ベルウッド
ベルウッド
クラシック音楽ファン:よい演奏会があると知れば遠征もいといません。オーディオシステムは、音楽そのものを楽しむのが本来というモットーのもとにコストパファーマンス重視で小ぶりな装置を目指します。正統オーデ…

マイルーム

メインシステム
メインシステム
持ち家(戸建) / リビング兼用 / オーディオルーム / 16畳~ / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
スピーカー:    PSD T4 Limited Special-ネットワークレス・マルチアンプ駆動 調音パネル:    Escart Ventoスクエア パワーアンプ:   金田式DCアンプ…
所有製品

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

秋の音会 (岡山遠征 その1)

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年12月02日

今年も、めばる食べたさに岡山へ遠征してしまいました。

岡山の皆さん恒例の四季の音会。今年は、なんだか冬の訪れが遅いようですが11月下旬のやや遅めの「秋の音会」です。

実際、空港に着くと、高い秋の青空に紅葉が映えてとてもきれいな秋の風景。スイートサウンドさんにお迎えいただいて、さっそくお宅に向かいます。到着するとすでにHelicatsさん、とりさんがお見えでした。



昨年、素晴らしい立体音場でがぜんその存在感を示した正十二面体のスピーカーキャビネットは健在です。今年の目玉は、力作のラズパイです。



PCオーディオの最大の鬼門のひとつは電源由来のノイズですが、スイートサウンドさんによれば、ボードにはいくつか違った電圧で供給するために米粒大のスイッチング素子が植え込んであって、いくら大元をバッテリー駆動にしてもノイズは完全には一掃できていないとのこと。確かにUSB給電は+5.0Vですが、DACやDAIチップは+3.3V電源が基準ですからレギュレーターで電圧を変換する必要があるはずです。

そこで、そうしたスイッチング素子をオフにして外部から直接電源供給するという力作改造ラズパイというわけです。



これでダイアナ・クラールのCDリッピングとハイレゾ(96)との比較をしてみたら、即座に満場一致でその違いを言い当てるというほどの違いがあって、さすが、力作ラズパイとの声があがります。

けれども、準備された音源をずっと聴き進めていくと、どうもすっきりしません。スイートサウンドさんが「ちょっと高域がきつめ…かも?」と独り言したところで、私の居心地の悪さが氷解しました。やっぱり帯域バランスに違和感があるのです。私は「中低音がマスクされて聞こえない」と感じます。人によっては「高域が目立つ」とのこと。要するにハイ上がりなのでしょう。



ダイアナ・クラールの「カリフォルニア・ドリーミン」の後半の方で、ハイハットやマラカスのようなリズム音がありますが、水面に浮く油のように目立ってハレーションを起こしてしまいます。「パッヘルベルのカノン」のようなクラシック系音源では、中低域が聞こえずバスの和声の基音や中域の内声がなかなか音楽に参加してくれないのです。



二階に移り、サブシステムを聴くと、こういうバランスは間違いなくそちらの方がよい。「やっぱり一階のシステムは高域がおかしいですよ」ということになりました。ところが、先ほどのダイアナ・クラールの比較をやってみると、その違いが出ません。皆さん、どちらがどちらかわからずに苦笑してしまいました。

その原因は、2階は部屋の響きもあって分解能が低いせいだとか、一方、1階ではスピーカーのユニットを変えたせいで3ウェイのユニットのつながりが良くないのではとか、ユニットやキャビネットの向きのアライメントの調整不足ではないかとあれこれ憶測がありました。試しにということで、もういちど1階にもどって、従来のラズパイでも聴いてみました。1号機、2号機と3台の聴き比べですが、どうやら、やっぱり力作ラズパイが明らかにバランスがおかしい。

だからと言って、力作ラズパイが悪いとは限らない…というのがオーディオです。ここが良くなったせいで他のパーツのかくれていた問題が表に出てきたということもあり得るわけです。特にデジタル系は、高域の精細度が上がれば上がるほど難しさが増す…というところがあるようです。そして、フォーマットのグレードの違いがかえって目立つということが逆効果の結果だったりします。

「高域を乗り越えなければ前進なし」

とは、helicatsさんのその場でのセリフ。けだし箴言というべきでしょうか。



昼食は、岡山では人気の焼肉店。

こちらで焼肉定食をいただいて、次は、とりさん宅初見参です。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. ベルウッドさん

    >「高域を乗り越えなければ前進なし」

    オーディオは趣味の世界なので前進しなくても問題有りませんが・・・
    同じ所を堂々巡りするか? 更に1段上の音が出せるか? の分かれ目ですね。

    自作派だけに許された特権かも?

    byhelicats at2018-12-02 17:06

  2. helicatsさん

    先日はありがとうございました。

    手塩にかけて、作り育てたひとつひとつの機器がうまく作動し、思惑通りの音が出てくることに一喜一憂というのが、これまた自作オーディオの楽しみであり醍醐味ですね。そして何よりも思い入れと愛情があればこそのサウンドへの愛着です。

    岡山の皆さんは、自作の愛に満ちています。

    byベルウッド at2018-12-02 17:31

  3. ベルウッドさん 

    先日は、遠方よりの訪問ありがとうございました。

    1FのTWは、昨年2Fで使用していたものです。音質の良さから、TWを交換し、レベル調整はしているのですが、バランス的には、高域が強い(情報量が多いのか・・?)という状態になってしまいました。

    ラズパイのSNが良く、分解能が高いほど、細かい違いが強調されている気がします。
    もうしばらく、この状態で聴いた後、2FのTW,WFユニットを1FのTW,MIDと交換する予定です。

    2FのSPは、その後、足元を少し変更し、ネットワークボードをSP台の外に置くこととしました。1FのSPと同じ設置方法になり、解像度が少し上がりました。(1F程ではないものの、CDとハイレゾの違いも分かるようになりました。)

    byスイートサウンド at2018-12-02 18:39

  4. ベルウッドさん、こんばんは。

    今回は黒メバルを食べていただこうと、張り切って島に渡って夜釣をしたのですが、朝方の気温が2度まで下がり寒くてシュラフで寝ることができませんでした。

    それで体力不足もあって、スイートサウンドさん宅と、とりさん宅のオフ会に参加できなくなってしまってすみませんでした。

    byED at2018-12-02 23:17

  5. ベルウッドさん、こんにちは。

    すっかり、音会のご常連さんになりましたね。あちらの会は、自作品を持ち込み和気あいあいといった雰囲気がありますね。

    私はまだメバルにありつけておりませんので、来年に期待、といったところです。

    by横浜のvafan at2018-12-03 12:30

  6. スイートサウンドさん

    先日はありがとうございました。

    岡山のマスカットワインのヌーボー、美味しかったです。地元ならではのナチュラルでフレッシュ。しかも辛口でフルーティな香りが引き立つワインはなかなか味わえません。

    無農薬有機米のお土産までいただいてしまい恐縮です。昨日、家族でたいらげてしまいました。いつも楽しみになってしまっている奥様の焼いた焼き菓子ともども、くれぐれも奥様によろしくお伝え下さい。

    byベルウッド at2018-12-03 13:36

  7. EDさん

    おかげさまでついに幻のクロメバルにありつくことができました。やっぱり煮付けこそ新鮮さが引き立ちますね。美味しかったです。

    今年はEDさんのサウンドも格段の変貌だと感じました。お忙しいなかを対応いただき恐縮でしたが、あのサウンドの裏話をもう少し詳しくお聞きしたいところでした。来年の楽しみにしております。

    そのあたりのお話しは、また、後ほどレポートいたします。

    byベルウッド at2018-12-03 13:39

  8. 横浜のvafanさん

    今年はついにクロメバルをいただきました\(^o^)/

    自作派同士の気さくで遠慮のない雰囲気は楽しくもあり、毎年、皆さんいろいろ工夫を重ね、新機軸の登場もあって興味津々、勉強にもなります。

    来年はぜひご一緒しましょう。

    byベルウッド at2018-12-03 13:42

  9. ラズパイ 電源にこだわっておられますね。先日レポートしましたが AlloDigione signature が出たので試しました。
    これも良いですよ。

    byKE2 at2018-12-04 06:51

  10. ベルウッドさん、横浜のvafanさん

    黒メバルは1月が産卵期なので、しばらく禁漁になります。
    3月中旬以降でしたら、お出しできると思います。

    お待ちしてますよ~。

    byED at2018-12-04 07:38

  11. KE2さん こんにちは

    Allo DiGiOneは、貴ブログを参考に2台も購入しましたが、こんなに早く上位機が出て来るとは、予想していませんでした。
    このタイプなら、ラズパイの改造無しでも十分な音質になりそうですね。・・
    そのうち試してみたいものです。・・・

    byスイートサウンド at2018-12-04 16:48

  12. ベルウッドさん、こんばんは。

    スイートサウンドさん宅の1階と2階のシステムのCD音源とハイレゾ音源の比較は、面白かったですね。
    ダイアナ・クラールですが、1階では明確な違いがあったのに、2階では頭が混乱して訳がわからなくなりました。
    スイートサウンドさん宅は、訪問するたびに音が変わっていきます。今後も、ラズパイのエージングやユニットの交換(メーカーの統一)で、どう変わるのか楽しみにしています。

    byとり at2018-12-05 21:58

  13. とりさん

    ハイレゾ音源との比較は面白かったですね。違いがはっきり目立つ…、あるいははいフォーマットと思われる音…、そういうことがほんとうによいことかどうかがちょっとわからなくなります。「良い音とは…?」というのは難しい問いですね。

    ユニット交換は楽しみです。スピーカーというのもつながりとかバランスが大事です。ユニットをひとつだけグレードを上げてもよくならないことがあります。あるいは個性(特性)の違うユニットだと、オールスターであっても必ずしも良い結果になりません。ここら当たりもオーディオの醍醐味です。

    byベルウッド at2018-12-06 16:04

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする