Yonechi
Yonechi
6畳の和室をホームシアター兼オーディオルームにして 日々を満喫しています。システムを構成するコンポーネントの 多くはエントリークラスですが、いろいろ工夫して遊び心を 持って嗜むように努めています…

マイルーム

こだわり派の大学生が作り上げたリビングシアター
こだわり派の大学生が作り上げたリビングシアター
持ち家(マンション) / リビング兼用 / オーディオ・シアター兼用ルーム / ~10畳 / 防音なし / スクリーン~60型 / ~5.1ch
2011年11月26日現在のリビングシアターの環境です。 昨年冬にAV REVIEWの大判化記念の読者プレゼントで見事当選した Panasonicの3Dプラズマテレビ【TH-P50VT2】…
所有製品
  • ヘッドホン
    AKG K172HD
  • Blu-ray Discレコーダー
    PANASONIC DMR-BZT710
  • その他アクセサリー
    ACOUSTIC REVIVE RLI-1
  • LANケーブル
    ACOUSTIC REVIVE LAN-1.0PA
  • その他ビデオレコーダー
    SONY COMPUTER ENTERTAINMENT CECH-ZD1J

レビュー/コメント

カレンダー

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

日記

『ハイエンドショウ トウキョウ 2012 スプリング』参加してきました♪

このエントリーをはてなブックマークに追加
2012年05月20日

皆さん、こんにちは。 m ( _ _ ) m

今日は『ハイエンドショウ トウキョウ 2012 スプリング』に参加する為、
東京の千代田区有楽町まで出掛けていました。私が見たのは2ブースのみで、
短い時間の参加ではありましたが、レポートしたいと思います。

まず始めに音元出版のブースに向かい、10時30分から1時間に亘って
開催される「DSDマスターを聴こう & Suaraミニライヴ」に参加しました。

来週水曜日23日に発売予定の『AQUAPLUS VOCAL COLLECTION VOL.8』や
Future World/Thanks a lot』に収録された楽曲をTADの超ハイエンドな
オーディオシステムで試聴するところからイベントはスタートしました。

SACDとCDの明らかな音質の違いが如実に出音へ反映されていました。
やはり比較すると、SACDは音の解像度・分解能が高く、音が滑らかな
音質傾向であるのに対して、CDはそれと比較すると音の解像度・分解能が
低くなり、音は粗くなりました。でもスピード感はCDの方がありました。

次にSACDとして収録する為のマスタリングの工程を経る前の段階の
DSD音源を聴く機会がありました。DSDマスター音源の試聴に当たっては、
2種類のDSD再生対応USB-DACをTADのシステムに組み込んで行われました。
以下の5曲を貴重な素材の状態で聴くことができました。

(曲順. 曲名/アーティスト名/使用したDSD再生対応USB-DAC)

1. SOUND OF DESTINY/水樹奈々/FOSTEXHP-A8
2. 君のかわり/Suara/KORGのプロトタイプ機
3. ガーネット/(Instrumental)/KORGのプロトタイプ機
4. 星想夜曲(2Mix Ver.)/Suara/FOSTEX 『HP-A8』
5. 星想夜曲(Vocal Only Ver.)/Suara/FOSTEX 『HP-A8』

このDSDマスター音源は、ダイナミックレンジが非常にワイドレンジで、
音が凝縮し過ぎたり、潰れ過ぎたりして、聴き取り辛いということがなく、
音場がとても広く感じる音質でした。ヴォーカルの伸びが気持ちよく、
それぞれの楽器の定位も明確で、左右の広がりと前後の奥行きも良好でした。

正直な話、このDSDマスター音源を配信してほしいと思わされました。
フィックスレコードは、音楽作品のネットワーク配信に関しては、
未だ非可逆圧縮の音楽データしか配信されていないので、今回試聴した
DSDマスター音源がラインアップに加わればと思いました。

イベント後半ではSuaraさんによるミニライヴが開催されました。
以下の4曲を歌唱してくれました。(今回はカラオケライヴでした)

1. ブルーバード
2. 君がいた夏の日
3. Powder Snow
4. 星座(Pure Ver.)

PAの音は今回も結構悪かったですが、会場の音響特性とPAスピーカーの
音響特性を考慮すると、これもまた仕方のないことかなと思いました。
バックのオケだけでも、TADのスピーカーから流した方がまだ良かったと
自分では考えています。(できればヴォーカルも。会場のサイズ的には
TADのシステムをPAシステムとして使えないことはないと思います。)

最後に告知が幾つかありましたが、まだ一度も聞いたことがない告知が
ありました。「プロジェクト・Pure」の取り組みの延長線上となるものが
今現在進行中とのことで、1年後ぐらいを目処に取り組んでいるとのこと。

「Pure3」を作っているのか、リミックス・リマスター系のSACDなのか、
それともディスクレスでハイレゾリューションやDSDの音源なのか...?
詳細は分かりませんが、続報をお楽しみにとのことです。期待大です!


イベント終了後、昼食を取り、午後1時から始まる「バラッド」のブースに
参加しました。個人的に大口径ユニットを搭載したスピーカーシステムに
とても興味があり、参加してみようと思いました。

「バラッド」ブースでは、musikelectronic geithainの『ME901KA』という
アクティヴ方式のスピーカーシステムを試聴しました。



40cm口径ウーファー、12.5cm口径スコーカー、2.5cm口径トゥイーターによる
同軸3Way(トライキシャル)構成のスピーカーシステムでした。

簡潔に音質評価すると、比較的素直な特性で、録音の良し悪しが見え易い、
音質傾向です。ただ、40cmという大口径のウーファーを搭載しているのに、
エンクロージャーは大型ブックシェルフとも言える程のサイズしかなく、
容量不足が原因なのか、低音域の伸びが唯一ちょっと惜しいと思いました。

今回は以上の2ブースのみ参加しました。ちょっと忙しくなってきたもので、
あまり外出に時間を割けませんでした。また、秋の開催を楽しみにしたいと
思います。それでは皆さんまた明日~♪

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. Yonechiさん

    またまたレポート、ありがとうございます。

    ところで、気になる記述が!

    『KORGのプロトタイプ機』ですと?

    MR-2000Sを、ずっとAmazonのカートに入れ続けたまま思案している私には、「ちょっ、待てよ」と言いたくなるものです。

    MR-2000Sをポチらない理由は、PCとの距離なんです。
    実際、USB接続しないと使い物にならないので困っています。

    お手数ですが、もし、ご記憶があれば、サイズ的なことやインターフェースなど、教えてくださいませんか?

    bytakeuchi at2012-05-21 00:12

  2. takeuchiさん、こんばんは。
    レスありがとうございます。 m ( _ _ ) m

    大変申し訳ないのですが、機器の詳細については私の記憶には
    ございません... 今後KORGの公式ウェブサイトやPhile-web等で
    私が聞き漏らしたかもしれない詳報が掲載されるかも
    しれませんので、そちらをご確認いただければと思います。

    尚、商品化については、現在予定は無いということはKORGの
    Facebookページにて確認済みです。

    byYonechi at2012-05-21 20:42

  3. Yonechiさん、こんばんは。

    こちらこそ、お手間を取らせてしまい、申し訳ありませんでした。

    商品化予定がないとのこと、複雑な気持ちです。(笑)

    実は、内蔵HDDをSSDに換装するつもりで、ずっと前から250GBと160GBを用意していたので、もう決心しました。
    と言うか、たった今、ポチってきました。

    間接的な後押し、ありがとうございました!

    bytakeuchi at2012-05-21 23:03

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする