ベルウッド
ベルウッド
クラシック音楽ファン:よい演奏会があると知れば遠征もいといません。オーディオシステムは、音楽そのものを楽しむのが本来というモットーのもとにコストパファーマンス重視で小ぶりな装置を目指します。正統オーデ…

マイルーム

メインシステム
メインシステム
持ち家(戸建) / リビング兼用 / オーディオルーム / 16畳~ / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
スピーカー:    PSD T4 Limited Special-ネットワークレス・マルチアンプ駆動 調音パネル:    Escart Ventoスクエア パワーアンプ:   金田式DCアンプ…
所有製品

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

チタンねじを換える(その2)

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年05月29日

前回の続きです。カートリッジの取り付けねじのお話し。

こちらもすでにチタンねじに交換していて好結果を得ています。



手っ取り早く山本音響のものを入手して使用していました。ウィルコムなどで入手可能な汎用品は、DL103用のM2.6のサイズがありません。しかも、プラスねじのナベ頭しかありません。また、ナットに至っては全く入手不可で、山本音響のセットは真鍮(金メッキ)製でどうしても画竜点睛を欠くという感が否めません。



そこで、スピーカーユニット固定ねじの再製作のついでに、やはり一品特注で製作をお願いしました。それがようやく一緒に届きました。

ナットはローレット仕上げにしましたが、ねじ本体の方はローレット仕上げを省略しました。取付の際にはやはりあったほうがよかったかなと思いましたが、取り付けてみるとすっきりとした外観です。



山本音響製は、よく言えばチタン色ですが実際のところは黒ネズミ色でいささか泥臭い。今回のねじは形状だけではなく研磨仕上げでより銀白色に近い色合いでデザインは格段によくなりました。

取り付けの際には、やはり、こちらもスレッドコンパウンドを塗布しました。かなり細かい作業です。



さっそく聴いてみました。

スピーカーほどの違いではありませんが、やはり、よくなったような気がします。

微かに残っていた高域のササクレとか引っかかりが完全に無くなったという気がします。分解能が高く、しかも、高域のメタリックな響きが完全に解消しました。とにかく溝に刻まれた情報は細大漏らさず、何もつきまとうことなく、正確に拾い上げてくれているという満足感があります。音量の大きい部分でも飽和感がありません。そのサウンドには、昭和の面影とかは皆無。

よくなった理由として考えられるのは、やはり、真鍮ナットがボトルネックになっていて、ここもチタン化してその良さが最大限引き出されるようになったということ以外には思いつきません。



もちろんプラシーボの疑い満点のところもありますが、見た目のよさには満足感が相当にあります。とはいえ、コストパフォーマンスの点では最低でした。見栄は高くつきます。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. ベルウッドさん
    チタンネジの別注とは本数も少ないでしょうからかなりのものだったんでしょうね。
    私もどうもあの鍋プラス頭のネジだけは使いたくなく諦めていました。
    やはり見栄えは大事ですのでお気持ちすごくわかります。
    今回、うちの場合はたまたま安価なネジを発見したのでそれを使いましたが、やはり削り出しのネジはいいですね。
    画像を拝見してやはり格好いいので自分も作ってもらうかなと考えています、友人にチタンの切削加工が得意な会社をやっている人がいるので出来たらいいのですが・・・・

    bymotocue at2018-05-29 10:31

  2. motocueさん

    日記を拝見して、RCカー用、香港、e-bay …ということでちょっと衝撃を受けました(笑)。発注してすでに1ヶ月以上経っていて納入直前でしたから。ただし長さがDL103には不足であることとナットにもこだわっていたので、この価格は仕方がないかな…と思いました。スピーカーのネジの勢いでいっちゃいました。

    byベルウッド at2018-05-29 19:34

  3. つい一昨日、これまで普通のチタン鍋頭だったのを、同サイズのチタンのボタンヘッドをアマゾン(!)のRCショップで見つけてゲットしました。その際、ついでに別ルートでナットをステンから黄銅にしました。単にネジを六角穴にしたかっただけなのですが、またもや音が激変してビックリです。これまで以上にチタン特有といいましょうか、凸凹や引っ掛かりが無くなり滑らかになりました。
    ちなみに同時交換のそのナットは黄銅のメッキ無しで、切削品ではない敢てホーマー(圧造)製を選びました。その製法により、切削品よりも加工硬化で素材として固くなります。とはいえ結果的にどの影響なのかは良く分かりませんし、ステンよりは良かったという事だけなのかもしれません。機会あったらチタン製作お願いしてみようかな。

    byにら at2018-05-29 20:58

  4. ベルウッドさんこんばんは。

    ナットまで、チタンにしたんですか‼︎
    特注品の出来に『ナットだけに納得』ですね。
    あっ、晩御飯に納豆食ってました。

    山本音響工芸のチタンネジは私も所有しておりますのでまた試してみようかな?(AT- ART9にはまだ試しておりません)

    byニッキー at2018-05-29 21:08

  5. ニッキーさん

    チタンねじは、いったんは却下のようでしたが、条件が変わればまた違った評価になるかもしれませんね。システムが向上すると、自分の耳も嗜好が変わるということもありますね。トライしたらぜひ結果を教えて下さい。

    byベルウッド at2018-05-30 18:38

  6. にらさん

    RCカーの小物にはちょっとオーディオにも転用できるものがあってスポットですね。私も一二度、赤羽のモデルショップでチタンねじを探したんですがそのお店には無かったのであきらめました。

    アマゾンというのは盲点でした。発注した後だったので、すでに時遅しでしたが念のためアマゾンを当たったら、長さが最長12Lなんです。これだとDL103には寸足らずでした。それでまあ結局は一品製作でしかなかったのかなと変に納得しました。

    ナットはこだわりましたね。やっぱりこれもチタンにしたほうがいいですよ。ふふふふ…。

    byベルウッド at2018-05-31 10:20

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする