ベルウッド
ベルウッド
クラシック音楽ファン:よい演奏会があると知れば遠征もいといません。オーディオシステムは、音楽そのものを楽しむのが本来というモットーのもとにコストパファーマンス重視で小ぶりな装置を目指します。正統オーデ…

マイルーム

メインシステム
メインシステム
持ち家(戸建) / リビング兼用 / オーディオルーム / 16畳~ / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
スピーカー:    PSD T4 Limited Special-ネットワークレス・マルチアンプ駆動 調音パネル:    Escart Ventoスクエア パワーアンプ:   金田式DCアンプ…
所有製品

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新のレス

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

ごらん 満足のうちに (エマ・カークビー ソプラノ・リサイタル)

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年11月12日

とても稀少で幸福なひとときを得たという満足感でいっぱいになりました。

私よりも2つ歳上。その現在でも演奏活動を続けておられるとは初めて知ったのですが、バロックファンにとっては憧れの女性ともいうべきエマ・カークビー。彼女が、来日して歌ってくれるというだけでうれしい。

そして、リュートのつのだたかし、バロックヴァイオリンの寺神戸亮ら、日本のそうそうたる古楽演奏家たちが集結するというのは、この「北とぴあ国際音楽祭」ならではのこと。こつこつと積み上げるように毎年続けられてきた、この古楽中心の音楽祭の幕開けにふさわしいコンサートでした。

声楽家というのは、器楽演奏家と違って、その華の盛りは、はかなく短いものです。指揮者やピアニストなどのように老い衰えた演奏家の演奏をいたずらに別格扱いすることは、声楽家に対してはまずあり得ないことだと思います。



ステージ上に微笑みをたたえながらしっかりとした足取りで現れたエマ・カークビー。椅子に腰掛けての歌唱というのは初めて。でも、かたわらのつのだたかしとにこやかにうなずきながら歌い出すと、少しだけ猫背に見えた背筋もぴんとしっかり伸ばされて、声量こそは控えめなものの、その伸びやかで透き通った美声は往時そのまま。岩に腰掛けて歌う人魚姫か、あるいは女神セイレンをさえ思わせるような姿で、それだけでも満たされ癒やされるのです。

歌われるのは、ダウランドなどのエリザベス朝時代のリュート歌曲。日本で言えば、ちょうと近松門左衛門が活躍した時代。現代人からは考えられないほど、生死の刹那が日常の身近にあった時代で、その歌詞は驚くほど暗く、時には残忍なほどなのですが、ほとんどが男女の愛の歌。例えれば「死ぬほど愛している」ということなのでしょうが、そういう言葉が単なる修辞や常套句ではなくて切迫した生死の狭間に揺らぐ情念のように浮かび上がってきます。そういう歌を情感豊かに歌い紡いでいく。そして、その歌声がとても自然で心地よいのです。



後半は、バロック期の作品を、古楽アンサンブルとともに歌っていきます。時おり、器楽のみの演奏もはさみながらの進行ですが、寺神戸らのベテランも若手も、日本の古楽演奏の層の厚みを感じさせてうれしい限りです。最初のヘイズの曲では、ナチュラルホルンのソロとの掛け合いで、演奏が終わるとこの曲だけが出番だったホルン奏者の藤田茉理里絵を讃えてエマ・カークビーも抱きつかんばかり。

プログラムは、ヘンデルも含めていずれもイギリスの音楽で、英語で歌われます。例外は、バッハの曲だけ。ここでは寺神戸のヴァイオリンとの美しい掛け合いが展開されました。そういう器楽との気さくな気持ちの交換が後半の暖かい雰囲気を作りだしていました。



会場は、1300席の大ホールです。ごくありきたりのプロセニアム形式の多目的ホールですが、1階席の800席ほどは満席。さすがに2階席は使用せずクローズしていましたが、前半のリュートも地のままで後方まで届いていたようです。場末とまでは言いませんが、こうした高雅な古楽演奏の会場としては決して恵まれたものではありませんが、それだけに、終始、暖かく柔らかな眼差しで歌ってくれる憧れのエマ・カークビーさんがありがたく、会場の人々の敬愛の気持ちがこもった拍手が醸す雰囲気も格別のものでした。



アンコールで「とてもとても短い、ダンスの音楽です。」と自ら紹介されて演奏されたのは、バッハの「結婚カンタータ」の「ジーグ」。合奏で始まり、合奏で終わる短いカンタータの終曲ですが、その中間部のアリアをステップを軽く踏みながら踊るように楽しそうに歌ってくれました。

♪ごらん 満足のうちに 幾千もの明るい幸福な日々に
   間もない将来に、あなたがたの愛が花をつけるのを ♪








エマ・カークビー ソプラノ・リサイタル
北とぴあ国際音楽祭2019
2019年11月7日(木) 19:00
東京北区王子 北とぴあ・さくらホール
(1階 E列20番)

ソプラノ:エマ・カークビー
リュート:つのだたかし
バロックヴァイオリン:寺神戸 亮、迫間野百合、安倍まりこ
バロックチェロ:懸田貴嗣
チェンバロ/オルガン:上尾直毅
バロックヴィオラ:渡部安見子
コントラバス/ヴィオラ・ダ・ガンバ:櫻井 茂
ナチュラルホルン:藤田麻理絵
バロックファゴット:永谷陽子

【予定曲】
◆トマス・キャンピオン(1567-1620)
・リュートにあわせてコリンナが歌うとき When to her lute Corinna sings
・責めないでおくれ、私の頬を Blame not my cheeks
・従え、お前の美しい太陽に、不幸な影よ Follow thy fair sun, unhappy shadow

◆ジョン・ダウランド(1563-1626)
・流れよ、わが涙 Flow my tears
・悲しみよとどまれ Sorrow stay

◆ジョン・ダニエル(1564-1626頃)
・悲しみよ内にとどまれ Grief keep within

◆ジョン・ダウランド
・行け、透明な涙よ Go crystal tears
・さようなら、残酷な人 Farewell unkind farewell
・さあもう一度 Come again


◆ウィリアム・ヘイズ(1708-1777)
・メランコリー(《ザ・パッションズ、音楽のためのオード》より) Melancholy

◆ヘンリー・パーセル(1659-1695)
・嘆きの歌 (セミ・オペラ《妖精の女王》より) The Plaint

トリオ・ソナタハ短調

・詮索するな (セミ・オペラ《インドの女王》より ) Seek not to know

◆ヨハン・ゼバスティアン・バッハ(1685-1750)
・われら汝を讃え(《ミサ曲 ロ短調》BWV232より) Laudamus te

《オルガン小曲集より》 弦楽合奏編曲版 BWV600、BWV614、BWV612

◆ジョージ・フレデリック・ヘンデル(1685-1759)
・私は知っている、私を贖う方は生きておられる (オラトリオ《メサイア》HWV56より)
 I know that my redeemer liveth (from Messiah,HWV56)
 やさしきモルベウス(劇付随音楽《アルチェステ》HWV45より)

(アンコール)
ヨハン・ゼバスティアン・バッハ
《しりぞけ、もの悲しき影》(結婚カンタータ)より
第9曲〈満足のうちに思い見よ〉Sehet in Zufriedenheit

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. ベルウッドさん、今日は。

     エマ・カークビー女史、来日されていたのですね。
    コンサートに臨まれたとの事、うらやましい限りです。

     
     曲想に対し、空間が広すぎるのかなと思いましたが、リュート音が奥まで届いたとの事、いらぬ心配でした。写真からチェンバロが視認できませんが、ピアノの左横辺りにセットされているのでしょうね。

     当日のコンサート内容は、私も常時聴いている曲で是非とも生で鑑賞したいと思いました。コンサート情報を検索しましたが他は一切無いようです。仮に、外に有ったとしても九州までは来てくれそうに有りません。残念です。

     エマ・カークビー女史のソプラノは、オワゾリール盤で聴いています。録音時期は、1976・77年頃で、31.32歳、現在70歳の同女史の歌声がどう変化したか、円熟期で素晴らしい歌声か本当に聴きたいと思いました。

     yhh

     

     

    byyhh at2019-11-12 13:41

  2. yhhさん

    コメントありがとうございます。

    エマ・カークビーさん、やはりお歳ですから今回の来日は半分お忍びみたい(笑)のようです。この公演の他は、前日、上野学園・イシバシメモリアルホールでの無料でのランチタイムコンサートだけでした。

    声楽家に円熟というものは無縁で、活動の期間は短くはかないものです。澄んだ美しい歌声はそのままですが、後半のアンサンブルとの共演ではさすがに声量が小さいと感じました。前半のリュートとの共演は、息の長い活動を続けられてきた歌唱の深みとか重みのようなものを感じさせました。

    写真には、ちゃんとチェンバロが写っていますよ。ステージ中央の蓋が大きく開けられている筐体が濃緑色の鍵盤楽器は、ピアノではなくチェンバロです。お隣にはポジティブオルガンがあるのが見えますでしょうか?鍵盤奏者の上尾さんは曲によって、2つの楽器を弾き分けていました。

    byベルウッド at2019-11-13 14:01

  3. ベルウッドさん、こんばんは。

    いいですね~、地方では望むべくもない(´;ω;`)ウッ…
    エマ・カークビーを知ったきっかけはたぶん、グラモフォンの大量BOXの一枚だったでしょうか。気に入ってそのあとBOXものやBISからのアルバムなど数枚購入し、時々聴いています。

    なかなか他に似た演奏家が思い浮かばない方ですね(僕が無知なだけか……(^^;))。

    by2Hくん at2019-11-13 21:18

  4. 2Hさん

    確かに、エマ・カークビーさんの存在感は唯一無二といってもいいくらいのものがありますね。

    ただ、似たようなキャリアのひと…というのか、継承するひとということならば、キャロリン・サンプソンがいます。同じく英国出身で古楽歌唱のソプラノとして鈴木雅明/BCJとも多く共演しています。

    おすすめは、「ダウランドもいいのだけれど・・・ソプラノとリュートのための歌曲集 (Not Just Dowland: Songs for Soprano and Lute) 」というCD。ロンドンの名門ホール・ウィグモアホールのライブですが、リュート歌曲の極みともいうべき録音です。

    2Hさんのあの静寂の空間のなかにポツンと佇立する立体音像再生にはもってこいの録音。演奏の音量よりも拍手の方がはるかに大きいといういうキワモノ。この拍手もオーディオチェックにはいいですよ(笑)。

    現在、CDは絶版で、入手にはサイトでのダウンロードか中古CDのみのようですが。

    https://wigmore-hall.org.uk/wigmore-hall-live/carolyn-sampson-matthew-wadsworth-cd0034

    byベルウッド at2019-11-14 10:33

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする