ケン
ケン
 自作オーディオを中心にオーディオを楽しんでいます。  スケールの大きな音場とリアリティを追及して、安価で如何にハイクォリティを目指せるかを考えトライしています。  

マイルーム

ケン
ケン
持ち家(戸建) / リビング兼用 / オーディオルーム / ~10畳 / 防音なし / スクリーン~100型 / ~2ch
 2012年5月に転居しました。  以前の6畳間から今度はリビング9畳強と大分広くなり、隣接する8畳のDKと合わせると大分余裕がでてきました。  当初スピーカは3Wayのマルチアンプドライ…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

AK100試聴報告

このエントリーをはてなブックマークに追加
2012年11月03日


iriverの新ブランド「Astell&Kern」で出たSDメモリープレーヤです。
スペック詳細はググって頂くとして、使ってみた感じではまず初期充電が結構かかります(約5.5時間)電池寿命はかなり長いのでUSB充電としてはしょうがないですね。
 あと起動に若干時間がかかります(約25秒)OSの立ち上げの様ですが、携帯機器としてはもう少し早くなればと思いますが付けっぱなしでも結構持つので切る機会は少ないかな。
 実際の操作は最初取説も内蔵メモリー内なのでちょっと戸惑いましたが、リストとの上下スクロールなどタッチパネルの操作感が滑らかで良いですね。
 音量を含めすべての操作がタッチパネルでも出来ます。カバーアートはFLACのタグのみの様でこれもバックが指定出来ると良いですネ。

 肝心の音の方ですが、ヘッドホン試聴でもかなりアナログ系が優秀なのが解ります。ラインアウトとしても高級CDPにも太刀打ちできそうです。比較に良いのが無かったのですが、REMのBABYFACE(MACでAudirvana使用)よりはだいぶ良かったです。流石にD-2bと比べると低域の重厚さは落ちますが、これだけでも十分使えます。
 デジタルアウトで聞くとDACにもよりますが更にグレードが上がります。トラぽとの比較でも光->同軸(切替)変換が入ってしまいますがSDTransu384とも引けを取りません。

イヤフォン エティモティックER-4S
デジタル変換 BEHRINGER DEQ2496
DAC     デジタルドメインD-2b(386fsアップサンプリング付き、出力バッファ改造)
AMP     BP. AMP-5516M(電源改造品)x2
SP      SeasExcel W18EX001+T29MF001(network2Way)
ケーブル等は一般品です。

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする