦文彰さん、是非聴いてください!
    若手で活躍している日本人ヴァイオリニストというと女性ばかり目立つと思っていたので、郷古さん、三浦さんは、もっととりあげられても良い実力とルックスを持っていますね。

    by椀方 at2018-02-18 21:05

  3. 椀方さん、こんばんは。
    EDと申します。よろしくお願いします。

    私も2年前ですが、三浦文彰さんと読売日響のチャイコフスキー協奏曲を聴きました。

    素晴らしい演奏でしたが、その時のヴァイオリンは、たしかガダニーニでストラドではなかったと思います。

    実際の音色も、どちらかというとガルネリに近い厚みのある音だったように記憶していますが、何かの間違いだったのでしょうか。

    それとも、私が駄耳なだけかも・・・?

    byED at2018-02-18 23:03

  4. EDさん、こんにちは。
    コメントありがとうございます。

    三浦さんの演奏聴かれた事があるんですね。
    コメントに書かれているとおり、以前はやはり貸与を受けていたガターニだったそうですが、今は宗次コレクションのストラドに変わっていると、プログラムの三浦さん紹介のところに書いてありました。

    小生も前回聴いた時より繊細な音がするのでプログラムを読んで納得した次第です。

    by椀方 at2018-02-19 08:36

  5. 椀方さん、再レス失礼します。

    まさか、あのガダニーニをストラドにされているとは思ってもみませんでした。

    三浦さんの弾くストラドは、想像しただけで聴きたくなってきました。機会を見つけて、聴かせていただきたいと思います。

    情報、ありがとうございました。

    byED at2018-02-19 21:50

  6. EDさん
    三浦さんの演奏、是非聴いてみてください。

    宗次さんは、知る人ぞ知る外食企業の創業者ですが、上場後に得た私財を投じて若手演奏家の育成を目的にした財団を立ち上げられていますね。

    日本にもこのような人が出てきているおかげで、若手演奏家でもストラドを弾く機会が持てているのに感謝しています。

    by椀方 at2018-02-20 08:00

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする