ベルウッド
ベルウッド
クラシック音楽ファン:よい演奏会があると知れば遠征もいといません。オーディオシステムは、音楽そのものを楽しむのが本来というモットーのもとにコストパファーマンス重視で小ぶりな装置を目指します。正統オーデ…

マイルーム

メインシステム
メインシステム
持ち家(戸建) / リビング兼用 / オーディオルーム / 16畳~ / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
スピーカー:    PSD T4 Limited Special-ネットワークレス・マルチアンプ駆動 調音パネル:    Escart Ventoスクエア パワーアンプ:   金田式DCアンプ…
所有製品

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最新のレス

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

土台も大事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年09月02日

スピーカー足元の見直しが延々と続いています。

見直し構想のその1が失敗に終わり、元に戻すに当たってフォック糸リング(スト’リング)の導入によってオリジナルを一歩抜けたというお話しの続きです。

これに続いてブツも届いたので、かねてから構想していたアイデアのその2を導入しました。

その構想とは、《キリン式黒御影石》の導入です。

KYLYN(キリン)さんが、805の土台ウェルフロートボードの下に入れているのが黒御影石なのです。キリンさんは私と同じローボード上にスピーカーをセッティングしています。そのローボード天板との干渉を絶つためにはウェルフロート直置きでは不足で、特に低域の質感の確保ということでいろいろご苦労されたと聞いています。

私も共通点が多いのでキリンさん方式の導入を考えたというわけです。ただ、私のローボードはずいぶん昔のヤマハの木工システム家具でかなりしっかりしていましたので、さほどには強化の必要性を感じていませんでした。けれどもキリン邸のサウンドのしっとり感とくっきり感が両立したSNの良さを聴くといつか導入してみたいと思ってしまったのでした。

厚み20㎜の天然黒御影石オーディオボード。400㎜x300㎜とここでもウェルフロートボードとぴったりのおあつらえ向きのサイズがありました。



底面には、ボード天板との接面歪み対策としてフェルトを貼ることにしました。これもキリンさんのノウハウそのままです。いわゆる毛氈(もうせん)でウール60%。フェルトもいろいろあるようで、ほんとうはピアノ用の素材という観点で探索しましたが見つかりません。できるだけ天然素材に近いものということで選んだのが、このひな人形などの人形かざりに使う手触りの柔らかなもの。

これを御影石底面に端部を木工用ボンドで貼り付けます。ここも本来ならニカワを使いたいところですが、ほんの少量ですので使いやすい酢酸ビニルエマルジョンでよしとしました。フェルトは重量がかかると若干伸びるようで、底面ぎりぎりではなく多少小さめに裁断して伸びしろを残すのが要領です。

セッティングに当たっては御影石の厚さの分だけスタンドを低くしました。実はこのタイミングでサイドプレススタンドのショップ店主さんからアドバイスがありました。それはロックナットの位置です。詳細はこちらをご覧下さい。

要するにナットを振動経路の外側にセットするというもの。




これは盲点でした。両側から締めるのもNG。私も一点アース化で高音域の微かな付帯的な響きや女性ボーカルのいがらっぽさが気になりだしたところでしたので実にタイムリーなアドバイスをいただきました。一点アースで響きがクリアになってくるとまた新たにいろいろ見えてくるものです。

音像の目鼻立ちがよりはっきりしたという感覚です。重量ボードによって音の響きがクリアになっただけでなく安定感のようなものを感じます。ロックナット位置の変更も相まっての効果です。低音がより深く沈み込むようになり、ジャンルによって鳴るときは鳴る、それでいてクラシックでは品位を損なうことはありません。

さて、これでスピーカー周りは一段落して、夏休み宿題第2章、いよいよオフ会でショックを受けた《ヒジヤン流アーシングメソッド》への挑戦です。

これが新たな混沌を生み試行錯誤の連続となり、何とそのことで、またまたスピーカー足元に戻ってくるという台風10号なみの迷走となってしまいます。


(まだまだ続く)

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. ベルウッドさん、こんばんは〜

    キリン流ウェルフロートの使いこなしやはり良いですよね。
    特にフェルトに眼がいきます。

    お酒と一緒にお互いのマル秘使いこなしもゲロッパしてみまょう(笑)
    明日が楽しみです。

    byニッキー at2016-09-02 23:49

  2. ニッキーさん

    最近、鬼のようにメカニカルアースにハマってます。今夜は鬼ごろしでよろしくお願いします。

    byベルウッド at2016-09-03 10:44

  3. ベルウッドさん、おはようございます。

    >>鬼ころし

    それって悪酔いする、安い日本酒(笑)
    一説には、安酒で二日酔いの鬼が退治されたとか……
    メカニカルアースは良いと思いますが、酔いが悪い日本酒は注意です(笑)
    いたちょうさんには『ベルウッドさんに日本酒だけは…』とすでに伝えております。

    それで、今夜楽しみにしておりますのでよろしくお願いしますm(_ _)m

    byニッキー at2016-09-03 10:56

  4. ベルウッドさん、こんにちは

    ニッキーさんにかわり言っとくと、
    ニッキーさんもど~だい(土台)と言いたいようですね^^

    ベルウッドさんの印象と違い、
    泥臭いやりとりがすごくおもしろいです。

    これからどうなるのだろうかー!

    byRIRA_ at2016-09-03 13:33

  5. 台風10号(笑)

    まあお酒抜きで語ろうなんて、どだい無理な話ですよね^_^

    byにら at2016-09-03 14:10

  6. ベルウッドさん
    やってますね〜

    メカニカルアースのループにはまると、なかなか終わりが見えませんよね!
    これまで聞こえていなかったレベルの成分が聞こえ出す。
    次から次へと、疑問がわいて来ます。

    これは真実に近づいたのだろうか?ってね。

    行きつ戻りつ、メカニカルアースのツボを探る旅の始まりです。

    さあて、ドコが自己満足の縁切りポイントなのか??
    見切るって、とてもムツカシイのですね...
    これがヒジヤン流メソッドの奥深い所ですが、さまざまな展開が得られるのが面白い!

    ちょっと自虐的ですが、何故か、とても楽しいなあ(笑)

    はて、さて、その先に有るのは???
    ところで、最近、じらしプレイが炸裂してませんか???(爆!

    では、では

    byバズケロ at2016-09-03 20:40

  7. ベルウッドさん、こんばんは。

    SPの足元対策シリーズは、興味深く読ませていただいています。

    ただ、あまりにも繊細なチューニングをされていて、私は目が点の状態です。

    それでも、9/19の拙宅オフ会では耳の肥えたお客様を2人もお招きする予定なので、harubaruさんからWFリングをお借りしてなんとか使いこなしたいと考えています。

    SPの振動対策は容易ではないようですが、ベルウッドさんの実践記事を参考にしてやってみます。

    byED at2016-09-04 00:17

  8. ベルウッドさん、おはようございます。

    ウェルフロートボード下に御影石を入れられたんですね。
    得られた感触もまずまずのようで、良かったです。

    しかしながら暫定的なもので、まだ変わっていかれるようですので・・・続きを楽しみにしております。

    byKYLYN(キリン) at2016-09-04 08:36

  9. ニッキーさん

    昨夜は、すっかり《鬼ころし》ならぬ《鬼転がし》されてしまいました。今朝は頭が痛いです。

    byベルウッド at2016-09-04 11:55

  10. RIRA_さん

    オーディオで完璧なんてのは、どだい無理な話です。

    でも、夏休みの宿題をこなしてなかなか練れてきました。涼しくなる頃には落ち着いていると思いますので、ぜひ、ご検聴にお出でください。

    byベルウッド at2016-09-04 11:57

  11. にらさん

    昨夜は熱い夜でしたね。それにしても皆さん元気だなぁ~。あのあとどこへ行ったの?(笑)

    byベルウッド at2016-09-04 12:03

  12. バズケロさん

    >これまで聞こえていなかったレベルの成分が聞こえ出す。
    >次から次へと、疑問がわいて来ます。
    >これは真実に近づいたのだろうか?ってね。

    これはその通りだなぁ。ちょっと厳しすぎるかなぁ…、とか思ったり、音源の録音の違いが出てきてちょっとぎくりとしたりします。

    そろそろどこかで折り合いをつけなくては…という思いも出てきます。いや、まだまだ、と思い直して、また、深みにはまる。この堕ちる感覚がまた楽しかったりします。イヤだなぁ(爆)。

    byベルウッド at2016-09-04 12:08

  13. EDさん

    どうぞよろしくお願いいたします。瀬戸内のおいしいお魚が楽しみです。何だか「転がされ」そうな気がしますけど…(笑)。

    byベルウッド at2016-09-04 12:11

  14. KYLYN(キリン)さん

    お師匠さんの真似をしてみました。

    やはりローボード天板との縁切りはしっかりやっておきたいところですね。かえって低音による床振動が増えたのはびっくりです。スピーカーのエネルギーが損なわれずにしっかり空気を振るわしている証しなんでしょうね。

    コルクシートを貼ることも考えましたが、スピーカーの微妙な位置合わせをするのでボードを動かしやすいフェルトにしました。ここはスピーカーからはかなり離れたポジションなのでしっかり吸音してくれるフェルトで正解のようです。

    byベルウッド at2016-09-04 12:18

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする