ベルウッド
ベルウッド
クラシック音楽ファン:よい演奏会があると知れば遠征もいといません。オーディオシステムは、音楽そのものを楽しむのが本来というモットーのもとにコストパファーマンス重視で小ぶりな装置を目指します。正統オーデ…

マイルーム

メインシステム
メインシステム
持ち家(戸建) / リビング兼用 / オーディオルーム / 16畳~ / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
スピーカー:    PSD T4 Limited Special-ネットワークレス・マルチアンプ駆動 調音パネル:    Escart Ventoスクエア パワーアンプ:   金田式DCアンプ…
所有製品

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

コラーゲンたっぷりの濃厚白スープ(にら邸再訪記)

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年09月28日

にらさん宅は、4月に訪問しています。にらさんは、平行法の信奉者でネットを通じてGRFさんからいろいろアドバイスを受けていましたが、その集大成ということもあってGRFの実地の監修ということになったそうです。私は、その機会に高崎線沿線交流のお返しということで便乗したのですが、あいにくその当日、渋谷のタカギクラヴィアでのコンサートがあって、おいしいカツサンドを食い逃げして早々に退散してしまったのです(笑)。

今回は、その時の部屋の横使い(長辺側にスピーカーをセット)から縦使い(短辺側にスピーカーをセット)へと劇的な転換です。もともと縦使いだったそうで、リスニングルームに案内されたとたん、やっぱりこちらのほうがしっくりきました。もうひとつは新たに導入したCDPの名器Metronome CD5 Signature。



前回と較べてもっとも印象強いのは、にらさんが自信を持ってセッティングしていると感じたこと。そう申し上げたら「前夜のぎりぎりまで迷っていろいろ弄ってました」と笑って謙遜されていましたが、やっぱり人に言われて見よう見まねでやるのと、自分で音を確かめながらチューニングしたものとではは違うんだと思いました。にらさんのこだわりと思いがこもった濃い音がしました。

その証拠に、今回、にらさんはプログラムを綿密に組んで、アルバムアートのカラーコピーとともにひと言コメントがついてアルバム・曲名一覧を準備しておられたのです。

しかも、その選曲が何ともマニアック(笑)。

以下はそのほんのサワリだけ。




ナラ・レオン/ナラと素晴らしき仲間たち「フラッシュ・バック」

ボサノバの軽いリズムとちょっと陰のあるけだるさがよく出ています。軽快さやけだるさはもっぱら淡泊な中高域に委ねてボサノバ本来のノリノリのリズム感覚は軽く弾むような低域にあるのですが、新しく導入したCDプレーヤーに換えてからその低域が出るようになったとか。


Les Primitifs Du Futur/World Musette 「Maldita Noche」

20世紀初頭のアメリカ南部から始まったラグタイムといったサロン音楽がパリで大流行という30年代フランス第三共和制全盛の何とも自由で無国籍で猥雑な雰囲気たっぷりの音楽。そういうレトロな感覚を再現した鮮明な録音で高域がふわっと上昇する立体的な《高さ》がよく出ている。



柴田淳/COVER 70's 「秋桜」

曲目リクエストをどうぞと言われたけど、ちょうど、先日、山口百恵を聴いたばかりだったので「秋桜」をリクエスト。この「しばじゅん」のカバーアルバムは愛聴盤だけど何の違和感もない。それで、ご本家より「しばじゅん」のほうがなぜか泣かせるとか、さだまさし本人が意外によいとか、オーディオからどんどんと脱線。


Duke Ellington & Ray Brown/This One's For Blanton! 「So Norhin' Till You Hear From Me」

ノードストの例のチェックCDの解説には、この低域でセッティング調整すべしと書いてあるそうだ。しかも「アナログ盤」と指定してある。CDも聴いてくれとのことで聴いて思わずのけぞった。何と明らかにピッチが低いのだ!マスターテープの延びとかの事故なのだろうか。それにしてもこんなデジタル・リマスタリングがまかり通ってしまうから、デジタルは音が悪いなどと言われてしまうのだろう。


はっぴいえんど/ライヴ!! 「はいからはくち」

こういうのを聴かされると団塊世代のオジサンはたまらない。高校生の時に御茶ノ水の日仏学院の講堂でライヴを聴いたことがあるなどと思わず口走って歳がばれてしまった。あの時代は、PAがお粗末で、ボーカルがちっとも聞こえず、誘ってくれた級友が「お前には歌詞のよさを聞いてもらいたかったのに」と不満たらたらだったっけ。


山下達郎/IT'S A POPPIN' TIME 「時よ」

ほとんど無名時代だったはずの山下達郎と坂本龍一が共演していると聞いて、またまた、私たち夫婦のプライバシーを口走ってしまった。ふたりは学年も一年違いで高校も違うのだけど、高校紛争のさなかに互いに何も知らないまま新宿の町ですれ違っている。


スピーカーのセッティングは完璧でした。CDをかけたりする時ににらさんがリスポジの私の目の前を通り過ぎるのですが、音像がほとんど動かない。目をつぶってもほとんどわかりません。「これはスピーカーの焦点が合っている証拠」と言うとヘンなお世辞を言うとばかりに笑い飛ばす。その直後、ちょっとした拍子ににらさんのお尻が左スピーカーに触ってしまった。さて、スピーカーを動かしてしまったのかどうか?というので試しに前を横切ってもらうとこれが見事に音像が歪む(爆)。

実は、にらさん、前夜に最終セッティングの壁からの距離をメモっていたそうだ。メジャーできっちり測ってみたところ、やっぱり左だけが動いていた。「1~2ミリ」の調整ということはこういうことでも体感できるのです(笑)。


高崎駅のビアレストランで反省会。その後、さらにラーメン屋。まるで小籠包のように肉汁がはじけ出る水餃子でまたまたビールがススムくん。さらに自慢のコラーゲンたっぷり感の濃厚な鶏白湯ラーメン。



これはもうシアワセな一日でした。

にらさん、ありがとうございました。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. 今晩は、

    いやあ、山下達郎と坂本龍一の話を聞いて、このタイトルをチョイスして良かったなーと思いました。その他はすみません、ちょっと自己主張が過ぎました(^_^;)
    セッテイングは、やっとこさ何かが見えた感じがします。ちょっと難しく考えていたといいますか、意外とシンプルにスッといけることが分かりました。これは楽しい!平行法マスターの方々のおかげです、ありがとうございます。

    下の画像は夜中見てはいけませんね~(^_^;)でも国宝級ですよ、この餃子は。

    byにら at2015-09-28 20:14

  2. ベルウッドさん、こんばんは。

    ベルウッドさんお墨付きの完璧セッティングでのMetronome、是非聞いてみたいですね。

    それと、餃子。

    私の場合、餃子、ビールの方が、メインだったりして。(笑

    byいたちょう at2015-09-28 22:51

  3. ベルウッドさん、こんばんは。

    にらさん邸は以前の部屋の横使いから縦使いに戻されて詰められた結果、あの心地良いサウンドが、更に大きく進化されているようですね。

    再生されたソフトの数々も素敵ですね。

    そして、締めに絶品の餃子(とラーメン)・・・あれは反則ですよね(笑)

    byKYLYN(キリン) at2015-09-28 23:48

  4. にらさん

    先日はありがとうございました。

    あのギョーザはほんとお宝ですね。店に入った時はガラガラだったのに、数分してからぞろぞろお客さんが来て、食べ終わって店の外に出ると行列ができかけていましたね。ラッキーでした。

    byベルウッド at2015-09-29 07:46

  5. いたちょうさん

    Metronomeがいいですね。高性能追求型という感じの音ではなく、とても情け深い音がしました。

    課題は中低音の充実でしょうか。にらさん自身、ちょっと腰高になった気がすると言ってました。その原因と対策がちょっとつかめていないのです。ケーブルかなぁ?やっぱ振動対策かなぁ~?

    高崎の夜は、私のようなビール党にはたまりませんでしたよ(笑)。

    byベルウッド at2015-09-29 07:53

  6. KYLYN(キリン)さん

    そうなんです。心地よいですね~。EB(エレクトリックベース)がこんなに魅力的に弾むのは初めての体験。こういう低音を聴いていると自然と内蔵がほぐれてきて、何となくお腹が空いてくるんですよね。そこへ、ビールをキューっと(爆)。いいですよ。

    byベルウッド at2015-09-29 07:57

  7. 追レスすみません

    音の焦点も合い、ベルウッドさんと2人のアーチストとの偶然の一致を知り、ビアレストランでは最後の2席に座り、ラーメン屋もナイスタイミングで、スカッとした1日でしたね^_^

    byにら at2015-09-29 10:03

  8. ベルウッドさんこんばんは。

     皆さんのコミュニティ日記毎日楽しみに覗いています。

    又皆さんのオーディオに対しての知識本当に素晴らしいですね。

    意味の解らない言葉がポンポン飛び交い知識のない自分が恥ずか

    しいばかりです。自分の周りにはオーディオ仲間が二人いますが、

    装置を揃えている割には知識が無く、ミリ単位のセッティングなど

    実施したことが無く、今聴いてる音の焦点が合ってるか合ってない

    かなど考えた事がないしまつ。やはり周りに知識の深い人が、

    必要ですね。ホント皆さん羨ましいです。

    bytomochin at2015-09-29 19:16

  9. にらさん

    そうそう、あのビアレストラン、一見すいているように見えたのにカウンターの2席以外は全部予約で埋まっていたのにはびっくりしましたね。グッドタイミングでした。秋の青空みたいに何もかもうまくいく一日っていうのはありますね(笑)。

    byベルウッド at2015-09-30 09:24

  10. genmiさん

    そういえば、にらさんのリスニングルームはどんどんgenmiさんのところに似てきましたね(笑)。

    805はどうも真面目で気むずかしいところがありますが、一方でにらさんのDynaudio(SPECIAL25)は聴き手を楽しませてくれる遊び心が豊かですね。その分、ちょっと図々しいところがあるのかもしれません(笑)。そこをどう調教するかというのが805とは違った苦労であり、また、楽しさかもしれません。

    byベルウッド at2015-09-30 09:37

  11. ベルウッドさんgenmiさん

    しつこく横レスすみません。
    厳密に申告しますと、このコミュの初期は縦置きでスタートしてますが(^_^;)巡り巡って元通りになりました。ウェルフロートは以前から興味深々で、導入したら本当に更に!ですね。ブックシェルフはそれぞれ世界が違いますから、それこそ相互訪問が叶うようでしたら面白いし刺激的でしょうね。ぜひいつか^_^しかし平日のオフ会は絶望的です・・

    byにら at2015-09-30 18:36

  12. tomochinさん

    私が、外に出かけるようになったきっかけは、やっぱり自分の出している音に自信がなかったからです。それでショップの店頭での冷やかしから始まって、オーディオショーとか試聴会とかに出かけてみました。そこで知り合ったひととの交流とか、ここのコミュへの参加とか。おかげさまでずいぶんと世界が拡がりました。

    オーディオは自己満足だとよく言われますが、自分が井の中の蛙になっていないかと疑っている限りはなかなか満足感が得られないですよね。よい交流が始まればよいですね。

    byベルウッド at2015-10-01 09:17

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする