ベルウッド
ベルウッド
クラシック音楽ファン:よい演奏会があると知れば遠征もいといません。オーディオシステムは、音楽そのものを楽しむのが本来というモットーのもとにコストパファーマンス重視で小ぶりな装置を目指します。正統オーデ…

マイルーム

メインシステム
メインシステム
持ち家(戸建) / リビング兼用 / オーディオルーム / 16畳~ / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
スピーカー:    PSD T4 Limited Special-ネットワークレス・マルチアンプ駆動 調音パネル:    Escart Ventoスクエア パワーアンプ:   金田式DCアンプ…
所有製品

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

アップコンバートの怪 (岡山・香川歴訪 その1-EDさん邸)

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年11月11日

二年ぶりの岡山・秋の音会への参加でした。



駅にお出迎えいただいたのはEDさん。当方はジパング倶楽部活用ということで新幹線といっても「ひかり」乗車ですので昼過ぎの到着。そんな自分勝手なスケジュールでしたが、とにかく綿密に現地での予定を組んでいただいて感謝です。連休とあって新幹線は満席状態。特に「ひかり」は外国人向けの日本周遊パスを利用する乗客が多いので、昨今はガイジンだらけです。

音会は、おなじみの皆さんとのオーディオ交流もさることながら、メバルが楽しみ。さっそく意地汚くEDさんに釣果をお伺いしたところ、ご都合で釣りに出られなかったとか。ところが、アカメバルの良いものが入手できたので予定通り昼食はメバルの煮付けを用意していますよ、とのお話し。本来の釣果は「クロメバル」で、アカメバルよりも味が濃厚なのだとか。そもそもメバルに赤と黒があることさえ知らない私です。お聞きすると、クロメバルは、メバルとは別種なのだそうです。関東でふつうにメバルというと、アカメバルのことを指すことも多くこれはカサゴの一種。クロメバルはスズキ目メバル科メバル属でこちらが本来のメバルだというわけです。



EDさん宅に着くと、さっそくごちそうになりました。美味です。目的達成ですが(笑)次回はぜひクロを目当てに参上ということになりそうです。

メバルを突っついていると、御常連のスイートサウンドさん、helicatさんもご到着です。ひと息入れたところで音出しということになります。

EDさんは、真空管に精通した管球アンプ自作のベテランですが、昨今はファイル再生にも取り組んでおられていて、この夏には逆に上京の機会に拙宅にお出でいた際にもラズバイご持参で、そのコスパ抜群の上質な出音に驚かされました。

今回は、さらにDACも最新の自作でES9038+トランス式差動合成という意欲作で、ラズパイとI2S接続。駅から自宅までの車のなかでいろいろなエピソードをお聴かせいただいていました。なぜかファイルフォーマットの同調がうまくいかないこと、それでラズバイでアップコンバートさせて192KHz/24bitに固定して再生しているとのこと。一方で、アンプのほうは出力管が少々へたり気味で音がぼんやりしてきていて、そろそろ寿命のようだとのこと…などなどです。とはいえ、こういうテクニカルなことはさっぱりの私は、もっぱらメバルのことが気になって、いささか上の空で聞いていたというのが本当のところ(笑)。



ということで、音を聴かせていただく時には、頭の中はすっかり空っぽでした。

「……。」

音が出た途端にとても意外な印象が…。とても澄んだきれいな音で、2年前とはずいぶんと違う印象です。控えめで素直。聴いていてとても気持ちがよいので、これはこれで良いと思いましたが、確かにリヒテル/カラヤンのチャイコフスキーを聴くと、古い録音のデジタル化音源とはいえ、かなり物足りなく感じます。



やがて他のお二方の口からいささか厳しいお言葉が…。これではせっかくのATCスピーカーが、らしくない…等々。なるほど、これが真空管のへたりなのかという話しにもなりかけましたが、スイートサウンドさんが「いやいや、これはラズパイのアップコンバートのせいだよ」と言い出しました。「はっきり言えばラズパイのアップコンバートはしょぼい」とズバリ断言。



それでは試しにと、リサンプル機能はスルーすることに。それで設定し直していたら「あ?認識したぁ!」とEDさんのお声。どうもファイルフォーマットに同調しなかったのは設定の関係のようだったのでしょうか。

ということで、CDフォーマットままでの音出しです。

これには、みんなでどっとのけぞってしまいました。かなり小物感が漂っていた(笑)リヒテル/カラヤンががぜんとスケールと迫力を押し出してきます。ATCの38㎝ウーファーはどうやらトイレかどこかに出かけていたらしく、戻ってきてくれてお仕事復帰です。リヒテルの左手の強靱なタッチが現れ、なあるほどこんなにコントラバスの音が入っていたんだぁと改めて感心してしまいました。



ラズパイのアップコンバートは、ハードではなくソフト系ですので音質はそのアルゴリズムに依存します。あるいはそういう付加機能がワークするととたんにCPUの負荷となってしまい不都合が生ずるということもあるようです。負荷をかけないようにアルゴリズムで妥協するということも重なっているかもしれません。PCオーディオにありがちなコンバージョンによる劣化です。ラズパイのアップコンバートに関してはそんな記事もありました。

逆に言えば、PCオーディオには改善シロが宝の山のようにザクザクあるということでもあるし、こうしたアルゴリズムのノウハウの日進月歩というのがDACの世界にはあって、つい2~3年前のフラッグシップ機がたちまち陳腐化して、最新のヘッドフォンDACアンプに負けてしまうということもあるわけです。これからはFPGAを活用したファームウェアのバージョンアップが可能な機器でなければ安心して高額な対価は払えないということかもしれません。

そんなこんなで盛り上がってしまいましたが、早くも時間が押してしまいました。この次はスイートサウンドさん宅に移動です。

(続く)

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. ベルウッドさん、おはようございます。

    メバルについてはクロに出会うまで通うしかありませんね。これからも訪問が続きそう( ̄▽ ̄)
    さりげなくビールが写っているのにニンマリしてしまいました。

    by2Hくん at2017-11-11 08:04

  2. ベルウッドさん、おはようございます。

    リラックス感満載の音会の雰囲気が伝わってきました。遠征お疲れ様でした。赤、黒のお話は、どこぞの焼酎を思い出しました(笑)。私もいつかはクロメバルにありつきたいものです。

    アップコンバートの件は、興味深いですね。元々ハイレゾ音源をそのまま再生した場合はどうなのか?など気になります。ES9038の感想などまた今度お聞かせ下さい。

    by横浜のvafan at2017-11-11 09:24

  3. ベルウッドさん、おはようございます。

    遠征、お疲れ様でした。
    出かけて、聴いて、食べて、楽しむ。
    遠征される側もですが、お迎えする側であっても、また楽しいですねぇ。
    もちろん、不安はあったりするのですけれども(笑)

    >メバル
    私の認識ではクロでした。
    釣りに行かなくなって久しいですし、メバル釣りはやっていませんでしたし(他の魚を狙っていて釣れることはありましたが)。


    二日間でどのように楽しまれたのか、日記の続きが楽しみです。

    私も今日は遠征中です。
    オフ会ではなく、ハイエンドオーディオショウですが。
    まあ、出会いがあってもおそらく買えないのですけれども(^-^;
    将来の目標が出来れば良いなぁ。

    狙っているモノもあるのですが、ショウには出てこないものですので(笑)

    byfuku at2017-11-11 09:25

  4. ベルウッドさん、おはようございます。

    瀬戸内オフ会+メバルを食べる会へ参加していただき、ありがとうございました。

    今回も仕事の都合で釣行出来ず、赤メバル(カサゴ系)になってしまいました。

    赤メバルの味は、淡泊で癖が無いので万人向けですが、黒メバルは脂が乗り濃厚で少し魚臭いです。

    次回こそ、黒メバルをお出ししたいと思いますので、よろしくお願いします。(関東方面の横浜のvafanさん、いたちょうさん、harubaruさん、K&Kさんもお待ちしていますよ。)

    ところで、今回もラズパイのアップコンバートで大失敗してしまいました。

    アップコンバートにより、丁度、真空管が寿命でボケたみたいに、音にメリハリが無くなってカマボコ型帯域になっていました。

    PCオーディオやハイレゾ系では、大先輩のスイートサウンドさん、helicatsさんはやはり頼りになりますね。

    今回も、一瞬で問題が解決してしまいました。

    ほんとうは、AK4497とES9038の音質傾向の違いが少しでも聞き取れないかと考えていたのですが、比較どころではない状況で失礼しました。

    これに懲りず、また是非遊びに来てください。

    byED at2017-11-11 11:32

  5. ベルウッドさん、こんにちは。

    瀬戸内遠征、お疲れ様でした。
    一度は、訪れてみたいです。

    魚と真空管、、どちらも甲乙付け難いです。
    これにお酒があれば言うこと無しですかね。

    ラズパイにアップコンバートまで任せるには、ちょっと非力ではないのかと想像しています。

    byいたちょう at2017-11-11 14:40

  6. ベルウッドさん こんにちは

    ラズパイでのアップコンバートは、拙宅でもいろいろと実験していたので、ピンとくるものが有りましたが、拙宅のスピーカーでは、これほどの違いがありませんでした。これは、うちのSPが、元々「控えめで、素直な」特質のせいかも。

    byスイートサウンド at2017-11-11 15:32

  7. ベルウッドさん

    元々アップコンバートを信用していなかったのですが、これだけ違うと確率的には低いと思いますが良くなる事もあると云う事かな?

    ただ192KHzだとDAC内部のデジタルフィルターでも再度のアップコンバートされるので相性が悪かっただけの可能性もありますね。

    byhelicats at2017-11-11 18:20

  8. 2Hくん

    メバルのおかげで早くも昼ビールモードです(笑)。EDさんもここで運転手のお役目御免なので、ふたりだけビールでした。これだから岡山音会はやめられません(笑)。

    byベルウッド at2017-11-11 23:41

  9. 横浜のvafanさん

    とてもアットホームな雰囲気のなかで、テーマ性を持った楽しいオフ会です。

    PCオーディオの劣化音質というのは、こういうものなのでしょうね。気楽に楽しむレベルと割り切ればとても上質な音で申し分ないという気がします。ポータブルオーディオがしばしば「よい音」と感じますが、そういう音なんでしょうね。けれどもヘッドフォンなどではなく、スピーカーでアコースティックに鳴らすと「箱庭的」というのかまったく実物大感覚が得られません。これといった欠点が無い音なので、ハイファイと錯覚しやすいのです。

    DACの音質比較とはぜんぜん別次元でした。

    byベルウッド at2017-11-11 23:50

  10. fukuさん

    皆さんには大変お世話になりました。ホストというのはもてなしの準備もあるし、何よりも自分のシステムの音がどう受け止められるかという緊張がありますよね。こちらは旅人気分でお気楽でとても楽しかったのですが…(笑)。

    fukuさんも活発に動かれているのですね。また、動きがありそうですね。また、ぜひ寄らせて下さい。

    byベルウッド at2017-11-11 23:53

  11. EDさん

    すっかりお世話になってしまいました。

    今回は、皆さん、渾身の新DACの比較試聴により成果を問うというテーマがあったはずですが、いろいろハプニング的なこともあってちょっと忘れられてしまいました。帰宅してからそのことに気づきました(汗)。これも次回への宿題となりましたね。自作ですから、また、日々いろいろ手を入れられて進化熟成するのだと思います。また、次が楽しみです。

    byベルウッド at2017-11-11 23:56

  12. いたちょうさん

    こちらの皆さんは、真空管にお詳しいです。いたちょうさんも次はぜひご一緒しませんか。タマは深いです。

    ラズパイというのが今ひとつわかっていませんでしたが、ソフトにアップコンバート機能を持たせているのですね。逆に考えれば、PCオーディオというのは、高性能のコンバート機能を持ったボードというのも今後大いにありうるわけですね。PCはますます目が離せません。

    byベルウッド at2017-11-12 00:02

  13. スイートサウンドさん

    いやあ、今回のズバリのご指摘には恐れ入りました。研究の実践と経験知の積み上げなんですね。

    私なんかはまったくの門外漢で、最初は、蒸留水みたいにきれいな音と感じてこれはこれでアリなのかなぁと思っていました(汗)。EDさんの音のポリシーが変わったのかなぁなんて呑気に聴いていたのでお恥ずかしい限りでした(大汗)。

    byベルウッド at2017-11-12 00:05

  14. helicatsさん

    DACチップでどんな動作をしているのかがよくわからないので、重複とか相性ということもあるかもしれませんね。

    ラズパイのリサンプリングというのは、192KHz/24bitなどのフォーマットに固定して出力するようなので、アップコンバートというよりは別のサンプリング周波数のフォーマットに変換するファイルコンバージョンという感じですね。ストリーミングにかませるのはちょっと無理があるようです。

    byベルウッド at2017-11-12 00:10

  15. ベルウッドさんこんばんは。

    PCやファイル再生は難しいですね。
    設定で『カリカリ』させれるデジタルよりも、
    リード線などの細かいパーツを『イライラ』と弄っているアナログの方が楽しいてす。(苦笑)

    さて、今日はどんな『通知表』と『診断書』を書かれることになるのやら……
    せめて、外科手術にならない様にしないと(汗)

    byニッキー at2017-11-12 00:14

  16. ニッキーさん

    本日は『ゴリゴリ』と音を立てるような大手術になるかも…。

    byベルウッド at2017-11-12 10:22

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする