ベルウッド
ベルウッド
クラシック音楽ファン:よい演奏会があると知れば遠征もいといません。オーディオシステムは、音楽そのものを楽しむのが本来というモットーのもとにコストパファーマンス重視で小ぶりな装置を目指します。正統オーデ…

マイルーム

メインシステム
メインシステム
持ち家(戸建) / リビング兼用 / オーディオルーム / 16畳~ / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
スピーカー:    PSD T4 Limited Special-ネットワークレス・マルチアンプ駆動 調音パネル:    Escart Ventoスクエア パワーアンプ:   金田式DCアンプ…
所有製品

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最新のレス

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

ライト建築とベートーヴェン (アーニマ四重奏団)

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年07月11日

先日、たまたまTVのスイッチを入れたら、池袋の自由学園明日館のことを特集していて、久しぶりに行ってみたいと思っていました。そんな時に、コンサートで配られるチラシにここでミニコンサートがあることを知りました。



明日館は、アメリカの巨匠フランク・ロイド・ライトの設計による建築として愛されてきました。羽仁吉一、もと子夫妻が創立した自由学園の校舎として1921年(大正10)に建てられました。旧帝国ホテルの建設に際してライトの助手を務めた遠藤新が羽仁夫妻の親しい友人で、ライトに引き合わせたのです。

自由学園が1934年に現在の東久留米市に移転した後も、自由学園の所有として卒業生が利用する施設として使用され、1997年に重要文化財に指定された後も結婚式場や会議室や集会室として一般にも公開されて文化財建築物を利用しながら保全されています。



遠藤新の設計による講堂は、しばしばコンサート会場として使われていて、私も何度か訪れていますが、今回は、明日館のシンボルとも言える前庭を望む大窓のあるラウンジホールでの演奏会とのことで、建築好きの妻を誘っていそいそとバスに乗って出かけたのです。



アーニマ四重奏団は、2006年に東京芸大出身者で結成されました。そうそうたるメンバーで母校で准教授として後進の指導に当たったり、紀尾井ホール室内管弦のメンバーだったりと各々に活躍されていますが、楽団としてもその後も息長く活動を続けていて、これまでもバルトークやメンデルスゾーン、シューマン、ブラームスの全曲演奏に挑んできました。昨年から、ベートーヴェン弦楽四重奏曲全曲演奏会を開催中で、今回はその第5回にあたるというわけです。

各公演50名限定ということで、会場は並べられた椅子で満席。ラウンジホールは思ったよりも小さく感じました。幾何学的なライト独特の簡素なデザインは、質実な装いと生活のなかに豊かな内面を育むという羽仁夫妻の教育の理念にふさわしいもので、美しい緑の前庭から差し込む柔らかい光を浴びながらおだやかに開演を待つのは至福のひとときです。



ほんの数メートルの距離で聴く、ヴァイオリンなどの弦楽器の音は想像以上に音量が大きく、鮮烈です。ラウンジホールの天井は二階の部屋と吹き抜けになっていて、さらに、続く部屋にも開放されているので、決して大きくない空間の容量のわりには音がこもらず、直接音主体のサウンドになります。オーディオやコンサートホールで聴く室内楽とはまったく違う響きです。

音が安易に融け合うことはなく、四人の個性がアンサンブルの中からそのまま浮かび上がり、その気持ちの一瞬一瞬のゆらぎがこちらにも伝わってきます。古くからの閑静な住宅街なのですが、平成になってから急激に膨張した池袋の繁華街の喧噪はどうしても聞こえてきます。演奏途中で救急車の執拗なサイレンが部屋のなかにも漏れてきて苦笑させられる場面もありましたが、独特の親密な空間で聴くハイドンのロシア四重奏曲の6番目の曲の端正でなお諧謔を含んだ表情豊かな表情を真摯に伝えてくれます。続くモーツァルトのある種の確信を胎んだニ短調の四重奏はとても鮮烈です。ロシア四重奏曲に感激したモーツァルトは、このハイドン・セットと呼ばれる知性的な意匠に満ちた曲集をパパ・ハイドンに献呈したのでしたね。



休憩時間には、食堂のほうでお茶とケーキが振る舞われました。

かつての調度が復元され、そのままに並べられたテーブルで小さな菓子を食べながら紅茶をいただいていると、ふと、小さな生徒たちの食事時間のにぎやかなおしゃべりが頭のなかでふと響いてくるような錯覚さえ覚えます。



開演中は、吹き抜けのテラスから父親といっしょにじっと下を見下ろしていた男の子が、周りのご婦人たちから歳を聞かれて、はにかむように手の五本指をいっぱいに広げて見せてくれたのが可愛らしい。


今回の演奏会は、前回とは違う配置レイアウトだったそうです。前回を知らないのでわかりませんが、オーディオファンがよく迷う、部屋のヨコづかい、タテづかい、のようなことでしょうか。ラウンジの奥の暖炉側は二階の下なので天井が低くてスペースとしては使えないと思います。おそらく前回までは大窓側をステージにしてそれを囲むように席が置かれていたのではないでしょうか。この大きさの会場になると、そんなレイアウトを工夫する迷いも楽しめるのだなと、ひそかにうれしくなってしまいました。

後半のベートーヴェンは、さすがにコンサートの主眼だけに、よく練られたアンサンブルになっていました。第一Vnの山崎さんは、活発に動き回り、時折浮かべる笑みのなかに快心の気持ちが伝わります。ベートーヴェンの弦楽四重奏というと、どうしても中期のラズモフスキーの充実や後期の晩年の内面的な世界を思い浮かべてしまいますが、こうして初期作品を聴くと、ハイドンやモーツァルトの確立した古典的世界を踏まえつつ、若々しい野心がここかしこに意匠となって現れて魅力的です。その「誉めてもらいたい」というようなベートーヴェンの若気が、私たちをどこか楽しくさせ、若さということを愛おしく思わせるところがありました。
 
 
 
 
 
 
 
 
アーニマ四重奏団
ベートーヴェン弦楽四重奏曲全曲演奏会 第5回
~初期弦楽四重奏曲集と先達の作品をめぐって~

2019年6月26日(水) 18:30
東京・池袋 自由学園明日館 ラウンジホール

ヨーゼフ・ハイドン:弦楽四重奏曲 ニ長調 Op.33-6
ウォルフガング・アマデウス・モーツァルト:弦楽四重奏曲 ニ短調 KV421

ルードヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン:弦楽四重奏曲第5番 イ長調 Op.18-5

1st Vn 山崎貴子 2nd Vn 松原勝也 Va 吉田 篤 Vc くぼた りょう

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. ベルウッドさん

    この様な開放的な陽光の差し込む明るいラウンジでの演奏は聴いていても楽しい気分になりますね♪。ウインドガラスのデザインも洒落てます。
    音響も開放的であったようですね。
    私はこういう雰囲気で音楽を聴くのが好きです。外部の騒音は私はあまり気にしません。仕方ないノイズと割り切ります(笑)

    また至近距離での演奏は迫力満点でオーディオ的にも強烈な印象となっのではないでしょうか。

    byどんぐり at2019-07-11 19:26

  2. 自由学園のあのホールで50席限定の弦楽四重奏奏、それもハイドン、モーツァルト、べトーヴェンの傑作(作品18ー4や5は中期、後期の大作にも劣らない素直な勢いの魅力があります)を聴くなんて、なんという贅沢でしょう! 街の喧騒が聞こえるくらいが日常に溶け込んでいる感じでいい
    のではないでしょうか。

    難しいこと、細かいことは棚上げして、ボーッと聴く弦楽四重奏であれば、前庭の芝生に寝転んで漏れ聞こえてくるのを楽しむというのでも良さそうですね。そんな時間が欲しい気分です。

    byパグ太郎 at2019-07-11 19:27

  3. どんぐりさん

    窓が大きくて日が差し込む、アットホームな雰囲気での演奏会というと、どんぐりさんのシャコンヌホールでのオフ会のことを、どうしても懐かしく思いだしてしまいますね。

    外来のノイズも、そういう雰囲気のもとではほとんど気になりません。そういえば、リヒテルのバッハ平均律のザルツブルク録音では、時おり、針音の奥からかすかに鳥のさえずりが聞こえます。

    とはいえ、さすがに、あの救急車のサイレンでは次の楽章を始めるのをちょっと待っていたのですが、なかなか鳴り止まず、そのしつこさに演奏者の四人も思わず苦笑いをされていました。

    byベルウッド at2019-07-12 00:55

  4. パグ太郎さん

    自由学園では、講堂や明日館で時々演奏会が開かれています。今回は、ラウンジホールのコンサート初体験でしたが、とても贅沢な気分を味わうことができました。

    シカゴ響のラヴィニア音楽祭やボストン響のタングルウッド音楽祭ではパビリオン内の客席の他に、広大な芝生の庭で格安の入場料でピクニック気分で楽しむことが出来ます。ラヴィニアでは、家族や会社の同僚とワインや食べ物を持ち寄っての野外パーティ。演奏が始まるとスピーカーから聞こえる音楽を芝生に寝転んで聴いていました。懐かしい思い出です。

    byベルウッド at2019-07-12 01:03

  5. ベルウッドさん
    フランク・ロイド・ライトの建築は、帝国ホテルもそうですが、様式美が素晴らしいですね。
    訪ねてみたい場所また増えました。
    皆さん感想を述べられてますが、開放的なサロンで聞く音楽は、寛いだ気分で聞くのにピッタリで、浮世の憂さも暫し晴れたのでは?

    by椀方 at2019-07-13 08:38

  6. 椀方さん

    ライトはとても好きな建築家です。直線的な幾何学的デザインは、障子や襖などの建具、調度の世界で育ってきた日本人の生活空間文化ととてもしっくりいきますね。東京に来られる時に時間を作ってぜひお立ち寄り下さい。ご案内しますよ。池袋なので便利で時間もかかりません。東京芸術劇場から歩いて10分ほどのところにあります。

    byベルウッド at2019-07-13 09:45

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする