ベルウッド
ベルウッド
クラシック音楽ファン:よい演奏会があると知れば遠征もいといません。オーディオシステムは、音楽そのものを楽しむのが本来というモットーのもとにコストパファーマンス重視で小ぶりな装置を目指します。正統オーデ…

マイルーム

メインシステム
メインシステム
持ち家(戸建) / リビング兼用 / オーディオルーム / 16畳~ / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
スピーカー:    PSD T4 Limited Special-ネットワークレス・マルチアンプ駆動 調音パネル:    Escart Ventoスクエア パワーアンプ:   金田式DCアンプ…
所有製品

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最新のレス

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

ヴェネツィアの嵐―ヴェルディ「オテロ」(ヴェネツィア/ミラノ音楽三昧 その1)

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年04月16日

早い桜の開花があった東京を後にして、イタリアへと旅立ちました。

イタリアは、むしろ東京よりも寒いくらいですが、10数時間かけてやっとたどり着いたヴェネツィア近くのマルコポーロ空港は冷たい風雨が吹きすさぶ夜の嵐。びしょびしょに濡れながら空港から徒歩でホテルに着いたらもう深夜近くでした。

この嵐の洗礼が厄落としになったのか、以後は快晴続きで地中海の陽光を浴びて快適なイタリア旅行を楽しめたのは不思議なほどでした。翌朝は、ホテル近くのバス停から市営バスに乗っていよいよヴェネツィアに向かいます。道ばたには何としだれ桜が満開でした。



ヴェネツィアは、アドリア海の懐のような湾内に抱かれた潟(ラグーナ)の島に築かれた町。ここに入るには潟の浅瀬に築かれた長い橋を渡ります。鉄道にせよ、車やバスにせよこの橋を渡るときに広がる海が視界に入ると、いよいよヴェネツィアだという独特の高揚感に襲われます。まさに「長い橋を渡ると、そこは美しい古都だった」という気分です。



バスの終着駅である「ローマ広場」からは水上バスに乗り換えて大運河を下っていきます。もはや、本土の車社会とは完全に訣別です。美しい運河沿いの街並を眺め、リアルト橋を過ぎるとほどなく「サン・マルコ広場」に着きます。まずは、宿泊するホテルにチェックイン。時間も早く部屋の準備はまだなので荷物だけ預けて、さっそく、フェニーチェ劇場の場所を確認に出かけました。



ヴェネツィアは、ほんとうに不思議な街。街中が中世にタイムスリップしたかのようなたたずまいで、大きな幹線は本島中央を貫く大運河だけで、あとは迷路のような路地が続き、何度来ても迷います。



フェニーチェ劇場は、そんな小さな運河を越え迷路をさまよったあげくに、ようやく路地を抜けた小さな広場に建っていました。歌劇場といえばその町の旧市街の中心の大きな広場に面して堂々と建っているのが普通です。ところが、ヴェネツィアのフェニーチェ劇場は、何だか路地裏のオペラ座とでもいうふうにちんまりと建っています。



再びサン・マルコ広場にもどり、サン・マルコ寺院を見学しました。もうずいぶんと前ですが、前回訪れた時は修復中で壮麗なファサードには足場が組まれ中には入れませんでした。今回は思う存分に寺院内の荘厳にして華麗なビザンチン様式の意匠を探索しました。内部に入るとわーんという暗騒音が絶えず、複雑で長大な残響とこだまのような反響を感じます。十字平面の中心の礼拝スペースに立ってみると四方に独立したペンデンティブドームは想像以上に遠く、モンテヴェルディやガブリエルのあのこだまのように四方から聞こえてくるルネサンスの寺院音楽の聖地に実際に立ってみて感無量です。

隣接するドゥカーレ宮殿は、もう何度も見学しているはずなのですが、その壮麗で果てしないような美の魔窟には身も心も呑まれてしまうような新たな感激があります。ため息橋を往き来して拷問室と監獄の迷路を彷徨うと、富と権力の象徴の暗い陰に気持ちが脅えてしまいます。

昼食は、広場のカフェで軽めに。魚のすり身をクリームに練り込んだペーストがとても美味しかった。地ビールはレッドビール(birrarossa)で、飲み口はほどよい苦みが意外にすっきりしていて乾いた喉にうれしい。



午後も散策を続けました。ほんとうにこの街は楽しくて、まさに美の迷宮。歩いても歩いても、歴史と美術は渉猟しきれません。へとへとに疲れて、改めてホテルに戻ってチェックイン。部屋で少々休んでから着替えて、いざフェニーチェへ。

…と、その前に腹ごしらえ。



軽く惣菜屋さんの2階のテーブルで夕食のつもりでしたが、その量にびっくり。

さて…

この日の出し物は、ヴェルディの「オテロ」。



このオペラは、まさしく、前夜の私たちと同じく激しい嵐の場面から始まります。大変なスペクタクル大作で、3管編成のオーケストラがのっけから全開で大嵐を演奏する。こんな小さな小屋でいったいどうなるかと思いましたが、小さめの空間だけに大変な迫力。マルコ・ベルティの堂々たる声量には終始圧倒さました。



デスデモーナのカルメラ・レミージョは姿よく演技力もあって、自分の身にふりかかる悲劇をも理解できない無辜の若妻ぶりを演じて「柳の歌」「アヴェマリア」に泣かされました。ピット内のオーケストラは後半になるほどに調子を上げて、悲劇の奈落へとまっしぐら。

指揮は、チョン・ミョンフン。



実は、事前の予習は、バスティーユ歌劇場、ドミンゴ版で聴いていて、ミョンフンの指揮ぶりに感服していまっていました。つくづくミョンフンはいい指揮者だと思いますが、特にこのパリ時代は絶頂期。ゴタゴタで突然解任されてしまったのが1994年のことですが、本当にもったいないことをしたと思います。

それだけに期待は大きかったのですが、この夜のエンジンのかかり方の遅さはちょっとがっかりしました。劇場がはねて外に出ると、目の前にパトロンに肩を叩かれ祝福されるマエストロの後ろ姿。奥さんと娘さんらしい若い女性の三人で楽しそうに話しながら、足早に運河の小さな石橋を渡ってサン・マルコ広場の方角へと路地の暗がりに消えていきました。そういう気さくさが、イタリア・オペラの有り様なのかとも思いました。




ヴェルディ「オテロ」
ヴェネツィア ラ・フェニーチェ劇場
2018年3月26日(火) 19:00
指揮:チョン・ミョンフン
演出:フランチェスコ・ミケーリ

オテロ:マルコ・ベルティ
デスデモーナ:カルメラ・レミージョ
イアーゴ:ダリボール・ジェニス
カッシオ:マッテオ・メッザーロ

GIUSEPPE VERDI, OTELLO

Venice: La Fenice Opera House
Conductor: Myung-Whun Chung
Director: Francesco Micheli
Sets: Edoardo Sanchi
Costumes: Silvia Aymonino

cast

Otello:Marco Berti
Desdemona:Carmela Remigio
Jago:Dalibor Jenis
Cassio:Matteo Mezzaro
Roderigo:Antonello Ceron
Lodovico:Mattia Denti
Montano:Matteo Ferrara
Emilia:Elisabetta Martorana

Conductor:Myung-Whun Chung
Director:Francesco Micheli
Sets:Edoardo Sanchi
Costumes:Silvia Aymonino

La Fenice Choir and Orchestra
Chorus Master:Claudio Marino Moretti

Children Choir ’Piccoli Cantori Veneziani’
Chorus Master:Diana D’Alessio

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. 煉獄の炎より三度転生したというフェニックス劇場のレポート楽しかったです
    (ここでオテロとは、観劇中の砲撃と火災にご注意のほど)

    地方のオペラ公演ではピットが小さいのでオケの規模の小ささに驚く事がありますが、昔ソフィアでアイーダを見た際にはコンバス1丁、チェロ2丁でもフォルテでは大太鼓で補強し、床を揺らす様な低音に作曲家や演奏者の手練れ・熟練に感心しました

    こちらも1000席程度の大きさだったと記憶しますが3管オケを越えて歌手の声を明瞭に届けるとは、さすがのハコですねえ(写真を拝見すると、なかなかに奥行きのあるピットで)
    内装も平間席が少なくボックスが何層にも聳えたち夢の中の様な意匠です
    この指揮者、歌手、舞台でオテロは最高じゃないですか
    柳の歌が終わりチェロバスの些か強引なドライブの後、遠くに砲撃が聞こえる・・・そんな情景が見える様です

    byLoge at2019-04-17 20:55

  2. ベルウッドさん

    私も10年ほど前にヴェネチアに訪れた際、半日ほど土砂降りに遭いました。丁度ムラーノへ渡った日だったので行き帰りで難儀したことを鮮明に覚えています。
    それを差し引いてもヴェネチアは良かったです。歩いてるだけで中世気分ですね。Harry’s Barでバカ高いBelliniを飲むと現実世界に引き戻されますが...

    私も次回はヴェルディを体験したいです。

    byのびー at2019-04-17 21:27

  3. カルメラ レミージョのデズデモーナははまり役でしょうね。ミョンフンがパリ時代の輝きを取り戻せないでいるのは残念です。でも劇場がはねた後のシーンは如何にもヴェネチアですね。車でマエストロをお迎えというわけにはいきませんので。臨場感溢れる旅日記楽しみにしております。

    byパグ太郎 at2019-04-17 23:18

  4. ベルウッドさん、こんばんは。

    私がを訪れたのは9年前の7月でしたので、サンマルコ広場はかなり暑かった記憶がございますが、4月のイタリアは日本より気温が低い日が多い感じがしますね。

    ヴェネティアは、その成り立ちが唯一無二の街であり、観光客も多いですが楽しめる所も多く魅力的な街だと思います。

    そんな所でヴェルディのオペラいいですね。いつか機会があれば訪れてみたいです。

    byHarubaru at2019-04-17 23:54

  5. Logeさん

    ピットの大きさを見切られるとはさすがですね。仰るようにここのピットは舞台や客席に較べると相対的に大きかったです。それが、今回の修復でそうなったのかどうかはわかりません。今回は、オルガンや大砲、舞台裏の器楽などは省略されていたような気がします。何しろ「オテロ」を実際に観るのは初めてだったので、この辺りの音響感覚はわからないのです。

    フェニーチェ劇場のことについては続編でも、もう少し触れてみたいと思っているところです。

    byベルウッド at2019-04-18 12:12

  6. のびーさん

    ヴェネツィアは何度訪ねても楽しいです。私は密かに心中で、ヴァーチャルなディズニーランド、リアルなヴェネツィア、あるいは、自然遺産のハワイ、文化遺産のヴェネツィアなどと呼んでます。

    前回は、仕事のついでに立ち寄りました(ヴェネツィアの大陸沿岸はけっこう工業地域、建築や工業デザインの中心です)が、その時は私もハリーズバーのテラス席でマティーニをすすりながら海風を浴びて楽しみました。

    byベルウッド at2019-04-18 12:17

  7. パグ太郎さん

    カルメラ・レミージョ、よかったですねぇ。ほんとうにはまり役だと思いました。彼女を観て、聴いて、楽しむというのは、こういう小さなフェニーチェ劇場ならではの贅沢だと、つくづく幸せな気分になりました。もちろん、デスデモーナとしてはとても可哀想で悲しかったですが。

    byベルウッド at2019-04-18 12:21

  8. Harubaruさん

    ヴェネツィア観光は、春が一番だとみんなから言われます。私も実は春にしか訪れたことがありません。夏は、熱いうえにどぶ臭いのであまり向いてないというわけです。春に心配なのは、雪解け水による潮位上昇ですが、今回はまったく何の問題もありませんでした。

    byベルウッド at2019-04-18 12:25

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする