椀方
椀方
勤務の都合で長らく東京で単身赴任生活をしていましたが、2012年3月に漸く大阪に戻りました。 オーディオは結婚後、家族の次に30年近く大事に使用してきたスピーカーINFINITYのフロアタイプRS-…

マイルーム

大阪のオーディオシステム
大阪のオーディオシステム
持ち家(マンション) / リビング兼用 / オーディオルーム / 16畳~ / 防音あり / スクリーンなし / ~2ch
マンションのリビングにオーディオ機器を設置して音楽を楽しんでいます。 聴くジャンルはクラシック・ジャズを中心に気に入ったものならジャンルを問いません。 結婚以来30年余り、家族の次に大事に育て…
所有製品
  • 液晶テレビ/ディスプレイ
  • DAコンバーター
    OLASONIC NANO-D1
  • パワーアンプ
    OLASONIC NANO-A1
  • プリメインアンプ
    SOUND DESIGN SD05
  • ハードディスクレコーダー
    SONY NAC-HD1

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

日記

河村尚子ベートーベンシリーズ第1回(PAC大ホール)

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年06月04日


昨日日曜日のお昼過ぎに、西宮北口にある兵庫県立芸術文化センター大ホールで開催された、表題のコンサートに行ってきました。
当初は一人で行く筈でしたが、知人のデーンちゃんがチケット1枚余っているとのことで、マイミクのCさんが恩恵にあずかることになり、思わぬ形でコンサートオフ会になりました。

開場前に待ち合わせをしたところいつものように雪駄を履いたデーンちゃんが現れました。
なんと!この1週間は広島の西條の日本酒イベントにはじまり四国各地を回って関西入りしたとのことでしたが、疲れなどどこにも見えないタフぶりです。

デーンちゃんとCさんの席はH列の中程やや左寄りでちょうどピアノの鍵盤辺り、小生は一列後ろのやや右寄りでピアノの響きを正面に受ける位置です。

本日のプログラムは、これから2年越しの4回シリーズで行われるオール・ベートーヴェン・プログラム の第1回目となります。
曲目は、前半がピアノ・ソナタ 第4番 、ピアノ・ソナタ 第8番「悲愴」 。
休憩を挟んだ後半にピアノ・ソナタ 第7番 、ピアノ・ソナタ 第14番「月光」 という構成です。

関東圏で開催されたコンサートの感想は、既にベルウッドさんが詳しく日記に書かれていますので、大きな期待を持っていました。

ステージ中央やや前寄りにスタインウェイのコンサートグランドピアノが置かれていますが、既に調律は終えられていました。

新緑のような渋めのロングドレスをまとって河村さんがステージに現れ、演奏が始まりました。
いきなりゴツゴツした硬質の響きと早めのパッセージに度肝をぬかれました。
ベートーベンが楽譜に込めた和音の響きと音楽の構成の意図をあぶり出そうという意図でしようか?
過去何度も河村さんのリサイタルやピアノコンチェルトを聴いた印象では、河村さんは曲のイメージに応じてピアノの響きを自在にコントロールするのに長けていると見えますが、ここまで男性的なゴツゴツした響きとは。

この印象は2曲目の第8番「悲愴」でピークに達します。
とにかく早いパッセージに楽器とホールの響きの収束が追い付かないために、折角硬質な響きでベートーベンの楽譜に込められた構成をあぶり出そうとしているのに、余りに強烈なフォルテッシモの打鍵の強さでその響きが混濁してしまう場面が多々ありました。
このシリーズコンサートは既に関東で数回開催されていますがホールの大きさは千人規模と中規模の会場に対し、今回は2千人規模の大ホールですので、ホールの大きさに応じた響きの収束時間に対応できていない印象がありました。

休憩時間の感想戦でもやはり演奏が速すぎることや、叩きつけるようなタッチに話題が集まりました。
休憩時間にもピアノ調律は行われてませんでしたので、これはピアノのせいではなく河村さんの弾き方だということでしょう。

休憩が終わって後半のプログラムが始まりました。
第7番の冒頭でおや?と驚きました。
音が僅かながら柔らかい透明感のある響きに変化しています。
この曲はニ長調ですので明るさ優しさが表現されているのでしょうが、楽器とホールの響きが綺麗にシンクロしていて柔と剛の対比も見事に表現されていると感じました。
休憩時間にマネージャーなどの関係者から演奏会場での聴こえ方などのアドバイスを受けて対応したのでしょうか?
その印象は最後の第14番「月光」でも変わることはありませんでした。
冴え冴えと輝く月の光の中でモノトーンに浮かぶ広大な湖と湖畔の風景といった「月光」のイメージが隅々まで表現された演奏でした。

曲が終わると一部でスタンディングオベーションが出る程の万雷の拍手がホール内に響きました。
何度もステージに呼ばれた後に弾いたアンコールの前に河村さんからは、このベートーベンシリーズに賭ける意気込みや、出身地であるこの西宮への思い入れと、いつでも暖かく応援してくれる地元のファンや友人達への感謝などで胸が一杯な様子が見られたので、やはり前半のプログラムでは意気込み入れ込み過ぎたのかなぁ?とも思い、次回以降のシリーズも欠かさず聴きに来ようと思わずにはいられませんでした。

アンコールはドビュッシーのベルガマスク組曲から「月の光」がベートーベンの「月光」つながりで演奏されましたが、ベートーベンの冴え冴えとした月光からドビュッシーの柔らかな月の光の朧げな表現に感心しました。
曲が終わり鍵盤の上にかかげた手が降りるまで10秒近くあったでしょうか?
その静寂がまさしく「月の光」の余韻が心のうちに響く時を共有させてくれました。

終わりよければ全て良しではないですが、この静寂のひと時を皆が共有できたのが一番だと感じて演奏会場を後にしました。

まだ16時でしたが夕方には別の会に出席予定のデーンちゃんと別れ、西宮北口北側にある居酒屋でCさんとの感想戦に臨みました。
互いに病み上がりとは思えないほど盛り上がり楽しんだ感想戦、Cさんには小生が行けなくなった今週末のアルテミスSQのチケットを託してお開きとなりました。

楽しいコンサートオフ会を過ごしたデーンちゃん、Cさん、ありがとうございました。

この日記はブログでも

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. 椀方さん

    河村さんのベートーヴェン、行かれましたか。

    ちょっと私の印象、感想とは違うところもあって、少し残念なところもあったようですね。河村さんは、曲によっては調子が上がらず、響きが重めで堅くなることは私も経験しましたが、決して「叩く」とか「混濁」というようなことはないと思っています。

    ただし、今回のベートーヴェンでは、確かに激しいff(フォルテッシモ)はそのまま激しく弾いていましたね。伝統的な(特に中欧的な)ベートーヴェンではなく、気持ちを昂ぶらせ煽るような、ロココの優雅さに挑戦的なベートーヴェン。ピアノの性能が上がった後のロマン主義的なピアノ演奏とも違うベートーヴェン像を目指しているとは思います。それが、聴き手の期待とずれが生ずるということもあったのかもしれませんね。

    それでも終わりよければすべてよしでしょうか。

    byベルウッド at2018-06-05 12:36

  2. ベルウッドさん
    最初はスタインウェイのピアノの調律の問題だと思ってしまうほどでしたが、後半になると吹っ切れたように綺麗に響きました。

    ベートーベンのピアノソナタには特に愛聴盤もないので予断を持って臨んだ訳ではありませんでしたが、驚いた次第です。

    でも、終わりよければ全て良しですよね(笑)

    by椀方 at2018-06-05 18:57

  3. 椀方さん

    私の「月光」ソナタの原点は、幼稚園の時に聴いていたホロヴィッツ盤(RCAモノーラルLP)なんです。ホロヴィッツのベートーヴェンなんて、G.グールドと同じくらい異端扱いなんだと思います。けれども、私にはそういう予断がいつもつきまとっています。河村さんのプレスト・アジタートは、私のそういう潜在意識にドツボでした(笑)。

    byベルウッド at2018-06-07 01:49

  4. ベルウッドさん
    潜在意識に刷り込まれたものは歳を重ねるほどに顕在化してくることがあると言いますが、幼少の頃に親御さんから聴かされたのがホロヴィッツとはおそれいりました。
    やや異端?の演奏家というなら、かつてのグルダとか現在のファジル・サイと比べても、今回の河村さんの月光は相当来てましたね(笑)

    by椀方 at2018-06-07 08:17

  5. 椀方さん

    先日はありがとうございました。
    突然にも関わらず、Cさんともご一緒できて楽しい時間でした。
    全く同じ感想で、前半は少し面食らいました。
    いくらパワフルになりつつあるとは言え、豪快すぎというか、悪く言えば雑なぐらいの打音は今までの尚子嬢には感じた事なかったです。
    仰るように地元に帰ってきて気持ちが入りすぎたのでしょうか?
    それとも、ああいう解釈で表現したかったのでしょうか?
    やはりヴェートーベンは難しいし、あれだけミスタッチの多い尚子嬢も初めてでした。
    本人に聞いてみたいところです。
    後半はうって変わって非常に気持ちよく入り込め、月光は思わず立ち上がって叫びそうになりました。
    そしてアンコール。
    会場の空気が止まって静寂が訪れましたね。
    いや〜来年の4月もあの白く太い二の腕とトンがった口に逢いに行きます。
    またその時よろしくお願いします。

    感想戦参加できなかったのが残念です。

    byデーンちゃん at2018-06-08 14:46

  6. 椀方さん デーンちゃん

    やっぱり、日によって、会場によって、演奏やピアノのコンディションにムラがあるのでしょうか。

    次回、11月には、このフィリアホールと紀尾井ホールの両方にエントリーしてみることにしました。果たしてどのくらい違いがあるのでしょうか。

    byベルウッド at2018-06-08 15:41

  7. デーンちゃん、ベルウッドさん、帰省中で返信出来ず失礼しました。

    やはり会場の響き具合やピアノのコンディションは異なるでしょうから、常に同じ様に演奏をし続けるのは至難の業でしょうね?
    でも、前半の違和感?を後半には調整してくるのはやはり素晴らしいと改めて思います。

    フィリアホールと紀尾井ホール両方聴くのは面白い試みですね。
    西宮北口での演奏会は11月は同じ大ホールですが、来春のは400名の小ホールでやるそうです。
    かぶりつきの河村尚子さんが今から楽しみです。
    デーンちゃんも来春なら軟禁生活から解放されているでしょうから、今度は反省会付きで来られませんか?

    by椀方 at2018-06-10 20:14

  8. 椀方さん

    その時期はまだ解放されてはいないのですが(涙)、次の日大阪でお仕事が確定しているので、行けるし反省会もご一緒できると思います。

    byデーンちゃん at2018-06-11 11:07

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする