カイくん
カイくん
KEFとタンノイを経てディナウディオをずっと使うつもりです。

マイルーム

マイルームは公開されていません

レビュー/コメント

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29      

お気に入り製品

日記

頭と心の中で

このエントリーをはてなブックマークに追加
2012年02月11日

2/8の中日春秋が面白かったので紹介します。

(ストラディバリウスと現代の高級ヴァイオリンとを)二十一人の演奏者に、目隠しして弾き比べてもらったら、現代のヴァイオリンの音の方がずっと高い評価を得たのだという・・・材料の木、塗装など、名器の音の秘密を探求する研究は多いが、「秘密があるとすれば人の心の中にだ」・・・製品は工場で生産されるが、ブランドは人の頭と心の中でつくられる・・・
・・・ストラディバリウスが宝なのは、それがストラディバリウスだからだ

オーディオも同じようなところがある、
というより、その通りだなあと思いました。

次回の日記→

←前回の記事

レス一覧

  1. カイくんはじめまして。

    >>ブランドは人の頭と心の中でつくられる・・・
    ・・・ストラディバリウスが宝なのは、それがストラディバリウスだからだ

    全くもってその通りだと思います。他の要素を言うならバイオリン職人の「思い」を機械化されている現在のバイオリンでは「魂」を入れるのは無理だと感じます。

    ストラディバリウスは職人が音の追求の為に魂混めて作ったバイオリン「最高峰の工芸品」であって、最高の音のバイオリン「製品」と比較するのはいかに?と感じています。

    バイオリン職人の「職人の想いを演奏者側が感じられる」からこそ、名演奏はストラディバリウスの音の一部と成っていると思います

    byニッキー at2012-02-11 12:20

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする