ベルウッド
ベルウッド
クラシック音楽ファン:よい演奏会があると知れば遠征もいといません。オーディオシステムは、音楽そのものを楽しむのが本来というモットーのもとにコストパファーマンス重視で小ぶりな装置を目指します。正統オーデ…

マイルーム

メインシステム
メインシステム
持ち家(戸建) / リビング兼用 / オーディオルーム / 16畳~ / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
スピーカー:    PSD T4 Limited Special-ネットワークレス・マルチアンプ駆動 調音パネル:    Escart Ventoスクエア パワーアンプ:   金田式DCアンプ…
所有製品

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最新のレス

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

シンプルさの極み (asoyaji邸再訪 前編)

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年10月07日

asoyajiDACで知られるasoyajiさんのお宅を久々に訪問しました。

asoyajiさんは、DAC製作を事業として立ち上げ、その市場化に奔走されておられていたので、なかなかお伺いする機会がなかったのです。今回は2年ぶりの訪問ということになります。



お部屋は、一見するとあまり前回と印象は違わないのですが、システムは大きく進化し、しかもシンプル化の方向でその進化を実現されておられるということに深い感銘を受けました。

先ずは、上流のPCトランスポート。

PCオーディオは、何台ものPCユニットをつなげ、ぎりぎりとプロセスカットを施し、伝送方法を換えたり、高価なスイッチングハブを導入したりと、とことん複雑にして追いつめていくという手法がコミュでも話題になっていますが、asoyajiさんは「そういうのは、もう、やめたぁ」とあっけらかんと笑っておられます。残ったのは、PC1台とQNAPのNASぐらいのもので、それをつなぐ最小限のローカルネットワークしかありません。

asoyajiさんのブログは「PCで音楽」と題していて、パソコンオーディオの世界では昔からよく知られたブロガーなのですが、今の世の流れとはむしろ逆向きのシンプル化。それは、《解脱(げだつ)》したとでもいうかのような、さっぱりとした表情をされています。

そのことはスピーカーも同じ。

一見すると以前と似た構成に見えますが、実は、シングルユニット1発のセットが鳴っているだけ。下のスピーカーは高さをかせぐための単なるスタンドになっているだけと聞いてびっくりしました。これに中央のスーパーウーファーを加えているだけ。ネットワークもチャンネルデバイダーも何もない一発ユニット。

「位相とか音場、定位ということがようやく自分もわかりました」と笑い飛ばしていました。実は、前回の訪問時には、定位に乱れがあって結局はツィターの接続極性を逆につないで直ったという経緯がありました。asoyajiさんのブログにその時のことが書かれています。

今回は、それがシングル一発。しかも、プリアンプも無し。トランス式のパッシブ型ボリュームコントローラー(TVC)を介して、asoyajiDACのアナログ出力をそのまま自作のモノラル・パワーアンプ2台につないでいるだけ。超シンプルなシステム。

聴かせていただくと、これが素晴らしいサウンド。



特に感激したのがチック・コリア。

いかにも新時代を拓くという眩しいまでの鮮烈な若い意気込みが、そのまま音楽になっているような演奏。しかも、激しさが暴力ではなく美しいタッチやキレの良いリズムとして立ち上ってきます。


こういうアナログ時代の古い名録音もとてもよく鳴ります。新旧どちらのフォーマットであってもよく鳴るというのは、システムの完成度を推し量る基準としては高度な物差しです。古さが粗さになったり、ことさらに帯域の狭さを強調したり、ハイエンドと自称するものであっても意外に難しいものです。

もともとasoyajiさんの自宅リスニングルームは決して広くはないのですが、戸建て住宅の最上階で、ペントハウス的に天井が高く傾斜もうまくつけられているので、とても充実した音がします。フルレンジ一発でも、部屋中にフルオーケストラが充満するようなスケール感のあるサウンドはとても心地よい。

サブウーファーとのつながりもとても自然で、存在を感じさせません。フルレンジのユニットは33KHzまで高域が伸びているそうで、もともとあまり低域を無理に伸ばしていないのでしょう。ツィターの追加よりもサブウーファーを選ばれた判断もどんぴしゃりなのだと思いました。



ボーカルも、とても喉や腹の響きをよく伝えます。

これはやはりasoyajiDACの貢献度が大きいのでしょう。チップの性能の優秀さをデュカロンのクロックで引き出し、アナログ出力をトランスだけのパッシブな構成で徹底するという物量重視の設計は、やはり、シンプルイズベストの真骨頂。だからこそ、このようなサウンドになるのだと思います。

このDACの電源は、オールバッテリー。しかも、クロックの恒温ヒーターからDI(デジタルインターフェイス)、DACチップまで各電源入力を独立させている凝りようです。やはり、ピュアなバッテリー電源の効果は大きいようです。もちろんリニア電源でも使用できますが、コストやスペース性という点でも、シンプルさが徹底されています。



気になったのは、このソフト。

リストがかかったのですが、ピアノがちょっと歪んで聴きづらい。



他のピアノもチェックしてみると、やはり、ピアノの響きが甘いと感じます。こういうピアノの音はおおかたは振動の影響だと当たりをつけました。

これは、DACのセッティングで修正ができました。やはりDACというのも振動対策に十分に配慮したセッティングが大事なようです。これはレベルが高まれば高まるほど必要となってしまう、貴人のコストとも言うべきもののようです。



話しが、このasoyajiDACの内部配線に使われているゴア線のことになりました。

asoyajiさんは、これをUSBケーブルとして製作し販売することにしたそうです。

これが、とても音がよい…

長くなりましたので、このお話しは続きということで。

(続く)

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. ベルウッドさん、こんばんは。

    先日、AsoyajiDACの内部ケーブルを交換頂けるとの事で、訪問して来ました。

    asoyajiさんに作業頂いている間に、いろいろお聞かせ頂きました。

    え???
    下のスピーカー、鳴っていなかったのですか。
    ツィターが外れていたのは確認したのですが。

    PCの方、確かに「プロセスカットとか疲れちゃって」と仰っていました。
    あれだけの音が出ればプロセスカットとか不要かもしれないですね。
    asoyajiさんお使いのソフトへの浮気心も出てきたのですが。。。

    byいたちょう at2019-10-07 20:57

  2. いたちょうさん

    内部配線のリケーブルをされたのですね。

    asoyajiさんは、既存のユーザーさんにもその後の改善成果をきちんとフィードバックされていて、その誠意あふれる対応にはとても信頼感を持ちますね。

    メーカーによっては次々とマイナーチェンジを行って、追い立てるように買い替え需要を煽る一方で、既存のユーザーには売りっぱなしでアフターサービスは言い訳と言い逃れに終始するというひどいところもあるわけです。買い換えに躊躇するユーザーはどんどんと疲弊して、信頼性も損なわれ、結果的にはメーカー評価を落としてしまいます。

    そんなモデルチェンジを短期で繰り返す手法は、80年代以降の経営学(マーケッティング)では大いに反省されることになって、今ではすっかり時代遅れのはずなのに、オーディオ業界ではしばしば目にするのは悲しいことです。

    今回は、上で述べたアルゲリッチのピアノがきっかけで、asoyajiDACのセッティングだけではなく、TVCも見直されて成果を得たそうです。これもまた何らかの形でフィードバックされるのでしょうね。

    byベルウッド at2019-10-08 00:18

  3. ベルウッドさん、おはようございます。

    Asoyajiさん宅に行かれましたか。AsoyajiDACも改良に改良を加えてかなり良くなりましたよね。

    8月末にベルウッドさんが拙宅に来られた時はゴア線仕様になっていましたが、9月に入って内部配線のリケーブルもして更に情報量の多い仕様になったと思います。

    TVCの仕様変更もAsoyajiさん宅の音を良くしたと聞いておりますが、その話はされませんでしたか?

    byHarubaru at2019-10-08 09:27

  4. Harubaruさん

    Asoyajiさんは、ほんとうに丁寧にユーザーに寄り添いフォローアップしながら地道に改良を加えておられていて、その誠実な対応には頭が下がりますね。

    TVCの仕様変更というのは、私が訪問したのが一週間ほど前のことですので、その後のことでしょうか。私の訪問がきっかけとなった変更は、けっこう根本的な改変と伝え聞いていますので、対応の早さが半端ないですね。

    byベルウッド at2019-10-08 10:04

  5. ベルウッドさん、再レスです。

    TVCはAosyajiさんがベルウッドさんのコメントからヒントを得て、ベルウッドさんが帰られた後に仕様を変更してみたら改善されたとのことでした。

    オフ会のコメントでヒントを得ることって良くありますよね。

    byHarubaru at2019-10-08 14:12

  6. Harubaru さん

    コメントありがとうございます。
    やっぱりそうでしたか。asoyaji さんの対応は早いし、誠実ですね。あらためて感服しました。

    byベルウッド at2019-10-08 22:30

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする