ベルウッド
ベルウッド
クラシック音楽ファン:よい演奏会があると知れば遠征もいといません。オーディオシステムは、音楽そのものを楽しむのが本来というモットーのもとにコストパファーマンス重視で小ぶりな装置を目指します。正統オーデ…

マイルーム

メインシステム
メインシステム
持ち家(戸建) / リビング兼用 / オーディオルーム / 16畳~ / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
スピーカー:    PSD T4 Limited Special-ネットワークレス・マルチアンプ駆動 調音パネル:    Escart Ventoスクエア パワーアンプ:   金田式DCアンプ…
所有製品

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

検聴役、相勤めますのは…  (そねさん邸訪問記)

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年11月15日

そねさんのお宅を訪ねるのは、本当に久しぶり。

思い返すと、そねさんとリアルにお会いするのも1年前に拙宅にお出でいただ時以来です。お怪我をされたり、少し体調を悪くされたり、そういう事情が重なって、ちょっと遠慮気味だったせいもあります。

その間も、そねさん宅はいろいろと手を加えておられたそうで、基本構成は変わらないものの上流の刷新など細部の変化はかなりのものだとか。そういうことで、今回は、そういう成果を実際に聴かせていただこうというもの。

とはいえ、1年ぶりの再訪、聴感やサウンドの印象には確かな記憶などあるはずもなく、いわゆる「自社比較」のようなものは無理。個人的に持っているイメージとか思い込みのようなものばかりのオーディオオフ会日記であること、まずは、最初にお断りさせていただきます。

今回の試聴のポイントは以下の3点です。

1.新規導入したroon/Direttaの音 ―以前のMFPCとの比較―
2.TIDAL音源とリッピング音源との比較
3.リッピング方法の違い ―リッピング専用PANDA v.s. my PC ―
4.音響パネル(音快速・極烈)の効果


そねさんのシステムの真骨頂は、すっきりとした清冽なまでにクリーンで情報密度の高いサウンド。そういうサウンドは、メインの交差法配置のビエガであっても、サブ的存在の小型スピーカー+サイドプレススタンドであっても、まったく変わりません。やはりここはオーナーの一貫したこだわりなんだと思います。

今回は、もっぱら小型スピーカーのほうで聴かせていただきました。

まず、ざっと聴かせていただくと、やはり、そねさんサウンドのクリーンなサウンドはそのままです。平行法の小型スピーカーは、スピーカー後方に奥まった音場が展開します。交差法のビエガはスピーカー前方に音場が出てきます。結果としてどちらも同じところに音場が展開するので、最初はどちらが鳴っているのかわからないほど。


1.roon/Direttaの音

最初に聴いたそのものの印象はどうか?ということになります。

以前は、昨年の1月に訪問した時のことになります。当時は、foobar/TriplePCを導入直後のことになります。そねさんは根っからのPCオーディオ派で、もともと大型PCで聴かれていましたので、当時もそれ以前と比較してもびっくりするような大変化はなくて、弩級のMSB DACを通じて、PCの良さを存分に活かしたクリーンな音味です。面白かったのは、間に入れたセイデンのアッテネーターの有無やUSBケーブルの音の違いでした。

ちょっと驚いたのは、ディスプレイの電源の影響。

そねさんが「あ、忘れてた!」と、途中で電源を切り換えたとたんに音がよくなりました。当初はACアダプター電源で、マジ聴きの時はバッテリー電源なのですが、それを切り換えるのをうっかりされていたのです。それにしてもディスプレイの電源でこれだけ音が違うのかと驚いてしまいました。

もうひとつ驚いたのは、PCやネットワークの接続の複雑さです。

詳細の説明は避けますが、ハブが二段階あって、ControlPCやContorol-BufferPCと親ルーターの間にLANのスイッチングハブがあって、さらにCorePCとTargetPCの間にはもうひとつUSBハブが入り、そのUSB出力をUSB/LAN変換でわざわざLANに戻してTargetPCに注入。さらにTargetPCのUSB出力は(DACのUSB機器認識のせいで)さらにDDCでUSB/SPDIF変換されて、ようやくDACに入るとのこと。LANではなくUSBハブを使うのは、その方が音が良いからだそうです。

ただでさえプロセスカットでガリガリに削ってますから、案の定、このシステムはいかにも扱いにくそうで、この日の午前中は原因不明のトラブルで音が出なくなりその復旧までに定刻ギリギリまでかかりっきりだったそうです。再起動をあれこれ繰り返し何とか間に合ったそうですが、原因はわからないそうです。

さて、そのサウンドに変化は…?

クリーンな音の印象は同じです。ただ、以前の部屋いっぱいに空気が広がるような音場感の鮮烈な印象があまり感じられません。音場もスピーカーの間に展開して外に広がっていきません。



幸田浩子さんのアヴェ・マリアでもボーカルがかなり奥まってしまうことが気になります。上流のデジタルでのノイズ低減はむしろ音の拡がりがよくなり、前に出るものは出てきて音像の前後感が深まるのですが、印象としてはそうなってくれてません。



一方で、イタリア合奏団のヴィヴァルディの協奏曲は、このソフトの持つクリアでキレキレの美音が心地よく再現されていました。

頭の中のレファレンスは、自宅の音や、その間の試聴体験などで絶えず変わっていくものですから、やはり、二年近いギャップをまたいでの「自社比較」は無理のようです。正直申し上げて、よくわからないというのが結論です。



2.TIDAL音源とリッピング音源

これは、はっきり差が感じとれました。

よいことか悪いことかわかりませんが、TIDALは、リッピング音源よりも明らかに音質が劣っていました。



例えば、ケルテスの「新世界」。先日、asoyajiさんのところでCDを聴かせてもらって、改めて鮮烈な印象を受けたばかりの名演名録音。そういう鮮烈さはなくて、ただの古いデジタルリマスター音源としか聴けません。これがTIDALのストリーミングだと明かされて、なあんだと思ったほど。



あるいは、ファウストのバッハ無伴奏。これはシステム次第のところがあって難しい音源ですが、倍音が立ち過ぎて基音がなかなか聴き取れません。響きが目立って音像がぼけるのはノイズでバランスを崩している明らかな兆候です。

センターリスポジから離れて聴いてみると、リッピング音源ではどこから聴いてもセンター音像は両スピーカー中央に安定して立体的に定位しますが、TIDAL音源はそれが崩れてしまいます。いかなるソフトをかけても、リッピングは“どこでもセンター”なのに、TIDAL音源は音像が近い方のスピーカーに貼り付いてしまいます。

残念なのは、ガチンコで勝負することができなかったことです。

そういう意味では、厳密に「比較」とは言えませんが、雑ぱくな印象論でさえ勝負はあったと言えます。とくにセンターリスポジ外しの実験は例外なしに成立しました。TIDALは、ハイファイストリーミングがウリになっているわけですが、ここで聴く限りはそうはなりません。roonは、TIDAL/MQAにも対応していて、確か96K/24bitまではハイレゾに対応しているはずですが、果たして定額ストリーミング以上のメリットがあるのかは、この場では、疑問が残ることになってしまいました。


3.リッピング方法の違い

これも正直申し上げて、差は感じませんでした。

あるとしても「気のせいかな」という程度で、おそらくブラインドテストでやったらわけがわからなくなるでしょう。そもそも私にはリッピング機器によってファイル音源品質には差が出るわけがないと思っているので、その差を認めたくないというバイアスがあるかもしれません。ですので、聴かせてもらった範囲では、よくわからない…というのが結論です。



4.音響パネル(音快速・極烈)の効果

これは、実は、飛び入りともいうべきイベントでした。

そねさんはグルマンさんの日記に大いに触発されて、これに飛びついたそうです。というのも、もともと定在波に悩んでおられたからとのこと。70Hz辺りにピークがあって、特定のソフトではそれが気になるそうです。実際に、その一例となるソフトを聴かせていただくと、なるほどベースが特定の音でぼあーっと膨らみます。



ところが、この音響パネルを設置してはみたものの、定在波はとれなかったとのこと。部屋の外に放置状態になっていました。

それでは試しに聴かせてくださいということになり、部屋に再び招じ入れて聴いてみました。実は、使いこなしにはコツがありますよ、ということで思いつくままにあれこれと場所を変えて聴いてもらいました。

その結果は…?

聴いてみると、私には明らかによくなったと感じます。そねさんは不思議そうな顔をされています。もしかしたら、もっとよい置き方があるかもしれないと試してみたのは、右手のパネルだけはスペースがうまく空いていたのでスピーカー手前横のフロアにぺたんと仰向けに置いてみました。最終的にはこれがベストだと感じました。

このパネルのセッティングについては、以下のことを申し上げました。

1.定在波は無くならない
2.対称形に配置することにこだわらない
3.メーカーの薦めた置き方に従う必要はない

定在波というのは、部屋の形と寸法で決まってしまう宿命みたいなもの。人間の性格みたいなもので、持って生まれたものだから直らないのです。イコライザーなどでアクティブに働きかけないかぎり、部屋の帯域音響分布は変わりません。けれども、馬子にも衣装ではないですが、壁面の材質や形状の変更、音響パネルの追加などでアコースティックは変わります。

音快速は、大型の機材でなけれが補正が効かない低域にも有効で、しかも、帯域を狙い撃ちで作用するところが画期的です。帯域特性は変わりませんが、定在波による音溜まりの残存残響を取り除いてくれるのです。その結果、音の流速があがるという感覚があって、中高音の明瞭度は改善します。低域の音の遅れや立ち下がりの停滞によって、マスキングされていたのです。フロアに置いたのは、そねさんが定在波は床と天井との間に発生していると仰ったからです。

以上は、実は、先日、グルマンさんのお宅を訪問して、習い覚えたことの受け売りです。そねさんは首を傾げておられましたが、定在波は70Hz辺りだとのことなので、125Hz以下用のKP-02に交換してもらうのも手だと申し上げました。やはり、アクセサリーというのは適材適所が肝心です。

さて果たして、そねさんの音快速パネルは復活を遂げたでしょうか?


オフ会後は、例によって飲み会。駅への帰り道途中のお店で、ついつい日本酒をぐいぐい。ここでも、いま、話題沸騰中の仮想アースの自作のあれこれに盛り上がりました。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. ベルウッドさん  こんばんは。

    日記を上梓いただき誠にありがとうございます。今般導入しましたroon/DirettaQuadは、拙宅史上最高の音質といってよいものだと思っています。そこで拙宅に最も多くお出でいただき、拙宅の音に一番通じていらっしゃるベルウッドさんにオーディオ性能面の検聴役をお願いしたものです。

    電話リモートで私が他のPCにもUSB_LANアダプタを取り付けようとしたのですが、うまく認識されずに当日はcore/DirettaPCのみアダプタを装着し臨むこととしました。

    またDirettaはお声を掛けさせていただいた段階では考慮外でしたが、そんな予定があるならとトントンと話が進み、当日の一週間ほど前に設置完了とあいなりました。

    ■さてさて、roon/Diretta ってとんでもない物です。

    誰もがシンプルに「良い音で音楽を聴きたい」ということを願っていらっしゃると思います。
    出音の滲み、歪み、歪、軋みなどで楽曲への感興を削がれるのは勘弁して欲しいし、良くほぐれた再生音の中にはっとする表情を音楽から感じ取る喜び、遠近感や音色の自然な表情にこれまでの拙PCオーディオを超えるリアルさを感じ緩む口元、オーディオには音楽を聴くことに並び立つオーディオなりの楽しみがあると思います。Roon/Direttaはこうしたオーディオ世界への窓を開けてくれるものだと思いました。

    例えば、幸田浩子さんのabe mariaで、ベースのピッチカートにチェロが重ねているアルコが自然と耳に入ってきたとき。
    例えばDiana Krallさんの歌うNo Moon at Allの冒頭のピアノの音の自然さやリアル感、3:17~3:18辺りでピアノかヴォーカルに変わる際に感じていたグシャッと潰れた音が、ほぐれてみるとピアノの左手とベースの重なった音だとわかってほっと一息つくとき。
    この1年の間にfoobar2000/triplePC、roon/HQplayer+NAA、この度のroon/Direttaと聴いてきて、before/afterで着実な前進を感じてきました。けれど、今般のは次元が変わった印象を持っており、自信をもってroon/Direttaは拙宅史上最高と断言します。

    (続く)

    byそねさん at2019-11-16 01:43

  2. ■さて、ベルウッドさんの評価やいかに … ベルウッドさん、ハードル高すぎ(^^♪

    空間表現についてはベルウッドさんの率直な前今評価であり受け止めます。
    Afterについては絶対的自信があったのですが、ベルウッドさんの口の重さからすると…
    やっぱり、afterが強敵に育ってくればbeforeに変えて現在の脳内リファレンスが立ちはだかるのは自然な脳内行動ですね、でも相手が脳内リファレンスとなるとafterにはチト厳しいな~なにしろ、過去最高と自賛されているベルウッドさんの再生音質との脳内比較だからな~

    ■接続はそんなに複雑じゃないですヨ(^^♪

    NAAの立ち位置にTargetPCがあるだけですネ
    LAN周りはUSB_LANアダプタは一度装着してしまえば終わりですし…
    どういう理屈でそうするの?それは何故?といったドキュメントがない、と言われれば追って作成されるだろうと。。。なにせ開発者は一人ですので



    *申し訳ありません、一点告白及びお詫びしなければいけないことがあります。

    上記の私の感想はベルウッドさんにお聴きいただいたroon/Direttaのものではありません。お聴きいただいたものはUSB_LANアダプタをcore/Diretta_PCにポン付けしたものです。電話リモートにより私が他のPCにもアダプタを取り付けようとしたのですが、うまく認識されずcore/DirettaPCのみUSB_LANとしオフ会当日を迎えることとなりました。
    そして、今私が聴いているのはcore/Diretta、Buffer、Targetteの各PCにUSB_LANアダプタをBIOSやら何やらの設定を変更して接続、OSもバージョン変更、最新のプロセスカット版とのこと。素晴らしいです。
    なんにしても、1個1400円余りのUSB_LANアダプターによる通信でかように素晴らしい再生が実現するおかしさ。

    ベルウッドさんにはコチラを聴いていただきたかった、心から悔いが残ります。
    遠路申し訳ありませんがまた是非足をお運びください。
    極烈は難しいです!

    (続く)

    byそねさん at2019-11-16 01:45

  3. それにしても、この速さでのトラポ革新、開発、驚異的です。
    なにしろ、開発者はトラポ開発を趣味とする方です。アイデアが閃けばじっとしてはいられない御仁。
    拙宅にいらしたときも、明け方まで最高のプロセスカットの実現にやりだしたら止められなくなった、一旦はコレダッというものができたが再現することができず涙を飲んだ、そのまま一睡もせず拙宅にセットアップにいらしたと仰ってました。いくら趣味だからとはいえ、、、もう何も言いません。常軌を逸した世界。いや、そもそも人の趣味にアレコレ言うことはできないです。
    私たちサポーター/エンドユーザーにできることは、血と汗と涙に塗れた開発成果を、「ウン、頂戴。」とか「今度のは要らない。もう少し完成度が上がったときにまた見せてね。」とか「次の物ができたらみせてね(^^♪)」と大人の自己責任で決めることですかね。
    そして開発に投入された膨大なリソーセスと自分に想いを馳せ、いかなるときも「ありがとう。」の気持ちを忘れずに持ち続けることでしょうか。
    まあ、利益の拡大や働き方改革の対極にある常軌を逸した世界の話です。私たちの側も、変わらなければいけないのかもしれません。

    (お終い)

    byそねさん at2019-11-16 01:58

  4. そねさん

    > お聴きいただいたroon/Direttaのものではありません…………コチラを聴いていただきたかった、心から悔いが残ります。

    やっぱりそうだったんですね。どこか、設定とかで何か事情があるのではないかと思っていました。

    また、ぜひ日を改めてお聞かせ下さい。

    それやこれや、とうていシンプルとはいえません。基本とか原則とか一本芯が通った感じがせず、あれこれと曲がりくねったテクニカルなことが多すぎて、やっぱり相当に複雑なんだと思いますよ(笑)。

    byベルウッド at2019-11-16 21:04

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする