NEKOMARU
NEKOMARU
使用蓄音機 HMV130(英国グラモフォン社製) HMVの卓上モデル。上級機種と同じ2丁スプリングモーターです 。上級機と同じNO.5Aサウンドボックスを備え、生々しい音楽を楽しめます。 ビクト…

マイルーム

マイルームは公開されていません

レビュー/コメント

カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

お気に入り製品

日記

美人時計

このエントリーをはてなブックマークに追加
2010年01月10日

街角で時刻を手書きしたボードを持つ女性の写真が時間を伝えるサービス「美人時計」。

テレビ・雑誌などでも大きく取り上げられ、「iGoogle用ガジェット」等などが登場して大人気であります。

「bijin-tokeiであなたは1分間の恋をする。」

いいですなァ。

コレに触発されたわけではないんでしょうが、「自己啓発の女王」勝間和代さんが

「結局、女はキレイが勝ち (マガジンハウス)」を世に問うて大いに議論を巻き起こしています。
「人は見た目が9割(新潮新書)」と大同小異じゃないのかという向きもありますが、大胆にもご自分の写真を表紙に載せて「女はキレイが勝ち」と言い切ってしまった勝間センセイとマガジンハウス編集部のセンスの凄さに脱帽ですね。

勝間さんは今後どこに向かうのでしょうか。楽しみであります。

クラシック音楽でも「美人」「イケメン」はいつの時代も求められているわけで、蓄音機の時代も同様でした。

本日は20世紀初頭の「美人」歌手の歌をご紹介します。

最初はソプラノ歌手、ニノン・ヴァラン(1886 – 1961)の

「ジプシーの唄(歌劇『カルメン』より)」をお聴きください。

「ジプシーの唄」→こちらから

次はメゾソプラノ歌手、コンチータ・スペルヴィア(1895~1936)の

「ハバネラ(歌劇『カルメン』より)」をお聴きください。

「ハバネラ」→こちらから

二人とも「カルメン」は当たり役で、ヴァランは「可憐」、スペルヴィアは「情熱的」と対照的なカルメンで人気がありました。

見た目がアレな代表はカルーソーのようで、

「カルーソーは太った醜い男で・・・(中略)・・・歌わないカルーソーを舞台に見るのは、かなりの幻滅(名曲決定盤)」とあらえびす先生にも酷評されています。

しかし「一たび歌い出すと、天鵞絨の声と言われた、柔らかい感触と、情緒の豊かな歌が、人間離れのした巨大な声量で、場の隅々まで凛々と響き渡った(名曲決定盤)」とも著しています。

それでは、1曲お聴きください。

オー・ソレ・ミオ→こちらから

カルーソーほどの才能がないと、「―ただしイケメンに限る―」という残酷な但し書きの例外にはならないわけですねェ。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. こんにちは

    iPhoneアプリにもあったけど
    有料だったので、私は天使の天気のブログパーツで
    我慢しているけど。
    本当に天使かどうかは不明。

    byレーザー at2010-01-11 10:42

  2. レーザーさん
    レスありがとうございます。

    「天使の天気」は「美人時計」のお天気版ですね。

    「天使」においでいただくと兎角物入りでございます。

    金のないところには降臨してくださらないとつくづく感じております。

    byNEKOMARU at2010-01-11 23:49

  3. クロ大好きさん
    ごぶさたしております。

    SP盤の時代もジャケットはあったのですが、きれいに現存しているものは少ないようです。

    このくらいの写真でも当時の純情な少年たちには刺激的であったことでしょう。

    現代のグラビアを見せたら大変なことになりそうですが。

    byNEKOMARU at2010-01-11 23:54

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする