ベルウッド
ベルウッド
クラシック音楽ファン:よい演奏会があると知れば遠征もいといません。オーディオシステムは、音楽そのものを楽しむのが本来というモットーのもとにコストパファーマンス重視で小ぶりな装置を目指します。正統オーデ…

マイルーム

メインシステム
メインシステム
持ち家(戸建) / リビング兼用 / オーディオルーム / 16畳~ / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
スピーカー:    PSD T4 Limited Special-ネットワークレス・マルチアンプ駆動 調音パネル:    Escart Ventoスクエア パワーアンプ:   金田式DCアンプ…
所有製品

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最新のレス

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

帝国のレゾナンス (ハーゲン・クァルテット 連続演奏会第Ⅲ夜)

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年10月10日

ハーゲン・クァルテットが、トッパンホールでハイドンとバルトークだけで構成した3夜連続の演奏会。その第Ⅲ夜を聴いてきました。

先日のオフ会で、fukuさんとパグ太郎さんとの三人で、現役の四重奏団でベートーヴェンを聴きたい団体はどこだろうか?との話になりました。

今は、弦楽四重奏団の百花繚乱で、次々と若手の魅力あふれる四重奏団が登場しています。アルバン・ベルク四重奏団に代表されるひと世代前の名門団体が解散したことで生じた、その空白を埋めるカンブリア爆発のような様相を呈しています。

ところが、いざ、ベートーヴェンとなるとなかなか答えが浮かんでこない。



その答えが聞こえてきたような演奏会でした。

実際、1980年に結成され、来年は40周年の節目を迎えようとしているハーゲン・クァルテットは、現役で活躍する老舗クァルテットのなかでも抜きん出た存在だと思います。

現代の新世代クァルテットは、時代を反映して、様々なバックグラウンドを持った音楽家が集う、言ってみれば多国籍グループ。とても多様でハイブリッド的な魅力をたたえ、その一方で、団体名に個人名を名乗るなどリーダーシップも明確で、そのリーダーのカラーと他のメンバーそれぞれのカラーとの対比、“ユナイッテッド・カラー”とでも呼ぶべき無国籍的なコントラストの高い色彩感が隠れた魅力になっているような気がします。

ところが、ハーゲンは違う。

もともとは、ザルツブルクの音楽一家の兄弟4人で結成されたクァルテット。“ハーゲン”とは彼らのファミリー・ネームです。第2ヴァイオリンのアンゲリカがソロ活動に専念するために脱退したため、現在では、ライナー・シュミットに交代しましたが、彼が新メンバーとなった最初の1年間は、ハーゲン家に寄宿したとか。

そういう彼らのハイドンとバルトークを聴くと、その親密で自由な雰囲気が、そのアンサンブルとして見事に薫りたってきます。同じ自然と文化で育ち、まったく共通の言語で語り合い、そこに遠慮もない自由な会話があって、それが少しも理解の齟齬を生まず、喧噪や不和を生じない。誰がリーダーというわけでもなく、四人がまったく対等に闊達に渡り合い、協調する。その会話が織りなす色彩の豊かさと響き合う愉悦は例えようがありません。まさに、弦楽四重奏というのは室内楽の王だと思わせるようなアンサンブル。

そのことは、ハイドンのエステルハージ家での奉公の最終期の作品である連作を聴いているとひしひしと感じさせられ、室内楽の醍醐味というのか、まさに、至福の時を感じます。宮廷楽団の名手たちの親密な会話そのものを聴くかのような楽しみがあります。この夜では、最後の変ホ長調の四重奏が特にそうで、ハイドンにこれほどの対位法的な遊びがあったのかとうれしい発見を感じてしまいます。そのことが、他の四重奏団で聴き取れるだろうか、と、つい思ってしまうほどの楽しさです。

バルトークの最後の弦楽四重奏曲は、つい、この2月にベルチャ弦楽四重奏団で聴いたばかりですが、まるで違う曲を聴いているのかと思ったほどに違います。もちろん、ベルチャの演奏はマイベストと思えるほどに素晴らしいもので、バルトークの亡命寸前の老母の死の病や、閉塞と凋落の悲哀、逃亡の喧噪、亡滅の絶望が漲り、それが、メンデルスゾーンの死の連鎖であるヘ短調の四重奏という強烈な破滅の音楽への前触れにもなっていたのです。

ハイドンもバルトークもその生涯のほとんどをハンガリーで過ごしています。戦争によって国境は著しく移動しましたが、ハイドンが仕えたエステルハージ家もバルトークの生地もともに二重帝国を成したハンガリー王国にあったわけです。帝国は、多民族国家であり、二人はその現実の中で祖国愛と音楽活動を両立させていました。そけれどもその活動は決してローカルなものではなく、その名声はヨーロッパ中を駆け巡り、晩年はともにアングロサクソン国家と深い縁を持ちました。そういう作曲者二人の因縁の《共鳴音》を帝国西方のザルツブルク出身のハーゲンが奏でる。これが、この夜のプログラムに秘められているからくりなのでしょうか。

そのハーゲンのバルトークは、ベルチャのそれが分裂と逃避という外向きの音楽だったとしたら、インバウンド的な内へ向かう音楽でした。音楽の要素が分解していく、拠り所から去って行く【愛惜】の音楽に対して、ハンガリーやルーマニアの民俗音楽の様々な断片、あるいはウィーンの石畳のような都会的洗練のいくつものピースが親しく呼応し、それらを懐かしむように口ずさみ語り合うような、【愛着】の音楽。

ベルチャの迫真の演奏を聴いたばかりだっただけに、バルトークにも、こんなにまで対比的なリアリゼーションがあるのだと新鮮な気分とともに、弦楽四重奏の王道を聴いた充実感がありました。
 
 
 
 
 
 
ハーゲン・クァルテット 第Ⅲ夜

2019年10月3日(金) 19:00
東京・文京区 トッパンホール
(G列16番)

ハーゲン・クァルテット
 ルーカス・ハーゲン(1st ヴァイオリン)
 ライナー・シュミット(2nd ヴァイオリン)
 ヴェロニカ・ハーゲン(ヴィオラ)
 クレメンス・ハーゲン(チェロ)


ハイドン:弦楽四重奏曲第79番 ニ長調 Op.76-5 Hob.III-79《ラルゴ》
バルトーク:弦楽四重奏曲第6番 Sz114

ハイドン:弦楽四重奏曲第80 変ホ長調 Op.76-6 Hob.III-80

(アンコール)
シューベルト:弦楽四重奏曲第13番 イ短調 D.804 《ロザムンデ》より
       第3楽章Menuetto

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. お早うございます。この演奏会、行きたかったのに野暮用優先で諦めたものの一つです(弦楽四重奏ではもう一つがエベーヌのベートーヴェンも)。日記拝読して、ウーン、悔しい!

    やはり、彼らはアルバンベルクSQの後の時代を代表する弦楽四重奏団の一つですね。グラモフォンで次々と録音したベートーベンやモーツァルトは今でも愛聴盤です(途中からレコード会社の契約は打ち切られてしまいましたが)。その時代は既に第2ヴァイオリンはシュミットでしたが。

    新世代のSQはどんどん分析的に機能的になってるいる(ベルーチャなど)一方、ハーゲン的なアプローチの後継はエルサレムだと睨んでおります。

    byパグ太郎 at2019-10-12 08:27

  2. パグ太郎さん

    長年、東京クァルテットに貸与されていた日本音楽財団所有のストラディヴァリウス4点セットのパガニーニ・クァルテットが、このハーゲンQに引き継がれたのが象徴的でした。今は貸与は解消してもとの楽器に戻したようですが。

    東京クァルテットの原田さんが、呼吸や心臓の鼓動までが同調するよような瞬間は演奏者自身が鳥肌が立つというようなことを言っていました。ハーゲンQは、それに加えて、音楽的会話がとても親密で四人のキャッチボールのようなものが作曲家の精神そのものと同調しているような気さえしました。

    とてもよい演奏会でしたよ。

    byベルウッド at2019-10-12 12:54

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする