8050A
8050A
子供のころからの鉄道ファンだったのが、鉄道の「音」に興味を持ついわゆる「音鉄」にハマり、更に鉄道の「音」をよりよい音で残すためにオーディオに興味を持つようになり今ではすっかりオーディオの世界にハマって…

マイルーム

オーディオ兼編集(実験)部屋
オーディオ兼編集(実験)部屋
持ち家(戸建) / 専用室 / その他 / ~10畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~4ch
 スピーカーはモニターオーディオのSilver Studio 6ですが、通常のローズマボガニーではなく、受注生産のナチュラルオークを使っています。ローズマボガニーでは部屋に合わないと考えたから…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

日記

ベーム/BPOのブラームス1番:エソテリック VS DG

このエントリーをはてなブックマークに追加
2011年08月03日


エソテリックとユニバーサルからほぼ同時に発売された

「ベーム/ベルリン・フィル(BPO)のブラームス交響曲第1番」
のSACD盤。エソテリック(右)がSACDハイブリッド盤で
ユニバーサル(左)がSHM-SACDシングルレイヤー盤とい
う違いがあり、個人的にもお気に入りの演奏なだけにどちらか片方
にするか両方買うか迷ったものの、結局、

「両方とも買ってしまえーっ!!」

ということで両方とも購入してしまいました。




今回は電力事情が厳しく、少しでも節電に協力するべく、私の
寝室にあるサブシステムで聴き比べを行いました。

その再生装置は

プレーヤー:パイオニア DV-696AV
SP:ボーズ メディアメイト2

という非常にシンプルなもので、実販3万円強でSACDが
聴けるという優れものでした。

今回はパワーストーンを3種類使用しています。

金線ルチルクオーツ




アイオライト



の2種を電源プラグに

ローディサイト(写真の左と中)


をDV696AVのドライブの蓋に貼り付けています。


今回は、エソテリック、ユニバーサルの順で全曲を聴き通し
ましたが、どちらも従来の手持ちのCDと比べて大幅に音質
が向上しています。ただ、音の方向性は明白な違いがあります。

まずエソテリック盤。

第1楽章冒頭部の重低音の量感が半端ではなく、全曲を通じて
量感や質感といったニュアンスを重視した音。しかし始まった
瞬間に只者ではないと思わせる強烈なオーラを発している!

第3楽章、第4楽章のスピード感と重厚さも見事に両立されて
いるではありませんか(ここがCDの不満点。CDは若干バラ
ンスが高域寄りだった)!

第2楽章も1音1音が瑞々しく、スキらしいスキが果たしてどこ
にあるのか?

もし見つかったとしても、それは些細なものでしかないのか?

のっけから凄まじい演奏を聴いてしまい、理性にも影響した
状態だったものの、間を置かずユニバーサル盤をセットし、再生。

音が出た瞬間に、

違う!明らかに方向性が違う!とわかる音。

量感を若干抑えて明瞭性を重視した音。第1楽章の冒頭部分だけ
を聴いただけでもエソテリック盤との違いは明白。ニュアンスは
若干犠牲になったものの、その分1音1音にメリハリがついてわ
かりやすい。だがこの演奏の特徴であるスピード感と重厚さを両立
させた音調に変化はない。

結局、ユニバーサル盤も一気に聴いてしまった。

量感とニュアンスを重視したエソテリック盤。

明瞭さを重視したユニバーサル(DG)盤。

全曲を1度聴いた限りでは判断できないが、この2枚に関しては、最後は

「甲乙つけがたい」

の結論に至るような気がする。

この2枚は「対(つい)」の関係にあると私はみている。両方聴く
によって従来のCDでは見えてこなかったものが見えてくるから
だ。日独リマスタリングエンジニアの感性の違いが相乗効果を生
んでいることは1度聴いただけでも明らかではないか。

私がエソテリック盤を購入したノムラ無線を含め、既に売り切れ店
が続出しているが、財布が許せばエソテリック盤、ユニバーサル盤、
両方購入することを強くお勧めしたい。今後もこのような企画が行
われることを強く願う。

なお、今回使用したパワーストーンのうち、金線ルチルクオーツと
ローディサイトは既に紹介済みですが、アイオライトはまだ紹介し
ていないのでアイオライトを電源プラグに貼り付けたときの効果を
簡単に申し上げると、解像力が大幅にアップして背景ノイズが確実
に減少し、音圧も程よくアップします。
私が最も多用し、強く推奨するパワーストーンの1つですので後日
紹介したいと思います。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. こんばんはです。

    大変興味深い比較試聴ありがとうございました!

    ユニバーサルは、エミール・ベルリナー・スタジオによりアナログマスターからダイレクトDSD製作されたものを使用しているみたいですが、エソテリックは、マスターは非公開。PCM96/24と解釈下さい。とのことでした。マスターが非公開な上に96/24相当という情報しかもらえなかったエソテリックに、「しょっぱいな」と感じました。なので、購入対象から外していたものの、比較試聴目的で買うのもいいかもと考えていましたが、エソテリックも素晴らしい様ですね(^∇^)
    マスターで劣っていても、それを補うオーディオメーカーの機器と腕が光っている様な感じを受けました。
    結果論で聴き手を納得させることが出来るとは、流石エソテリック!

    巷では、ユニバーサルは弦がキツいなどというレビューをみましたが、我が家ではその様な傾向は全くなく、かつてない生々しい音質を堪能出来たので、批判的なレビューに懐疑的で、結局、自身で比較試聴するしか無いと思ってた矢先のレビューでしたd(^_^o)

    オーディオファイルによるレビューなので、とても参考になりました。特に両方聴くことで見えてくる世界があるというのも興味深かったです。

    byRICHEBOURG at2011-08-03 21:20

  2. RICHEBOURG さん
    コメントありがとうございます。

    >巷では、ユニバーサルは弦がキツいなどというレビューをみましたが、

    SHM-SACD自体は初めてですが、SHM-CDは10数枚
    保有しています。判明している限りでは、RCAケーブルのハンダ
    に銀入りハンダを使っているケーブルを使うと高域がキツくなる
    傾向があります。これが判明したために私は銀ハンダを使ったRCA
    ケーブルの使用を止めました。
    それと面白いことに、SHM-CDは半年ほど経ったあとに高域
    と低域のバランスが突然よくなることがあります。以前大阪にある
    著名なシンバルのメーカーが加工によって乱れた分子を安定させる
    ために加工したシンバルを半年ほど寝かせる、という話を耳にした
    ことがありますが、プレスしたてのSHM-CDやSHM-SACDにも
    これと同じような現象が起こっている可能性はあります。

    今回の2種のSACDは単純に優劣をつけるのは困難で、むしろ
    感性のぶつかり合いとしてみるべきだと思います。水面下で同じ
    音源のリマスター盤を競作していることが互いに伝わっていたかど
    うかはわかりませんが、聴くたびに今まで気がつかなかったことが
    いくつも見つかりそうな、繰り返し聴きたくなる音源ができあがった
    喜びを我々オーディオファンはじっくりと堪能しましょうよ。

    by8050A at2011-08-04 20:07

  3. こんばんは。

    同じ音源の形式違いによる比較は大変興味深いです。

    私も最近通常CD盤とSHM-CD盤を比較して、音質の違いに驚いて、いろいろ買い直し始めました。

    DSD録音でのダウンサンプリングの違いだけでなく、過去の音源においてのマスターテープの違いやAD処理過程での違い等、デジタル技術の進歩で、ユーザーは選択肢が増えてうれしい反面、同じ音源の買い増しが増えて、金銭的にはつらいですよね。

    bySMOKE1979 at2011-08-05 01:52

  4. 水上の煙 さん、コメントありがとうございます。

    確かに金銭的には厳しいですが、だからこそ自身の思い入れ
    の強い演奏に絞れば、それほど精神的な負担を強いられずに
    済みますね。

    それに、デジタル技術が進歩しても、最後はリマスタリング
    エンジニアの感性によって音の良し悪しが決まるという点は
    今も昔も全く変わりませんからね。

    by8050A at2011-08-05 19:56

  5. こんばんわ。通りすがりにコメ失礼致します。
    間違って両方購入してしまい、無駄遣いしたと思っていましたが、聞き比べも一興ということで助かりました(*´ω`*)
    情報をありがとうございました!

    bypharoah at2016-11-03 00:04

  6. pharoah さん、コメントありがとうございます。

    5年前に書いたことが思わぬ形でお役に立てて。

    ベーム/BPOのブラームス1番は個人的にも好きな演奏で、発売時期がほぼ同じだったことから最初から両方買うつもりでした。

    最近はオーディオはご無沙汰していますが、コルグのDS-DAC10Rを入手してからオーディオ熱が再燃しそうな気配。
    メカレスDSD録音の凄さはMR-2で嫌というほど思い知らされているので、まずオーディオ専用機として購入したノートPCのHDDをSSDに換装する予定です。
    (SSDはメーカーや機種によって音質に差がある。現にデジカメのRAW現像においても、メーカーや機種によって画質や写真づくりの傾向に大きな違いがあります)。

    by8050A at2016-11-04 18:58

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする