ベルウッド
ベルウッド
クラシック音楽ファン:よい演奏会があると知れば遠征もいといません。オーディオシステムは、音楽そのものを楽しむのが本来というモットーのもとにコストパファーマンス重視で小ぶりな装置を目指します。正統オーデ…

マイルーム

メインシステム
メインシステム
持ち家(戸建) / リビング兼用 / オーディオルーム / 16畳~ / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
スピーカー:    PSD T4 Limited Special-ネットワークレス・マルチアンプ駆動 調音パネル:    Escart Ventoスクエア パワーアンプ:   金田式DCアンプ…
所有製品

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最新のレス

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

実はエソが好きだった私 (Harubaru邸マラソンオフ会・前編)

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年05月03日

懺悔です。

オマエの話しなど懺悔の値打ちもない…などと思し召しますな。どうか私の話しをお聞き下さいませ。

Harubaru邸マラソンオフ会にお伺いしたときのことでございます。



それはもう素晴らしい音でございました。800D3は、さすがでございました。以前の802D3も素晴らしかったのですが、なぜか低域不足気味でした。それが800にグレードアップしてまさにその低域バランスが改善。単に量感アップということではなく引き締まった低音の質感とリアリティが増したことで全体的な存在感と訴えかける力が大幅に増したのでございます。

Harubaru邸マラソンオフ会は、そういうお披露目にとどまらず、とても実験的な挑戦にもあふれておりとても楽しい会でございました。最初の実験は、すでにとても好評であったというDACの聴き較べ。

Harubaru邸で従来から定番でございましたCDP、エソテリックK-01をトランスポートとして、同軸で3つのDACにつなぎ換えて聴き較べるブラインドテスト。

その3つのDACとは…

A.エソテリックK-01の内蔵DAC
B.OPPO Sonica ES9038PRO
C.ASOYAJI AK4497 Ver.

の3つ。どれがどれかと当てるクイズのようなもの。マラソンオフ会前半でも大いに盛り上がったイベントで、その違いはかなりはっきりとした差が認められて参加された皆さんの正解率がとても高かったと伺っております。

私の懺悔話とはそのことでございます。

私は、ことごとく外しまくりました(滝汗)。

まあ、例えてみればTVの《芸能人格付けチェック》ならぬオーディオ人・格付けチェックといったところでございましょうか。さすがに連勝のGACKT様のようなお方はいらっしゃいませんでしたが、私はといえば「映す価値なし」も同然。高橋英樹さんのように地ベタに便所スリッパ同然の結果でございました。



最初のお試しソフトは、幸田浩子さん。私が試聴の定盤としているもの。Harubaruさんに言わせればベルウッドさんが断然有利で外すわけがないとまで仰っていただきましたが、これが私の重荷に…(涙)。

確かに、その差はかなりはっきりと認められたのでございます。(1)は、音場が奥に引き気味で音はクリーンですが薄味。それに対して(2)は音が濃いめになりストリングスの存在感が増し全体的に音が前に出てきます。(3)は音はくっきりと明瞭ですが、音場が小さく平面的。

よく出来ていていかにもオーディオマニアが好みそうな(3)こそ、エソテリックに違いないと思ったのでございます。しかし、私にとっては立体感こそが命。平面的な(3)はどうにも許せないと思えたのでございます。これこそ平素から私が嫌っていたエソの音に違いない…と。それに較べて(2)は音は濃いめに感じ、音楽としての積極性も感じました。ですから、これこそ最新のAK4497を使用したASOYAJI-DACに違いないと断じたのでございます。

これが、大違い。

あまりの大外しに同情なされたHarubaruさん(私の惨敗ぶりを面白がっただけとのウワサもございますが…)が、それではもう1回やってみましょうと…。前日までは、皆さまの正解率が高かったので勝負あったと再試技はなかったのだそうでございます。



二番目は、サラ・オレインの“ANIMA”から。私の苦手課目で、こういうソフトでは私の思いが整理しきれません。そのあせりから、またしても大失態。

(Ⅰ)は、明らかにくっきり系。積極的でそのせいで音源そのものの音の粗さを感じるところはありますが好感が持てます。(Ⅱ)は、水彩画的な透明感があってハープの音色もきれいですが少々作り物的な浮ついたものを感じてしまいます。(Ⅲ)は、注目が真ん中のボーカルに集まり気味でコントラストが弱いのですが弦楽器がきれいでまとまっています。迷いはありましたが、積極性を買って(Ⅰ)こそASSOYAJI-DACではないかと思ったのでございます。



これでは私の気持ちの整理がつかないとHarubaruさんの慈悲にすがり、三回目の挑戦をお願いしました。それはもう泣きつかんばかり。その三番目は、何とかクラシックをとの私の懇請を受け入れていただき、ヒラリー・ハーンのブラコンでございます。

2回目の時に、OPPOは出力レベルが低いのではないかというひとが多いというお言葉が参考となりまして、実際に音量レベルが低く感じましたた(ⅱ)をOPPOとしましたがこれだけは正解。第二楽章冒頭だけなので楽器の数は多くありません。(ⅰ)は、オーボエが甲高く一本調子の音色となりハイ上がりというわけではないのですがスペクトラムが高域に寄り付きがち。ヴァイオリンも同じ傾向でハーンの音色とは少し違う感じがいたします。それに対して(ⅲ)は、ナチュラルで立体的な空気感を感じます。こんどこそ(ⅲ)がASSOYAJI-DACと思いました。これもまた大間違いだったのでございます。

この不様な様子にHarubaruさんは大喜びでございます。エソ嫌いで有名なベルウッドさんなのに良い評価のものがエソばかり。実は、ベルウッドさんはエソが大好きなのでは?と笑いこけていらっしゃいます。このご指摘にはちょっと心の秘め事を見抜かれたような恥ずかしさを覚えてしまいました。

わかりやすく整理いたしますと、ブラインドでの私の評価は次のようになるのでございます。

                    1曲目    2曲目    3曲目  

A.エソテリック(K-01)        ○      ○      ◎   

B.OPPO Sonica ES9038PRO    △      △      △   

C.ASOYAJI AK4497 Ver.       ×      ○      ×   


B.OPPOは、良くも悪くも無難でバランスはよいのですが、何事にも消極的ということでは一貫しております。C.ASSOYAJI-DACは明快でくっきりとした描写力が持ち味のようですが、時としてそれが過剰に感じてしまいました。1曲目での立体感不足、そして3曲目では音色が明る過ぎて一本調子でありましたことは私の価値観とは裏腹でどうしてもよしとはできなかったのでございます。エソがダメだと決めつけて、最新バージョンのASSOYAJI-DACが一番良いはずだと思っておりました私は、ことごとく取り違えてしまいました。

ブラインドテストというのは、時として被験者の思い込みと心の深層を暴いてしまうような恐ろしいものでございますね。実のところ、私が良いと思ったものをたどっていきますと何とそれは全てエソだったのでございます。

嗚呼…

そうだったのです。あれほど悪態をつき絡んでいたエソを私は実は心の底で好きだったのでございます。私はどこか心に人恋しさを感じていて(?)、愛というのじゃないけれど、私はエソが欲しかった…。

こんなことは、ざんげの値打ちもございませんが話してみたかったのでございます。


さて、Harubaru邸でのイベントは、後半で思わぬ成り行きに。その衝撃の結果に参加者の皆さんは一時は騒然となったのでございます。

この続きは、後編でお話ししたいと存じます。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. ベルウッドさんこんにちは。
    これは嬉しい結果では? 私としてはホッとします。笑

    byYongJoon at2017-05-03 16:35

  2. ベルウッドさんこんばんは。

    いつまでもゲロッパしないからこういう結果になるんですよ(笑)
    そろそろ公式公開(後悔)ですかね〜〜

    byニッキー at2017-05-03 18:44

  3. 追記です。
    同じ、AK4497でもI/V回路がファインメットトランスよりもMUSE03の方が好みなんですね。

    この価格になってくると『自分が所有しているものそこ一番良い音』とオーナーさんは言いたいですものです。

    byニッキー at2017-05-03 18:55

  4. いやあ...文体が冴えていますね!
    読み応え充分でございます。

    このまま、ベルウッドさんの懺悔シリーズ(文体としても)が生まれるのかしら???
    ちなみに、明日もベルウッドさんがお嫌いだったエソでお迎えしますので、どちら側に転ぶか見物です。
    ネタ仕込み、ありがとうございます!

    ニッキーさん、ナイス突っ込み!!!!(笑)

    では、では

    byバズケロ at2017-05-03 19:21

  5. ベルウッドさん、こんばんは。

    2回も追試ですか?で、卒業は、できました?(笑
    ベルウッドさんの狼狽える姿とHarubaruさんのしてやったりの姿、目に浮かびます。

    asoyajiDACのAK4497の音、つい先日、ご近所で聞いたAK4497と似ている印象でしたけどね。

    ニッキーさんの突っ込みに1票!

    byいたちょう at2017-05-03 20:15

  6. YongJoonさん

    お恥ずかしい限りでございます。

    byベルウッド at2017-05-03 21:10

  7. ニッキーさま

    懺悔はしても後悔はいたしません。愛するオーディオに財を貢ぎ身も心も捧げるつもりでございます。こうやって愛に生き歌に生きる私はそれが運命であるかのようにエソ色に染め上げられていくのでしょうか。、

    byベルウッド at2017-05-03 21:14

  8. バズケロさん

    あなたが一番いけないお方なのです。私をまたもエソの誘惑の世界へと引きずり込むのですか?

    byベルウッド at2017-05-03 21:17

  9. ベルウッドさん、こんばんは。

    いろいろと意外でした…実はエソ好きだったんですね(笑)

    懺悔という内容とは裏腹に、オチャメさが出た文章の冴えは圧巻です…

    これからもニッキーさんとの掛け合いを楽しみにしています。

    byKYLYN(キリン) at2017-05-03 21:18

  10. いたちょうさん

    男と女の間には…深くて、暗い何かがあるのでしょうね。同じAK4497でもどこかに愛憎相半ばするものがあるのでしょう。

    byベルウッド at2017-05-03 21:21

  11. こんばんは。

    近年のエソは、ベルウッドさんがお持ちのかつてのイメージから少しずつ脱却しつつあるような気がします。或いは、もしかしたらご自宅に同一系列のものを導入されて免疫がついたのではないでしょうか?^_^
    今回のマラソンオフ会は随分とドラマチックのようですね。
    面白いなあ、、後編も気になります。

    byにら at2017-05-03 21:42

  12. こんばんは。

    まずタイトルに吃驚!拝読させていただきアワワワワッ!!
    3度目の後編やいかに!!!と固唾をのんでおります。

    1日目におけるDAC聴き比べでは、私だけがエソのDACが好ましいという結果となり少し凹んでいたところに、実に吉報です(^^;

    byそねさん at2017-05-03 22:56

  13. ベルウッドさん

    私も今日Harubaruさんのマラソンオフ会に行って参りました。どれがどれかという事は判りませんでしたが私は1位Asoyaji DAC、2位エソ、3位Oppoでした。

    でもエソのクロック追加とAsoyaji DACはかなりいい勝負と思いました。なかなかいいでしょ〜エソ。(^-^)v

    それにしても800D3になってバランスは格段に良くなってましたね。
    コンティニウムコーンの自然な響きはとてつもないグレードです。
    堪能しました。

    続き楽しみにしてます。

    byLotus Roots at2017-05-04 00:03

  14. ベルウッドさん、こんばんは。

    本当にお疲れ様でしたね。あんなに恥ずかしそうに顔を赤らめ、冷や汗タラタラのベルウッドさんは始めて拝見しました。

    以前拙宅に来られた時に何度も、エソの音は好きになれないなあ、と言われていたので、当日もまた同じコメントが出るのを予想していたのですが・・・今回のマラソンオフ会で最高に笑ってしまいました。(失礼)

    これで言えることは、今後ベルウッドさんの”xxの音は好きになれないなあ = いつか好きになるかもね”、と皆さんが解釈されることは間違いないでしょうね。(笑)

    次の日のオフ会懇親会の酒の肴とさせていただきました。(^^;) 
    楽しい話題を提供していただきありがとうございました。

    byHarubaru at2017-05-04 00:40

  15. ベルウッドさん、おはようございます。

    私も昨日、マラソンオフに参加させていただきました。昨日はDAC当てクイズというより、好みの申告という、カジュアルなブラインドテストでした。私の場合、OPPOが分が悪く、Asoyaji DACとエソテリックはいい勝負でした。順番ではまとまりの良さで、エソテリックを一番にさせていただきました。4人に1人くらいは、エソテリックを一番に挙げていたようなので、特に凹むこともなく・・・。

    by横浜のvafan at2017-05-04 06:39

  16. ベルウッドさん おはようございます。

    先日は、朝から押しかけて聴かせて頂き、ありがとうございました。
    拙宅でも自作AK4497DACで聴いていますが、マラソンオフ会では、DAC構成の違いやスピーカー、アンプの違いも大きく、正解したのは、最初の曲だけでした。
    いずれの音も、素晴らしい解像度で、声とエコーが明確に分離して聞こえるのには驚きました。

    Harubaruさんには、このような貴重な機会を与えて頂き、この場をお借りして感謝致します。

    byスイートサウンド at2017-05-04 08:42

  17. ベルウッドさん、 こんにちは。

     先日は、お疲れさまでした。
     早速の日記のUP、ありがとうございます。
     ベルウッドさんの文章の冴えも相まって、当日の様子が甦ってきます。

     この様なブラインドテストを行えるのは、オフ会ならではですね。 それも、Harubaruさんのお宅のように、高いレベルでのバランスを実現している、システムであればこそでしょう。

     DACの音の好みは人によって違うでしょうが、OPPOは解像度は高いのですが、どこか腰高。 Asoyaji DACは、現代風とでも言うのでしょうか、クッキリハッキリしていました。 OPPOと比べると、解像度はそのまま(少しプラスかな?)重心が下がった感じでしょうか。 エソトリックは、音のキレは引っ込み気味ですが、キレイな音でした。
     しかし、ヒラリー・ハーンの曲では、注目している部分が見つけにくく、間違えてしまいました。 いやー、難しい。

     後半戦でも面白い比較が有りましたので、ベルウッドさんの後編で明らかになるでしょう。

     このような機会を頂いた、Harubaruさんに、改めて感謝したいと思います。
     長期間のマラソンオフ会、お疲れさまでした。

    byYokkun at2017-05-04 11:46

  18. 懺悔とは大袈裟では・・

     音とは、同じモノを揃えれば、同じ音が出て来るほど単純じゃありませんから (笑)  特にココの多くの方は電線一本替えて一喜一憂されていますからね。 

     それでも何かを揃えなければ音は出て来ませんから、まずは視聴されて好みを探す訳ですよね。  好みの音出が見つかれば、努力次第では「似た音」が出せると言う事実が生まれますから。 視(試)聴は環境次第でどうにでもなってしまいます。

     自宅で試聴が出来れば一番です。 個が良くても、組合さないと価値がありませんからね。 

     しかしHaruさんは色々とお持ちですね。  良い音を聴いちゃうと欲しくなっちゃいますね (^^)/

    byアコスの住人 at2017-05-04 13:11

  19. ベルウッドさん、こんばんは。

    harubaruさん宅での楽しいオフ会の中に引き込まれるような、リアルなレポートをありがとうございます。

    ベルウッドさんの絶対的な評価にブレはなくて、asoyaji-DACのイメージが合っていなかっただけのようですね。

    それにしても、メーカーが威信を掛けて作った機器と渡り合えるasoyaji-DACは凄いと思いました。

    また、oppoも健闘していて、手軽にNWプレーヤーを導入するならこれも良さそうですね。

    拙宅では、ラズパイ3+VolimioのPCオーディオ環境を構築してハイレゾも再生できるようになったので、また機会がありましたら遊びにきてください。

    byED at2017-05-04 21:51

  20. ベルウッドさん、おはようございます。

    実に衝撃的な事実ですね(笑)
    「好き」の反対は「無関心」とはよく言ったもので、「嫌い」には、『ここがあと少し違えば好きになるのに』という不満が隠れているわけですねぇ。
    まあ、その日の気分や体調でも受ける印象は変わりますし、「おはこを一曲、かけるだけ」で判断できるわけではないですし。
    Harubaruさんの再生がそれだけ高レベルだったということなのでしょうね。

    自分のプレーヤー遍歴を考えてみると、実は結構「濃い」モノが多いことに気付かされたりしました(汗)

    後編はどうなるのでしょうか、楽しみです。

    byfuku at2017-05-05 06:39

  21. byKYLYN(キリン)さん

    私自身も驚きました。私がエソの音が良いと思っていたなんて。

    これで凹むような私ではありません。どんどん尖ってきてしまっている私はニッキー邸でいよいよ何を言い出すかわからなくなってきました。

    byベルウッド at2017-05-05 08:05

  22. にらさん

    確かに近年のエソは、かつてのティアックの「硬質で金属的な冷たさ」というイメージから払拭しているようです。それがいつから、どの程度ずつ変貌してきたかですね。

    K-01は旭化成の32bitDACチップを搭載した初代機。すでに発売以来5年以上経過しすでに現役を引退しています。

    音質問題は、この他にも基板パターン設計や実装技術などのノイズ対策、電源などいろいろあるようです。ハイエンドとしてそれがどのように歩んできたかですね。

    その結果、アマチュアが製作した基板による自作機に対してどのような立ち位置にあるか??

    それが、いまメーカーが問われているということでしょうか。

    byベルウッド at2017-05-05 09:21

  23. そねさん

    え~!?そうなんだぁ~!

    常々、素晴らしいオーディオ耳の持ち主と尊敬しているそねさんと同じ聴き耳結果だったなんで、こちらこそすごい朗報です!

    byベルウッド at2017-05-05 09:23

  24. Lotus Rootsさん

    もちろん私も1位Asoyaji DAC、2位エソ、3位Oppoという仮想基準を当てはめて解答しました。でも、どれがどのような音の傾向だとか、そういうポイントでどんな評点になるか、そういう機器ごとのキャラクター、いってみればブランドイメージ、グレード観のようなものはあらかじめ持っていませんでした。

    皆さんも同じで、あらかじめ各機器を聴いていたわけではなかったたのだと思います。それでも正解率が高かったそうですから、それはどういうことなんでしょうね。考えてしまいます。

    byベルウッド at2017-05-05 09:30

  25. Harubaruさん

    マラソン完走、ほんとうにお疲れさまでした。今年もまた一段と盛り上がりましたね。楽しかったです。ありがとうございました。

    私のほうは、翌々日のオフ会で肴にされました(爆)。今日もダジャレ連発でイジられそうです…。

    byベルウッド at2017-05-05 09:33

  26. 横浜のvafanさん

    またまた朗報をありがとうございます。横浜方面のかたは優しいなぁ(笑)。

    PCオーディオ(含む自作DAC)は、ちょっとした外乱要因で結果が毀誉褒貶するのかもしれません。エソテリックもOPPOも、良くも悪くもバランスという点でも、ソースへの対応という点でも《安定感》がありましたね。

    このことは、ちょっとばかり後編への布石になります。

    byベルウッド at2017-05-05 09:38

  27. スイートサウンドさん

    岡山からの遠征ありがとうございました。当日は、拙宅にもお立ち寄りいただき重ねてお疲れさまでした。どうも時間的なつながりが悪くて申し訳ありません。

    また、ぜひ、岡山の皆さんのところにお伺いしたいと思っていますのでよろしくお願いします。

    byベルウッド at2017-05-05 09:42

  28. Yokkunさん

    お疲れさまでした。でも、とても楽しく、いろいろ発見があって素晴らしいオフ会でしたね。Harubaruさんに感謝、感謝です。

    YokkunさんもおそらくⅠAsoyajiDAC ⅡEsoteric ⅢOppoという序列ランクを頭の中にイメージされていたのだと思います。それで正解を続けていたYokkunさんですが、ご自身、生で聴かれたヒラリー・ハーンに限って間違われたということも、勝手に朗報にさせていただきます(笑)。

    あの瞬間は、やっとYokkunさんと同じになった、今度こそ正解だと内心大喜びだったのですけどね(爆)。

    byベルウッド at2017-05-05 09:52

  29. アコスの住人さん

    ブラインドテストというのは、(1)被験者の検知能力をテストする場合と、(2)被検体に対する人間の先入観や錯覚を排除して評価する場合と、ふた通りあるわけです。

    今回は、ブランド当てということで、一見、(1)のように見えますが、あらかじめそれぞれのブランドの音を被験者に聴かせていたわけではないので、実は(2)のほうに近かったのだと思います。

    その意味では、ブラインドテストというのは諸刃の剣です。(2)のテストというのは「安いデジアンが100万円超のハイエンドアンプに勝った」式の話しによく利用されていますよね。

    自宅での試聴というのは、いわば個人の先入観や自己愛満開(爆)の環境になるわけですから果たしてどうでしょうね。

    byベルウッド at2017-05-05 10:07

  30. EDさん

    楽しいオフ会でしたよ~!

    楽しさのなかにはこういうHarubaruさんのサービス精神あふれるイベントも含まれるわけです。それは、また、ちょっと深掘りしても面白い結果ももたらしてくれた…というので後編へ続きます。

    OPPOはとても良いですね。結果的に一番安定感がありました。

    NWオーディオとか、ピュアとマルチ、あるいはオーディオで映像とか複雑なシステムではその多機能ぶりを発揮するというだけではなく、接続性がとても安定しているのだと思います。それは、比較した他のオーディオ機にはないインターフェースやノイズ耐性の高い能力が秘められているという気がしました。

    byベルウッド at2017-05-05 10:15

  31. fukuさん

    いやあ、赤っ恥そのもののお話しです。

    それにキライを連発していたエソばかりをイイと言っていたことになってしまい二重の恥をかいてしまいました。

    ケンカしたりイジめてばかりいた幼なじみに、あるとき突然、キミが好きだぁ~とコクっちゃうような気恥ずかしさ…ということでしょうか。

    fukuさんの好きな「濃い」(恋?)音をぜひ聴かせて下さい。

    byベルウッド at2017-05-05 10:23

  32. ベルウッド様

    先日はお世話になりました。
    DAC聴き比べは楽しかったですね。
    私も、事前に勝手なランク付けをして先入観を持っていましたが、エソが1番いいと思った曲(1曲目)もありましたので、曲によって三者三様かなと思いました。

    後半のあのネタも楽しみにしております(^_^)

    by翠巒 at2017-05-05 15:23

  33. 翠巒さん

    先日は楽しい会でしたね。ありがとうございました。

    赤恥の言い訳ではありませんが、三つのDACは意外に実力伯仲でしたね。私は、とうとう最後までそれぞれのキャラクターを把握しきれませんでした。三回目でかろうじてOPPOのキャラだけは理解できたようですが。

    後半ネタのことですが、翌日の会でまたまたどんでん返しがあったようです(笑)。

    byベルウッド at2017-05-06 12:13

  34. なんか、北原ミレイさんを下敷きにして心情を語られたような…

    byそねさん at2017-05-07 11:52

  35. そねさん

    ネタがばれましたか。さすがにそねさんにはかくせませんね。

    北原ミレイは、ちょっと好きです。「石狩挽歌」は彼女のヒット作というに限らず作詞家なかにし礼のヒットでもあり、日本歌謡界でも燦然と輝く傑作のひとつですよね。

    byベルウッド at2017-05-08 14:29

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする