ベルウッド
ベルウッド
クラシック音楽ファン:よい演奏会があると知れば遠征もいといません。オーディオシステムは、音楽そのものを楽しむのが本来というモットーのもとにコストパファーマンス重視で小ぶりな装置を目指します。正統オーデ…

マイルーム

メインシステム
メインシステム
持ち家(戸建) / リビング兼用 / オーディオルーム / 16畳~ / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
スピーカー:    PSD T4 Limited Special-ネットワークレス・マルチアンプ駆動 調音パネル:    Escart Ventoスクエア パワーアンプ:   金田式DCアンプ…
所有製品

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最新のレス

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

仮想アースは「仮想」ではない…? (ヒジヤン相互オフ会―後編)

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年10月27日

ヒジヤンさんとの相互オフ会。前回は、拙宅にお出でいただきプリアンプの天板や後面パネル、RCAジャックなどへの振動対策の成果を確認していただいたというお話し。その場で密かに気づいたfo.Qのやり過ぎの修正というところまでのご紹介でした。



今回は、その翌日に、当方がヒジヤン宅を訪問した時のお話しです。

ヒジヤンさんのお披露目は、

(1)スピーカー周りのfo.Qの制振効果
(2)ステンレスたわしアース

の2点です。

(2)は、いまやこのコミュであっという間に最もホットな話題となっていて、私がここで紹介したところで今さら感があります。ここでは、簡単に整理しておくことに留めたいと思います。

①効果は、背景が静かになること。音像や音色の芯がしっかりして音楽に活気が出ること。
②CDプレーヤーとスピーカー/アンプでは効果がやや異なる。
 比較の問題ですが、
 CDプレーヤーでは①の背景が静かになることの傾向が強く、
 スピーカーでは芯がしっかりすることの傾向が強い。
③回路的には重複していても、効果が発揮される。



特に③についてですが、もともとヒジヤンさんは徹底した接地アースをしています。出水電器施工のアース工事に加え、銅管を使ったアースを重ね、各機器から独立してアースを取っています。それでも、いわゆる《仮想アース》を重ねるとなお効果があるのは不思議です。特に、アンプのスピーカーターミナルのコールド側からは、すでにその銅管アースが取られているので、スピーカー側のコールド端子にたわしアースをつなぐのは完全に重複です。それでも明らかに音は違いました。

回路的には、アースは別々に表記されても、最終的な実体としてはシャシーアースなどにつながっていることになります。それでもなぜ効果があるのか?という疑問があります。

私が、しばしば参照している「解析ノイズ・メカニズム」(岡村迪夫著)によれば、アースループについて詳述している一方で、『グランドを分ける』ということも強調しています。「どんな立派なグランド・ラインを引いてもそこにはインダクタンスが発生しますから、そのラインは真のグランドとしては扱うことができません」。この対策として「グランドを二つもしくは三つに分けることを推奨」するとのこと。ノイズバイパスや基準電位確保というアースの機能は、その機器や回路にできるだけ近いところに設置したほうがよいということです。そして、その大前提として、グランド(アース)とは、必ずしも《大地接地アース》とは限らないですよ…ということがあります。

《仮想アース》とはあまり言葉がよくないのかもしれません。大地アースの代用、仮設的なものだととられがちだからです。むしろ、分散型アースということの方が正しくイメージされるのかもしれません。「サテライト・アース」とか別の新しい呼び名を考えてみても良いのではないでしょうか。



さて、デモの順番は逆でしたが、(1)fo.Qによるスピーカーの制振の効果はどうだったでしょうか。

こちらも①と同じように、ひと言で言えば「静かになる」という効果を明らかに感じました。音数の多い音源でも、音がよくほぐれて整理されるという感覚です。ただ、言葉では同じ「静かになる」ということですが、もっと細かく言えばちょっと違っていて(2)「たわしアース」は空気が澄んで透明になるという感覚ですが、(1)「fo.Q制振」は音そのものが静かで落ち着いた感じになるということです。

驚いたのは、前回聴かせていただいたオスカー・ピーターソン・トリオ。



前回は、私のイメージとはずいぶんと違いがあったのです。左右がはっきりと分かれ、ベースとドラムスが強調気味なのでそういう音造りをしたマスタリングなのではないか?…というのが私の見立てでした。ところが、前日の我が家に持参されたこのCDをかけると、不思議なことにそういう違和感はありません。そしてヒジヤンさん宅で今回かけていただくと、ガラリと印象が違っていて、我が家でのバランスと変わらなくなってしまいました。

ヒジヤンさんはニヤニヤと笑っています。どういうこと?と聞くと、中央のピアノが前へ出るようにチューニングし直したのだそうです。どのようにしたのかは聞きもらしましたが、どうやらfo.Qもひと役かかわっているようです。



fo.Qの使いこなしもいろいろ試行錯誤されたそうですが、特にウェルフロートボード上に置いた2mm厚のシートを載せたり外したりすることでその効果を確認できました。

ここまで、その効果を見せつけられると、我が家でもやってみないことにはこちらもおさまりません。


その結論を先に言ってしまいますと、(1)のスピーカーへのfo.Qについては、「制振は、トランスデューサーでは、やるな」という我が家の家訓は変わることはありませんでした。

(2)たわしアースは、時間がなくて、まだ、やっていません。これからです。

そのご報告はいずれまたあらためて…ということにいたします。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. ベルウッドさん、検聴していただきありがとうございました。

    (2)のステンレスたわしアースについては、全部外してから一つづつ付けて、その効果をセンターポジションで確認したのはベルウッドさんだけです。自分もやれていません(笑)

    今回は、(1)スピーカー周りのfo.Qの制振効果と(2)ステンレスたわしアースの二つをご確認いただきましたが、驚くような効果は(1)スピーカー周りのfo.Qの制振効果だったんです。どちらがどちらと言い切れない部分もありますが、ピアノが冴えたのはfo,Qです。やはり、拙宅でたわしアースが驚くような効果ではなかった理由は、銅管でのシャシアースの強化や、機器ごとの多点アース取り、低抵抗な大地アース設置などを実施していたからでしょうね。コミュの皆さんが激変したと言われているのが、嬉しいような、うらやましいようなです。・・・自分はこんなに一生懸命にやっているのに....なんて感じです。

    ⇒つづく

    byヒジヤン at2019-10-27 23:04

  2. ⇒つづき

    さて、主題の「仮想アースは「仮想」ではない…?」ですが、自分もたわしアースは仮想ではなく、れっきとしたアースだと思います。実際の話、機器内のシャシアースはグランドと呼ばれていますからね。

    この金属たわしアースは、シャシアースの強化の機能とアース電流の除電(エネルギー置換)の両方を一度に実施し、しかも低コストでお手軽に出来るときているので素晴らしいと思います。加えて小型ですみますから、ベルウッドさんも提唱されている下記が簡単に実施できます。

    >ノイズバイパスや基準電位確保というアースの機能は、その機器や回路にできるだけ近いところに設置したほうがよいということです。

    是非、ベルウッドさんも研究してみて下さい。効果が出なかったら、たわしが悪いのではなく、やる人のウデがないだけです。

    しかしながら、更に音質を追求していくのは難しいと思いました。自分の頭とウデが無いだけかもしれませんが・・・

    この先に進めるなら、メーカーの協力が必要だと思います。それは、現在はシャシアース内で一つに繋がっている電源やモーターのアースと、信号ラインのアースを完全に分けて欲しいです。そうすることで、機器の持つSNも上がるでしょうし、後からの細工もし易いです。オーディオ機器において、メーカーのアースの研究もまだまだではないかと思った次第です。

    その意味からは、このようなユーザーサイドのコミュ二ティ活動はメーカーへの刺激にもなってくれればと願うものです。

    byヒジヤン at2019-10-27 23:07

  3. ヒジヤンさん

    たわしアースの効果は間違いないようなので、外観のよさとか使い勝手などウデのほうでいろいろ工夫してみようと思っています。

    長岡鉄男大先生が、アンプは重ければ重いほど良い音がするというようなことを言っていましたが、案外、シャシーアースという点でも有利だったのかもしれません。

    メーカーには、あまり、オカルトじみた素材をぎゅう詰めにつり上げるのではなく、それこそ分散して取り付ける小型化を考えてもらって数を売るほうを考えて欲しいです。

    回路的にも内蔵アースのような発想があってもよいのかもしれませんね。

    byベルウッド at2019-10-28 19:00

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする