ベルウッド
ベルウッド
クラシック音楽ファン:よい演奏会があると知れば遠征もいといません。オーディオシステムは、音楽そのものを楽しむのが本来というモットーのもとにコストパファーマンス重視で小ぶりな装置を目指します。正統オーデ…

マイルーム

メインシステム
メインシステム
持ち家(戸建) / リビング兼用 / オーディオルーム / 16畳~ / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
スピーカー:    PSD T4 Limited Special-ネットワークレス・マルチアンプ駆動 調音パネル:    Escart Ventoスクエア パワーアンプ:   金田式DCアンプ…
所有製品

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最新のレス

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

わが家もついに「二階建て」

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年01月29日

ついに、CDPのESOTERIC K1の足元にもウェルフロートボードを導入しました。しかも、一気に二段重ね。



先日、HarubaruさんがMFさんとともに拙宅にお出でいただいた時のこと。懇親会でしきりにCDPの足元にフルコンメカを導入することを勧められました。

実は、K1の足元には導入当初から、散々苦労してきました。私のラックは、FAPSラックというオール鉄骨で棚板のない特殊な構造です。当初に目論んでいた受け座を利用したアーシングメソッドは大外れで、もともとの脚であるPF(ピンポイントフット)に戻してFAPSラックに直置きにすることにしたのですが、サイズが合わずピンポイントにならず苦心惨憺。結局、ちょっと人には見せられないお恥ずかしいセッティングになっています。その後、幾多の調性は重ねましたが基本は、このサーカスみたいなセッティングは変わっていません。

それはそれでベストのセッティングにはなっているとは自負していましたが、やはり、ここは気になるところです。とはいえ、ウェルフロートに限らずボードを導入するにはラック段の高さが足らずにクリアランスが取れません。Harubaruさんにも、そういう事情をお話ししながらも、フルコンメカの利点を理解するだけに私も自分の言い訳に釈然としない思いのまま、酒杯を重ねることに…。

ところが帰宅して、酔眼朦朧のままにもう一度わが家のシステムを聴き直していたら、突然、ひらめくものが…!

発想は単純です。FAPSのラックはスパイクボルトである程度高さが調整できるようになっています。それでもボードを入れるには全くクリアランスが取れないので諦めていたのですが、そのボルトをジョイントで延長する方法があることに気づいたのです。これはもともとミニタイプのサイドプレススタンドの脚高さをかさ上げするためのもの。このままラックの段高さを上げようというもの。

さっそくHarubaruさんに、ボードの厚みを確認したところ、薄型はわずか32mmでしかも今はフルコンメカも装着できます。さらには、Harubaruさんの悪魔のささやき…『二段重ね』(笑)。


もともとはこんな感じ。(上段側の従来のスパイク部)



かさ上げして、ウェルフロートボード二段重ねが見事にはまりました。

ラックに限らず、スタンドもそうですが、FAPSはスパイク高さ調整がキモになります。ガタを完全に無くし、水平を取る。簡単なようでものすごく難しく根気が要りますが、これがキチンとできると、ちょっと別世界が見えてきます。ラック内を入れ換えるたびにこの調整が大変なのですが、今回は延長ボルトだけにかなり時間がかかりました。

それなりのひと手間と工夫も加えています。

二段重ねの意味は、下板のクセ(共振歪み)をさらに下段のウェルフロートで取ってあげるということになります。薄型はアンダーベースが薄鋼板一枚なので、棚板もないFAPSラックでは、それでも下段の下板の鳴りが気になるところで、そこで、下段側は例によってREALSCHILDで底面裏をデッドニングしています。しかも、さらに球形受け座のワンポイントでアースメソッド。

時間は思った以上にかかりましたが、仕上がりにはとても満足です。

先ずは、一聴してみたところ…

聴感上の音量がずいぶんと下がりました。CDPの足元にウェルフロートボードを入れただけでこんなに変化するのか!?と、改めて驚いてしまいました。これは意外で、まさか電気的特性が変わったはずはないので、やはり、振動伝達に起因するノイズのなせる技なのでしょう。

肝心の音質評価ですが…

音量が小さく感じるようになった効果もあるのでしょうが、きれいでスムーズな出音になりましたが、大人しくなったというか、上品な音になりました。

例によって、定番の調整ソフトをかけてみると…



ちょっと焦りました。どうも調子が出ていません。これはマズい!(汗)

…ということで、もう一度、スピーカーのセッティングを確認してみると、わずかに右肩下がりに傾いていました。ここ1ヶ月ほど微妙に不安定です。それを修正し、ついでにスタンド下のウェルフロートをクリーニングしながらちょいちょいと揺らしてウォームアップしてあげたら、がぜん調子が出てきました。

こういう時に、オソロシイと思うのが、やはりこのCDです。



思うような音像定位と響きや音場感が出ていません(冷汗)。そこからスピーカーの左右幅や向きのミリ単位での調整に一汗かきました。何かひとつ変えると、他のセッティングも変わってしまう。ひとつボトルネックが解消すると、見通しがよくなって、また、別のボトルネックが見えてくる。けれどもCDPの足元でこれほどシビアになるとは思いもよりませんでした。


これからじっくりと聴いてみます。第一印象の「大人しい」「上品」というのはややネガティブなコメントかもしれませんが、十分なエージングを済ませていない段階のお話し。実は、たった一日、二日聴いただけで、どんどん印象と評価が変わっています。すでに現時点でさえ、おおおおお…!!という感動の声を上げています。

この辺りの使用後の評価は、また、追ってレポートいたしたいと思います。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. ベルウッドさんこんばんは。

    ベルウッドさんのプレーヤーはどれも超一級ですのでウェルフロートで更に一皮。二段重ねで更に二皮剥けるのかと思います。

    私もHarubaruさんから二段重ねを勧められたておりますが、
    予算がないですと断るしか手がないです。(苦笑)

    今年もHarubaruさんのおかげでお互いウェルフロート談義に花が咲きそうです。

    byニッキー at2019-01-29 19:31

  2. ベルウッドさん、こんばんは。

    先週ご訪問させていただいて、ベルウッド邸のK-1のポテンシャルはもっと高いはずど思い、思わず二次会で『二段重ね』を呟いてしまいましたが、その後1週間で導入·日記はちょっと早すぎです。(笑)

    でもベルウッドさんらしいとても 正直なご感想で私も勉強になりますし、今後1か月間でどのように変わって行くのか、追レポートも楽しみですね。

    同じ薄型フルコンでも、私のは上がバーチ、下がMDF仕様ですので、ベルウッドさんの両方共にMDFでの検証は初めてですので、出音に違いが出て面白いですね。

    それにしてもウェルフロートのメカ交換もベルウッドの日記から火がつきましたので、ベルウッドさんももう立派な伝道師ですね。(笑)

    byHarubaru at2019-01-29 20:44

  3. ニッキーさん、横レスです。

    先日ニッキー邸で実験はさせていただいておりますが、間にフェルトを挟んだこともあって出音がニッキーさんのお好きなロックに合いませんでしたので、ニッキーさんには『二段重ね』はまだお薦めしていないと思います。

    今はフルコンメカで十分かと思いますのでじっくりと音楽を楽しまれてくださいね。(^^)

    byHarubaru at2019-01-29 20:55

  4. ニッキーさん

    昔、偉そうな上司から「キミも、ようやくひと皮剥けたね」などとよく言われたものです。


    トランプさんも壁におカネを使いすぎるせいで予算の承認がなかなか得られないようです。ニッキーさんもボードから承認が得られないのでしょうか。

    byベルウッド at2019-01-30 10:38

  5. Harubaruさん

    薄型の下板が鋼鈑というところが影響が大きいかも知れません。下の段はMDF仕様ということもあり得たかもしれません。ただし、私の場合は、やはり、高さのクリアランスがぎりぎりでしたので鋼鈑仕様の二段重ねが限界です。そこで気になる下段の下板はデッドニングすることにしました。

    通常のボードや棚板上であれば、その取り合わせで下段の下板はMDFはバーチ、あるいはフェルトやコルクを挟むということで音味が変わりそうです。


    二段重ねの効果から言えることは、ウェルフロートボードは上板よりも下板の方がものを言う…ということなのではないでしょうか。

    byベルウッド at2019-01-30 10:45

  6. ベルウッドさん、再レスです。

    やはりベルウッドさんに検証に参加していただくと、いろいろ展開が面白くなりそうですね。(^^) 確かにフルコンメカは構造上剛性が強く縦リジットにもなっていますので、下の下板まで音に関わって来そうですね。私はその下板の下にフェルトを敷いていますが、更にその下が硬い木のラックですのでその辺の材質の違いも大きいかと思います。

    下板をノーマルですか。私の手持ちのフルコン通常ウェルフロートでも検証してみますね。スペースと予算があれば3段重ねにもチャレンジしてみたいですが、バズケロさんあたりも興味を持たれるテーマかもしれませんね。(^_^;)

    ベルウッドさんは今のをスピーカーにも使用できますから、そちらでも検証できそうですね。

    byHarubaru at2019-01-30 13:15

  7. ベルウッドさん、やってますねー!

    二階建てウェルフロートですか。興味深いです。
    自分がこれまで取り組んできたCDPのセッティングとしては、下記がポイントかと思っています。
    1、外部振動を機器に伝達しないこと
    2、内部振動を素早く外部に逃がすこと
    3、機器本体を動かさないこと

    このポイントに照らし合わせながら拝読していたら、ひとつの仮説が浮かびました。まだ思いつきレベルの話なので中身には触れませんが、下記はどうでしたでしょうか。これが想定どおりなら、本格的な仮説にしてよいように思いました。

    ・K1をCDPとして使用した場合と、DACとして使用した場合の二階建てウェルフロート採用前後による音質変化の違い

    今度、コンサートでお会いしたときにでも教えて下さい。

    byヒジヤン at2019-01-30 19:30

  8. ベルウッドさん、こんばんは。

    早い決断ですね!(笑)
    また楽しみが増えました。
    落ち着いたらまた聴かせて下さい!

    byMF at2019-01-30 19:42

  9. ベルウッドさん、こんばんは。

    病で臥せっていた間に皆さん精力的にやってますね。

    二段重ねの音、ニッキーさん邸で聞かせていただきましたが、
    1段目と2段目に挟む素材、量でがらりと変わる様ですね。
    さて、何を選択されるか興味津々です。
    追レポート期待してます!

    byいたちょう at2019-01-30 21:46

  10. Harubaruさん

    またまた悪魔のささやきを…(笑)。

    先日の酒席では、CDPでは無理だからスピーカーの下で二段重ねをやってみようか…ということにいったんは考えたんですよね。今回もCDPで高さが入らなければスピーカー2階建てに流用できるからいいかと考えていました。

    次の課題です。

    byベルウッド at2019-02-01 09:20

  11. ヒジヤンさん

    今回は、ウェルフロートボードの導入が奏功したということなので、3.は絶対ではないということになりますね(それでも3.にはまだまだ追究の余地があるとは思っていますが)。

    1.か2.ということについては、今回のウェルフロート二段重ねは1,の効果だと思っています。2.についてはK1は筐体構造的に非常にしっかりと造られているからです。その検証をどうするか?…ですね。

    CDPとDACの比較は、第一印象としてはDACのほうにより効いていると感じています。ピアノのファイル再生などで効果を感じています。河村尚子の最新ショパン集など音色や響きにちょっと冴えない感じがあって不満だったのですが、がぜん魅力が出てきました。

    とはいえ、厳密な比較はしていません。エージングが進んで印象も変化中です。検証は、落ち着いてからやってみます。また、レポートいたします。

    byベルウッド at2019-02-01 09:29

  12. MFさん

    落ち着いたらぜひ聴きにお出でください。
    パワーアンプへのキャパシタ回路導入も予定していますので、それもかねて是非。

    byベルウッド at2019-02-01 09:30

  13. いたちょうさん

    インフルエンザは治りましたか。

    今回は、二段重ねの間には何もはさんでいません。下板の薄鋼鈑の平坦度は極めて高く、下段の上板との密着度も完璧です。鉄の固体振動伝達係数は高いので、むしろ、ここにフェルト等を挟んで振動をためるよりは、下段に伝達させてしまうのがベストと判断しました。

    下段の下板は、例によって球形受け座での一点アースです。スタンドフレームに手早く振動を逃しています。薄鋼鈑の鳴りは気になるので車用のリアルシルトでしっかりダンプしました。

    また、ぜひ、お聴きにお出でください。

    byベルウッド at2019-02-01 09:37

  14. ベルウッドさん、お返事ありがとうございます。

    そんな感じなのですね。よくわからなくなりました(笑)
    フルコンメカがよいと言う話を聞いたときには、機器の動きは最小にしてエネルギー吸収する(≒機器を出来るだけ動かさない)効果だろうと思いました。

    で、今回の二段重ねですが、機器を出来るだけ動かさない方がよいことは実験済みですので、二段重ねすることでよい効果が出たとすると、ウエルフロートの真ん中の部分が動くことでエネルギー吸収したのではないか?!と言う思いつきでした。ですが、動きに弱いCDT部よりもDACの方が効果が高かったとすると、その思い付きの仮説は違っていたことになりそうです。

    であるなら、やはり1又は2の効果が二段重ねにすることで上がったことが、機器が動いてしまうマイナス効果よりも高かったと言うことになりそうですね。(K1が筐体構造的に非常にしっかりと造られていたとしてもエネルギーは保存されますので、どこかに逃がすか、エネルギー置換しなければ消滅することはないです。)

    音をよくする事よりもメカニズムを解明することが興味深いので、是非いろいろ試されてレポート下さい。(すいません、自分はCDPにウエルフロートの採用はないな~なんて考えていたので、とても感心があります。)

    byヒジヤン at2019-02-01 17:55

  15. ヒジヤンさん

    ひとつだけ補足させていただきますと、K1の筐体は、単に頑丈というだけでなく、振動を外部へ逃がすようにしてあります。底板は5mmの厚鋼板でCDTメカ部は直接それに固定されていて、その底板には四方にスリットが切り込まれていて振動を四隅に分散させ、その先に受け座一体型のインシュレーター式脚部が取り付けてあります。前任のDENONやSony HAP-Z1ESとは格が違うという感じで、いろいろ試行錯誤しましたがDENONなどでうまくいったメカニカルアースは通用せず、そのまま設置するのがベストだったというわけです。

    いずれにせよ、もう少し時間をかけて聴き込み、検証してからレポートいたします。

    byベルウッド at2019-02-02 00:01

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする